胸揉まれると女性の体はどうなる?胸を揉まれて嬉しいときと嫌なとき

胸を揉まれると大きくなるという噂はありますが、それは本当なのでしょうか? 揉まれると嬉しいときもあれば、嫌だと感じるときもありますよね。その理由を見ていくと、女性がどんな気持ちになっているのかがわかるかもしれません。また胸を揉まれるのが嫌だと感じた場合に、相手を傷つけずに対処する方法もご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:胸を揉まれると大きくなるの?

胸を揉まれると大きくなり、ブラジャーのサイズもバストアップするというのは本当なのでしょうか?

『Menjoy!』の過去記事「【体験談アリ】“彼に胸を触られると大きくなる”は本当!? アンケートで大調査!」で、20代~30代の女性202人を対象に、実際に胸を揉まれて大きくなったかどうか聞いてみたところ、「ある」と答えたのは44人で、全体の21.8%。一方、「ない」と答えのは158人で、全体の78.2%でした。

多数派ではないものの、胸が大きくなる人は確実にいるようです。

 

2:胸を揉まれて嬉しいと思う理由5つ

女性が胸を揉まれて嬉しいと思う女性もいます。それはなぜなのでしょうか。具体的な理由を見ていきましょう。

(1)自分の体に興味を持ってくれているから

胸を揉まれて嬉しいのは、相手が胸や乳首など自分の体に対して興味を持ってくれていることが伝わるからです。胸は女性特有の柔らかい部分。恋人や夫などから触られていると、「女性として見てくれている」と感じ、気持ちが通い合っているように感じるのです。言葉だけでなく、行動で表現しているのですね。

(2)愛されていると感じるから

胸を揉まれることで、相手から愛されているように感じるという人もいます。もし胸を揉む愛撫に愛情たっぷりの気持ちが入っていなければ、相手から愛情が伝わらず、痛かったり、触られても嫌な気持ちになったりします。胸を揉んでいる手の平から相手の愛情を感じて、幸せな気持ちになるのでしょう。

(3)気持ちがいいから

胸を触られること自体が気持ちいいと感じる人もいるでしょう。触れられることに敏感で、胸を揉まれるだけで果ててしまう人もいるほど。胸を揉まれるのは、感度が高い人にとっては至福の時間です。

そこまでいかなくても、好きな人に触れられていることが気持ちいいと感じる人もいます。

(4)その流れでエッチしたくなるから

胸を揉まれるのことで、流れでエッチに発展することがわかるから好き、という人もいます。エッチをするための前戯として胸を揉まれることも多く、セクシーな気持ちになって、ふたりの気持ちも高ぶっていくでしょう。

エッチをストレートに誘うのが恥ずかしく、何となく流れの中でそんな雰囲気に持っていきたい人は、胸を揉むことから始める人も多いようです。

(5)触っている相手の表情を見たいから

感覚的なものだけではなく、胸を揉んでいる相手の表情を見るのが好きだから、胸が好きなこともあるでしょう。胸に触れてホッと安心している表情や、今まで見たことのないくらいセクシーな顔をしている相手の顔を見て、興奮してしまうのでしょう。

特に好きな相手なら、いろんな表情を見てみたいと思いますよね。

 

3:胸を揉まれて嫌だと思う理由5つ

逆に胸を揉まれて嫌だと感じるのはどんなときなのでしょうか? 女性の本音の部分を見てみましょう。

(1) くすぐったいから

胸を触られるのが嫌なのは、触られるとくすぐられているような感覚になり、笑いが止まらなくなるから。まだエッチの経験が乏しい場合には、胸や乳首などの感覚が磨かれていないので、くすぐったさしか感じない人もいます。

時間をかけて開発をしていく必要があるでしょう。嫌がられないように徐々に触っていきましょう。

(2)相手のことがそこまで好きじゃないから

揉んでくる相手のことがあまり好きじゃないから嫌だと感じる、という人もいます。まだ相手のことをあまり知らない一夜限りの遊び相手から胸を揉まれた場合に、不快に思う人もいます。

相手のことが好きかどうかよりも、性欲が勝っただけの場合や、相手の勢いに負けたときに、嫌な気持ちになるかもしれません。

(3)何とも感じないから

そもそも胸を揉んでくること自体に何も感じないタイプの人もいるでしょう。「なんか胸を揉まれているなぁ」という感覚はもちろんあるのですが、そこに快感も伴わない。なので、揉まれても揉まれなくても、同じように思う人もいます。胸を揉まれても何とも思わないので、その時間が無駄に感じ、虚しく思えてきてしまうのです。

(4)痛いから

胸を揉まれて、痛いと感じる人もいます。あまりにも胸や乳首などが敏感だったり、胸を揉む力が強かったり、長い時間揉まれているうちに痛くなってしまう場合などがあります。

胸を揉むときには、優しく繊細に扱うようにしてほしいもの。しかし、それを口にできず、ただじっと耐えているうちに、胸を揉まれること自体が嫌いになってしまう人も。

(5)気持ちが離れているから

セックスレスの彼氏や夫、セフレなどに胸を揉まれても、気持ちが離れているため、嫌な思いしかしない場合もあります。

セックスレスは体の関係がないだけではなく、お互いの気持ちにズレが生じている状態とも言えるでしょう。胸を揉むなどのスキンシップをするよりも、ふたりの心の距離を縮めることが先です。優しく会話をすることから始めていきましょう。

 

4:胸を揉まれるのが嫌…そんなときの対処法3つ

どうしても胸を揉まれるのが嫌だと感じたときには、どんなふう対処すればいいのでしょうか? 相手を傷つけずに対処していきたいですよね。

(1)他のところを触らせる

胸を揉まれるのが嫌なときには、他のところを触らせるように誘導しましょう。例えば言葉で「こっちのほうが気持ちいいな」と伝えたり、何も言わずに相手の手を他の部分に持っていったりすれば、ムードを壊さずに対処することができます。

じっと我慢したり、気持ち良さそうな演技をするのは逆効果なかもしれません。

(2)手を握る

胸を揉まれるのが嫌だと感じたときには、相手の手を握るようにしましょう。胸を揉んでいる手をぎゅっと握ることによって、あなたの温度が相手に伝わり、気持ちも一緒に伝わっていきます。

はねのけるように握るのではなく、心の中で優しく「好きだよ」と呟いてから握るようにすると、相手の気持ちがより高ぶってきます。

(3)はっきり伝える

どうしても胸も揉まれるのが嫌なら、言葉ではっきり伝えましょう。「胸を揉まれるの、ちょっと苦手なの」と伝えることによって、相手にきちんと伝わります。相手が胸を揉んでくるのは、気持ち良くさせたいためかもしれません。ゆっくり優しい声のトーンで伝えることによって、ムードを壊さずに相手に伝わります。

 

5:まとめ

胸を揉まれるのが嫌なのは、何らかの理由があります。もしかしたら我慢したり、痛かったり、まだ感覚を開発されていなかったり……。もし嫌だと感じているなら、そのままにしないで!

うまく誘導したり、相手にきちんと伝えたりすることによって、問題はあっさり解決しますよ。

✓ skyticketの格安航空券で年末はラブ旅に!