じらしテクの使い方5つ!恋愛で使えるじらしテクとじらされる男の本音

恋愛で主導権を握り、思い通りの展開に運ばせる方法として、じらしのテクニックがあります。では、じらしを活用した恋愛テクには、実際にどんな方法があるのでしょうか? またじらしているつもりが、それがアダになってしまうようなデメリットもあります。そこで今回は、男性の本音から、良いじらしテクと悪いじらしテクについてまとめてみました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:じらしの恋愛テクとは?

「じらし」を辞書で調べてみると、

じら・す【焦らす】

相手に期待をもたせながらそのことをしないで、いらいらした気持ちにさせる。じれさせる。「―・して教えない」

出典:デジタル大辞泉(小学館)

とあります。恋愛にも非常に使えそうな手法ですが、広告などでも使われます。「ティーザー広告」というのがまさにそれですが、この「tease」というのが、まさに英語で「じらす」です。一般公開前の製品やサービスについて、情報の露出を意図的に限定し、消費者の興味をかきたてようとするものです。

また英語表現としては、「手の内を全部見せてしまったらつまらない」といったニュアンスから「playing hard to get」と言います。

 

2:恋愛で使えるじらしテク5つ

気になる人や好きな人、そして付き合っている彼氏の気持ちを思い通りに動かしていくためには、どんなじらしテクニックを使えばいいのでしょうか? LINEなどを駆使した方法を見ていきましょう。

(1)返事が欲しいときに連絡しない

恋愛のじらしテクニックで効果的なのは、LINEの返事のタイミングをコントロールすること。相手がデートのお誘いをしているときや、勇気を振り絞って好意を伝えているときに限って、返事を遅くするのは、じらしテクの最も効果的な手法のひとつ。

返事を待っている相手が「全然返事がこない……もしかして嫌われているのかな?」とやきもきしている状況を意図的に作るのです。

(2)「好き」とは使わずに「素敵」と使う

デート中に自分の好意を伝えるために積極的に「好き」という言葉を使うよりも、もっと相手の気持ちをじらせるテクニックがあります。それは「素敵」という言葉を使うこと。「好き」と「素敵」は似ている言葉なので、言われた相手は「それって、好意と受け取っていいのかな?」とドキドキしてしまいます。

例えば「あなたのそういうところ、素敵だよね」のように使います。

(3)デートを楽しいところで終わらせる

もう少しふたりの関係を進展させたいときには、自分から告白を匂わせることを言うのではなく、楽しさが最高潮に達したタイミングで、デートを切り上げましょう。

例えば昼からデートをして、夕食も一緒に食べても良さそうな時間のために帰ったり、夜デートの場合には2軒目に行かずに、1軒目でデートを切り上げたりします。

(4)自分からは絶対に告白しない

どんなにふたりの気持ちが同じだと確信しても、自分からは告白をしないようにしましょう。それは告白された側が、恋愛の主導権を握ることができるからです。

相手から「俺のこと、どう思っているの?」と核心をついた質問をされても、「一緒にいてすごく楽しいと思っているよ」などと返して、「好き」とは違う言葉で表現するようにしましょう。

(5)デートしているようなSNS投稿をする

相手が煮え切らない態度を取っている場合には、焦せらせるテクニックを使うことも大事です。例えば、他の人とデートをしているかのようなSNSの投稿をすれば、相手がやきもちを焼いてくれるかもしれません。

デートスポットにひとりで楽しそうに写っている写真や、おしゃれなカフェでふたり分の食事が写っている写真などが効果的です。

 

3:じらしテクがアダに!? じらされているときの男性の本音5

じらしテクを活用して、恋愛の主導権を握ろうとしているのが、逆にアダになってしまう場合もあります。そのとき、男性はどんな気持ちなのでしょうか?

(1)テクニックだと丸わかり

じらしテクニックを自分でも使っていたり、恋愛経験が豊富な男性は、女性のじらしテクニックに気づき、見抜いてしまう可能性があります。じらしテクニックを使って、自分が主導権を握るつもりが、相手にもじらしテクニックを使われ、スムーズに関係が展開せず、お互いにイライラしてしまうことも。恋愛偏差値の高そうな男性には注意しましょう。

(2)脈なしと思ってしまう

じらしテクニックは、相手の気持ちを正しく読み解き、仕掛けるタイミングもやめるタイミングも重要です。相手の気持ちが高まっていないうちにじらしのテクニックを使ったり、あまりにもじらしている時間が長かったりすると、相手は「脈なしみたいだから、アプローチをするのはやめよう」と思ってしまいます。

相手が自分に好意があるとわかっていて、なおかつ気持ちが高ぶっているのを確認してから、じらしテクを使いましょう。

(3)冷めていくし面倒に感じる

明らかに意図的にじらされていくと感じると、「小手先のテクニックで俺の気持ちをもてあそぶな!」と感じてしまい、気持ちが冷めていき、面倒に思う人もいます。

本当に素直な気持ちで相手と向き合い、純粋に思いを伝えたい人にとっては、じらしのテクニックは必要ないと感じているからです。

(4)軽い女なのかと思う

じらしのテクニックとして、自分のことをモテキャラにして、ほかの人からもデートにも誘われていることを演出する人もいます。

しかし、これはテクニックとしては逆効果です。「こんなにモテている女性なら、俺も早くアプローチしなくちゃ」と思わせたいのに、男性には「ほかの男と遊んでいて、俺とも遊ぶなんて、きっと軽い女性なんだな」と思われてしまう可能性があるからです。

(5)返事が遅くてイライラ

予定を早く決めたい人や、返事が早く欲しい人にとっては、連絡の速さにムラのある人にはイライラしてしまうようです。「既読になったのなら、すぐに返事してほしい」と怒り出す人もいるほど。

そういう人は、じらされているとわかると、途端にブロックしてしまう人もいるようです。相手の性格を見て、じらしテクニックは選びたいところですね。

 

4:まとめ

恋愛でじらしテクニックが効果的になるのは、両思いなのにあと一歩関係が進展しないときだけ。のべつまくなし何度も使っていると、相手も疲れてしまいます。

タイミングを見極めて効果的にじらしテクニックを使って、スムーズに恋愛を発展させましょう!