アブノーマルセックスしたことある?アブノーマルな体験談とNGセックスの断り方

人の性格が十人十色なように、人の性癖もいろいろです。しかしノーマルなセックスを好む人は、アブノーマルな行為を要求されると戸惑ってしまうかもしれません。では、アブノーマルなセックスには、どんなものがあるでしょう。今回は、アブノーマルなセックスの体験談と、NGセックスを持ちかけられたときに、それを断るテクニックをご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:アブノーマルなセックスって…

そもそもアブノーマルってどこからがアブノーマルなの?と疑問に思うかもしれません。しかし、境界線も人それぞれ。例えば、もしも彼に求められた行為に対して、あなたがアブノーマルだと思ったら、それはもうアブノーマルな性癖と言っていいと思います。

 

2:思い出すと赤面!女子に聞いたアブノーマルセックス体験談5つ

参考までに、他の女子がどんなアブノーマルな性癖に対峙したことがあるのか調査しました。

アブノーマルな行為経験のある人は探してみると意外と多く、特に、ワンナイトラブの多い人ほど、アブノーマルな性癖の相手と出会う確率が高くなるようです。

(1)寒すぎる冬の川沿いで野外エッチ

「相手は、まだ付き合ってはいないものの、気になっている人。飲み屋でふたりでお酒を飲んだあと、川沿いをお散歩してたんです。

少し休憩しようということになって、暗がりにあったベンチに座ったとき、彼に後ろからハグされて、なんと胸を揉まれたんです。

そのまま行為はエスカレートし、とうとうパンツの中まで。そして、履いていたタイツを脱がされた……んですが、とにかく寒すぎて凍えそうで。”寒すぎてムリ”って言ったらやめてくれました(笑)」(25歳女性/出版)

(2)いきなりオトナのおもちゃでお尻開拓…

「付き合って半年の彼。半年間エッチがなくて、不安に思っていました。

で、やっと初めてのエッチ!ってときに”オレ、お尻の穴でしかイケないんだ”と言われ、彼が持参してきたおもちゃでお尻を開拓されそうになって……。

思いっきりお尻に力を入れて穴を締めて”絶対できない”アピール。なんとかお尻の貞操を守りました……」(28歳女性/看護師)

(3)タオルで手足を縛られたソフト緊縛

「自分はノーマルな女だと思っていたのですが、今付き合ってる彼がSな人で。

先日ホテルに行ったとき、興奮した彼が私の手足をタオルで縛って、ソフト緊縛を体験したんです。それが予想以上に気持ちよくて……。そこで初めて、自分がドMだということに気づいてしまいました」(29歳女性/保育士)

(4)バイブ代わりに電動歯ブラシで⁉

「彼とはオトナおもちゃを使うことが多いのですが、その日はたまたまいつも使うバイブの電池が切れてしまっていて。代わりに……と彼が洗面台から持ってきたのが、なんと電動歯ブラシ。最初はちょっと引いたのですが、試してみたらすごく気持ちよくて……。結局、たくさんしてもらっちゃいました」(24歳女性/大学院生)

(5)ハプニングバーで人に見られながら……

「先日彼と飲んだとき、調子に乗ってふたりでハプニングバーに行ったんです。そして、プレイルームに入って、初めてほかのお客さんに見られながらしてしまいました。ふたりとも大興奮して、すっごく気持ちよかったけど、彼がそのあとハプニングバーにハマっていないかがちょっと不安……」(21歳女性/美容師)

 

3:それはちょっと無理…彼氏からのアブノーマルセックスを上手に断る方法5つ

アブノーマルな性癖も、あなた自身が受け入れられれば問題はないのかもしれません。でも、もしそうでなかったとき……彼から求められる行為をしたくないというときは、どのように断ったらいいのでしょうか。

(1)強いフェチ系は無理せず他に誘導

お尻やSM、レベルの高い大人のおもちゃなど、ちょっとするのが怖いように感じることをお願いされたとき……。直接「NO」と言いにくい状況であれば、逆に「私はここを触られるのが好き」「こっちがいい」とあなたの好きな部位や行為に誘導しましょう。

普段から自分の気持ちを言うことができていないなら、彼があなたの嗜好をわかってくれるきっかけにもなるはず。エッチとはお互いに歩み寄ってこそ成立するものなのですから。

(2)シチュエーション系は「◯◯くんにしか見られたくないの」

野外やハプニングバー、人前で……など、ハードなシチュエーション下で行為を始められそうなときも、彼の意見を否定するのではなく、「あなたにしか見られたくない」「ベッドのほうが興奮できる」など、自分の好きなシチュエーションを伝えてみましょう。

そのとき、彼が折れて受け入れてくれたなら、その後のセックス中は、あなたがちょっとだけ頑張ってあげてくださいね。

(3)「上手にできない」でぬるっと回避

彼自身の難しい部位への愛撫や、体位を提案してきた場合。もしどうしてもイヤなときは、「私には難しいから、これはどう?」「こっちじゃ気持ちよくない?」など、あなたが得意なことを提案してみては。

そして、それで彼が満足できるように、新しい性感帯を見つけてあげてください。

(4)無理強いしてくる人は少ない!しっかり意見を言う

そもそも、アブノーマルな性癖を持つ人も、それがアブノーマルだということはわかっている人が多いです。

そもそも受け入れられないことを想定しているでしょうし、たとえきっぱりと「それはできない」と伝えたとしても、怒られたり嫌われたりということは起こりにくいものです。

もし逆ギレされたら? と思う人に逆に質問します。そんな彼と付き合ってて大丈夫ですか?

(5)自分が主導権を握ってコントロール

セックスを彼任せにしすぎると、彼の好きなシチュエーションが増えてきてしまいます。こっちが主導権を握ることで、アブノーマルセックスをセーブさせるという方法も。なんだかんだ、これがいちばんナチュラルに、アブノーマルセックスを回避できるものです。

 

4:性癖に正解はない!否定せず歩み寄ろう

性癖は好き嫌いのようなものなので、正解はありません。あなたの好みと相手の好みが一緒ではなかったときの解決方法は、どちらかが歩み寄るか、諦めるかの二択です。

アブノーマルだからって、彼がおかしいというわけではありません。彼を否定するのではなく、意見をすり合わせしていくのが大事ですよ。