デートは3回目が重要!3回目のデートの秘められた男性心理と女性心理

デートも3回目となると、脈ありの手ごたえを感じ、ここで告白をするという人も多いといいます。しかし実際のところはどうなのでしょう。3回目のデートをOKする心理などを知って、好きな人にどうアプローチをすれば良いのか、計画を立てましょう。また、3回目のデートにおすすめの場所や服装も紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
©gettyimages

1:3回目のデートで告白が多いって本当?

告白をするなら、3回目のデートがベストという話を聞いたことはありませんか?

1回目のデートでは、お互い緊張してしまって、告白どころではないし、ちょっと焦りすぎている感じもします。2回目のデートでようやく少し冷静に、デートを楽しめるようになりますし、お互いのことをようやく知ることができる機会になるでしょう。

そして3回目となると、相手の言動などが、自分に合うか合わないかといったことまで視野に入ってきます。ここまでがお試し期間というイメージ。この先、「付き合っていきたい」「付き合っていけそう」と思えたら告白するでしょうし、「ちょっと違うかな……」と思うなら、お友達へと自然にフェードアウトできる。それが3回目のデートなのかもしれません。

 

2:脈ありってこと?3回目のデートに誘う男性心理5つ

デートを重ねて、3回目のデートに誘ってくる男性心理について、まずは掘り下げていきましょう。

(1)もっと知りたい

まだ付き合うかどうかは決めかねているけど、2回目までのデートは楽しかったから、もっと相手のことを知りたいと思って3回目のデートの約束をする、という人は多いでしょう。2回目のデートまでで、外見だけではなく、内面の性格や考え方、価値観や生きざまに惹かれ始めているということです。

さらに相手のことを知って、理解したいと思っているのです。

(2)告白をして付き合いたい

すでに付き合いたいという気持ちが固まっていて、3回目のデートに誘う人もいます。

この場合、2回のデートの中で、告白をしてもOKそうな何らかのサインをキャッチしていて、自分に対して相手も好意があると思っている。そして、良い流れで告白をすれば、恋人同士になれると確信しているのです。

3回目のデート中、どこかソワソワしている人が、このタイプと言えそうです。これはほぼ間違いなく、告白するタイミングを計っているのです。

(3)今後どうしていくかを考えたい

3回目のデートに誘うのは、今後ふたりの関係をどうしていくかを決めたいから、という人もいます。

2回のデートを重ねて、一緒にいると楽しいし、気が合うということもわかっています。しかしそれが友人としてなのか、それとも恋人としての仲なのか、確信が持てないでいるのです。

そのため3回目のデートは、「もしこの子と付き合ったらどんな感じになるかな?」と今後を想像しています。

また次に付き合う人とは結婚したいと考えている人の場合、将来のことも見据えて3回目のデートに臨むでしょう。

(4)一緒にいると楽しい

3回目のデートに誘うのは、単純に一緒にいると楽しいから、という人もいます。それが恋人としてなのか、友達としてなのかというところをそれほど突き詰めず、一緒にいるとあっという間に時間が過ぎ、また会いたくなるから誘うのです。

大人になってから、純粋な気持ちで一緒の時間を楽しめる人を探すのは難しいですよね。趣味や価値観、人生で大切にしていることなど、同じところを見て生活をしていると感じると、恋人のような同志のような気持ちになります。

暇だな、誰かと出かけたいな、というとき、まず先に連絡したい相手があなた、というわけです。

(5)相手の本心を知りたい

3回目のデートに誘うのは、相手が自分のことをどう思っているのかわからず、相手の本音を知りたいと思っているという人もいます。3回目のデート中に「俺って友達なの? それとも男として見られそう?」と核心に迫る質問をしようと考えている可能性もあります。

男性側が積極的にアプローチをかけているのに、相手の女性が無反応だったり、曖昧な返事をされたり。そんな状態の場合、どんなふうに接していけばいいのか、不安になってしまいます。そこで、告白まではいかずとも、相手がどう感じているのかを聞いてくるかもしれません。

 

3:3回目のデートにおすすめの場所5つ

告白をしようとする人も多い3回目のデートには、どんな場所でデートするのがベストでしょうか? 告白の流れが自然に生まれやすいおすすめの場所をご紹介しましょう。

(1)素敵なカフェやレストラン

3回目のデートは、友達から恋人になれるかもしれない大事なデートです。大人な雰囲気のするカフェや、インテリアや食事にこだわったレストランなどがいいでしょう。お昼か夜か、どちらかを選ぶ場合には、夜のデートのほうが告白をするムード作りもできそうです。

ただし、あまり周りが騒がしい席の場合、せっかくのムードがぶち壊しになりかねません。あらかじめ集団から離れたカウンター席や半個室など、静かな席や隣同士に並んで座れる席を予約しておきましょう。

(2)夜景のきれいなところ

ふたりの心と体の距離を縮めやすいのが、夜景のきれいなところ。夜景が見えるレストランなどもおすすめです。

夜景が見える丘など、自然の中もいいでしょう。明るい場所だとお互いの表情がはっきり見えて恥ずかしいかもしれませんが、少し暗い場所なら思い切って自分の想いを伝えられるからです。

(3)遊園地や水族館

今まで、お酒や食事が中心のデートが続いていた場合には、遊園地や水族館など、人が多く集まる場所のデートもいいでしょう。今までと違う雰囲気のデートをすることによって、新たな一面を知ることができるかもしれません。思い切りワイワイ盛り上がって、楽しい思い出を作っていきましょう。

また吊り橋効果が期待できるジェットコースターや観覧車をふたりで乗れば、ドキドキも高まり、告白しやすくなりそうです。

(4)ドライブ

どちらかが運転免許を持っているのであれば、ドライブデートもおすすめです。お互いが前を向いているため、向かい合わせで座るよりも緊張感がなく、また、席は隣同士なので、親密度も高いです。車の中は常にふたりきりの空間、BGMも選び放題です。告白のタイミングをコントロールしやすいといえます。

また、お付き合いするには、長く一緒にふたりきりでいても大丈夫なタイプかどうかを見定める必要があります。

運転中は、その人の本質的な性格が露見します。渋滞にハマった場合の反応や、運転の丁寧さ、助手席への気配りなどもチェックしてみましょう。

(5)ふたりきりになれるところ

告白はしていないけれど、お互いの気持ちが同じだという確信が持てているという場合には、ふたりきりになれるところでデートをするのもいいでしょう。どちらかの家やホテル、カラオケボックス、漫画喫茶などもおすすめです。

ただし、ふたりきりになると、キスやハグ、果てはエッチまで、関係を一気に進展させたがる人もいるかもしれません。なので、その場合には断るのか、それとも受け入れるのかも、事前にうっすら考えておきましょう。

 

4:3回目のデートにぴったりの服装3選

3回目のデートにはそんな服装をしていけばいいのでしょうか? 思い出に残る大事な一日になるかもしれないので、相手に好印象を持ってもらうための服装を選びたいですよね!

(1)新品の服

3回目のデートでは、ふたりの距離が縮まる可能性があります。いくらお気に入りであっても、着古したヨレヨレの洋服やボロボロにほつれた洋服だと、相手に清潔感がないと思われてしまうかもしれません。せっかくの3回目のデートですから、新しく服を買って、心新たに相手と向き合ってみましょう。

もしその日のために購入した新作だとわかれば、相手にも気合いが入っていることが伝わります。デートのために購入したと伝えるのが気恥ずかしく感じるなら、「この服にひと目ボレしちゃって買ったんだ」と伝えてもいいでしょう。

(2)自信が持てる鉄板服

3回目のデートで告白をされる予感がするなら、あなたの鉄板ともいえる洋服を着ていきましょう。あなたらしさが滲み出る勝負服や、いつも大切なシーンがある日に着ていく服があれば、その服でもOK。

自分に自信がもてたり、自分自身のモチベーションが上がる洋服を着れば、デート中も笑顔が増え、あなたの魅力が伝わりやすくなります。

(3)スタイルよく見える服

体型にコンプレックスがある人なら、スタイルアップして見える服を選ぶのもいいでしょう。

コンプレックスを隠し、逆にセクシーさが際立つようなものを選べば、相手からどう思われているかをそれほど気にすることなく、一緒にいる時間を思いっきり楽しめます。自分から告白をするというときにも、背中を教えてくれるでしょう。

 

5:3回目のデートをOKする女性心理5つ

では、男性からの3回目のデートのお誘いを受け、OKをする女性はどんなことを考えているのでしょうか? 女性の本音の部分を見ていきましょう。

(1)相手に好意を持っている

3回目のデートをOKする女性の多くは、相手に好意を持っていて、一緒にいて楽しいと感じています。2回目までのデートがスムーズで、会話も楽しいし、デートプランも気に入っている場合が多いでしょう。

「好き」という言葉が出ていなくても、今までのデートで目が合わせて話してくれることや笑顔が多いのは、一緒にいる時間を楽しんでいる証拠です。

(2)付き合ってもいいなと思っている

「この人となら付き合ってもいいな」と思って、相手からの告白を待っている状態の場合も少なくないでしょう。

「3回目のデートで告白」というのは、ある種、恋愛においては公然のこと。それを知っていて、相手から告白を受けるために3回目のデートに応じていることもあります。逆に告白をされたくないという人は、何かしらの理由をつけて3回目のデートを断ることが多いでしょう。

友達以上の気持ちを持っていて、かつ脈ありなので、3回目のデートも楽しみにしているのです。

(3)嫌いではないが、まだわからない

3回目のデートに誘われてOKをするということは、相手のことは嫌いではないということ。しかしまだ知り合って間もない場合や、1回目と2回目のデートの時間が短い場合には、相手のことをそこまで理解できていません。そのため、今後どうしていきたいか、まだ決めかねている状態ともいえます。

この状態の場合には、男性が積極的に「今度〇〇しにいこうよ!」と誘っても、曖昧な返事をしたり、「タイミングがあったらね」とかわされたりしてしまう場合もあります。友達として好きなのか、恋人同士になりたいと思っているのか、自分自身でもよくわからないのです。

(4)仲のいい友達

一緒にいるのは楽しいけれど、特に3回目のデートだという認識はなく、楽しいから会ってもいいと思える仲良しの友達と思っている場合もあります。

例えばデート中に「彼氏、欲しいな〜! 誰かいい人いたら紹介してよ」などと言ってくる場合には、恋愛対象として3回目のデートをOKしているのではなく、仲良しの友達が何度も遊びに誘ってくれていて、日程が合うので遊んでいるといった感覚かもしれません。

(5)告白のタイミングを探している

これまでのデートを通して、女性のほうがお付き合いをしたいと思っている場合には、3回目のデートに誘うと、すぐにOKの返事が来くるでしょう。これはすでに、気持ちが恋愛感情に発展しているので、早く告白してほしくて待ちきれないのです。

彼氏募集中で、早く誰かと結婚したいという場合は、特にアイドリング時間は短めに、早くお付き合いをスタートさせたいと思うケースも多いのです。

 

6:まとめ

相手に好意を抱いたときにはデートの回数に関係なく、その気持ちを言葉や行動にして伝えるようにしましょう。そのときの相手の反応によって、今後どうすればいいかがわかります。

もし相手が煮え切らないようだったら「すてき」と言ってみてください。これは筆者の体験ですが、「好き」と言葉の響きが似ているので、相手が「もしかして、俺のこと好きなのかな?」と前向きに勘違いしてくれやすいです。お試しあれ!

✓ skyticketの格安航空券で年末はラブ旅に!