めんどくさい男の特徴5つ!めんどくさい男が好きな人の心理や別れ方

付き合ってみたら意外とめんどさかった……そんな男性に出会ったことはありますか? そんなめんどくさい男は、別れたいのになかなか縁を切りづらかったり、空気を読めない行動をしてきたりと、あなたや他人に迷惑をかけてしまうことも。恋に悩む女子からよく相談を受ける筆者が、めんどくさい男に捕まってしまった際の対処法やその心理をお教えしましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:めんどくさい男や男友達ってどうしてる?

あなたは彼氏や男友達について「少しめんどくさいな」と思ったとき、それをスルーできる人ですか?

もしそれができるなら、もちろんそれでもオッケー。周りから「あなたの彼氏、めんどくさくない?」と言われたとしても、あなたとの相性が合っているなら大丈夫でしょう。

問題なのは、その「めんどくささ」がエスカレートして、あなた自身に迷惑がかかってくるとき。そうなる前に、まずはその人がめんどくさいタイプかどうかを見抜くことができれば、事前にある程度は対応できるはずです!

 

2:LINEもめんどくさい!めんどくさい男の特徴5つ

めんどくさい男の特徴は、その男性のSNSの使い方からもよく見抜くことができます。そこでここからは、SNS上の動きでわかる、めんどくさい男の特徴を教えます。

(1)なんで待てないの?すぐ追撃LINE

めんどくさい男は、相手からの連絡を待てません。相手の都合や気持ちを考えずに、自分が「リアクションを欲しい」という欲望を爆発させてしまうので、よく「追撃LINE」をしてしまいます。

未読時間が短いのに追撃してしまう男は、たいていの場合、短気な性格でしょう。急ぎの用でもないのに追撃LINEが多い男には、注意が必要でしょう。

(2)話す気あるの?な短文LINE

めんどくさい男に、コミュニケーションが不得意なタイプも多いです。そしてそれに自覚がないことも。

なぜか高頻度でLINEをしたがるのに、自分から話題を振るわけでもない。でも返信しないと、さらに脈絡のない話を始めたりします。

(3)かまってちゃんなストーリー更新

めんどくさい男は、好きな人にLINEをシカトされると、高確率でSNSを鬼更新します。Twitterで病みツイートを頻発させたり、Instagramのストーリーに謎な投稿をしたり……。

そして好きな子の足跡がつかないかを、ずっと気にしてしまうのです……。これは“見ないが吉”なので、ストーリーに気配を感じたら、それを表示されないように気をつけましょう。

(4)SNSのアイコンをころころ変える

かまってちゃんでめんどくさい男は、すぐにSNSやLINEのアイコンを変えます。気になる人に話しかけてもらうきっかけづくりに必死で、アイコンやLINEのミュージック設定をすぐ変えるのですが、そういう男はたいてい気分屋です。

感情の起伏が激しいタイプであることも多いので、あまり「アイコン変わったね」などと呼び水を向けないほうが無難でしょう。

(5)すぐ投稿を消す

めんどくさい男は、その場の感情でなんでもしてしまうので、SNSの投稿をすぐ消します。感情のままについつい行動してしまい、思いつくままに投稿し、それに人が反応してくれないときに怖くなってそれを消す……それの繰り返し。めんどくさい男には、どこか自信がないような一面もあるのです。

 

3:めんどくさい男が好きな人の心理5つ

普通に行きているだけなのに、めんどくさい男ばかり釣れてしまう……という人は、「めんどくさい男ホイホイ」である可能性があります。

無駄にめんどくさい男に引っかからないためには、彼らが好みやすい女性像を理解しておきましょう。めんどくさい男に対する対処法も見えくるはずですよ。

(1)なんでも面白がってくれる子

めんどくさい男は人の反応に敏感です。自分に自信がないので、自分の発言や行動を面白がってくれる子を好みます。めんどくさい男にとって、笑ってくれる=自分を受け入れてくれた人なのです。

人を逸らさないタイプや、笑いのハードルが低いゲラな人は、めんどくさい男が依存する特徴のひとつになります。

(2)かまってくれて、依存させてくれる子

めんどくさい男にはさみしがりやが多いので、基本的にはかまってくれる人が好きです。

LINEをめんどくさい男のペースに合わせていちいち返してあげたり、思いつきのようなわがままを聞いてくれたり……。めんどくさい男は「いつでも自分に合わせてほしい」と内心では思っているので、スムーズに合わせてくれる子にはすぐ依存してしまうのです。

(3)自分をたててくれる子

めんどくさい男は自己承認欲求が高く、常に自分を肯定されたいと思っています。そのため、めんどくさいことを言ったとしてもそれを否定せず、自分のことをたててくれる子の前ではすこぶる元気なのです。

おだてれば調子にのる、それがめんどうな男です。

(4)自分よりバカだな…と思える子

めんどくさい男は自分に自信がないので、人からバカにされることについて恐怖心を持っています。なので、ついつい人のことを「バカだな〜〜」とマウンティングしがち。

そして、それをそのまま受け入れてくれる子については、「自分が上に立てる」と思ってしまうのです。

(5)イエスマンな子

めんどくさい男は、常に共感を求めています。自分の意見に共感してくれる人、否定しない人が大好きなので、いつもニコニコしている良妻賢母タイプは、めんどくさい男をつけあがらせて、「この子は俺のことを心底理解してくる人だ」勘違いさせてしまうかも。

 

4:めんどくさい男との恋愛…スムーズな別れ方3つ

めんどくさい男が最も面倒なのが、別れの瞬間です。特に、女子のほうが振るとき。めんどくさい男とスムーズに別れるにはコツが必要。「初期たまごっち」よりも育成が大変なのです……。

(1)会わずに電話で伝える

めんどくさい男を対面で振るのは至難の業。強引に別れないと、いつまでもずるずるとゾンビのように泣きつかれる可能性も。

なので、まずは電話で「別れたい」ということを伝え、「異論は認めない。言い訳も聞かない。以上」くらい冷徹に振るのがコツです。言い訳を聞き始めると、夜が明けてしまいます……。

(2)何もかもを断って完全フェードアウト

それでもダメな場合、「完全フェードアウト」という手もあります。SNSとLINEはブロックして鍵をかけ、着信拒否。これでたいていの連絡は取れなくなります。

しかし家を知られている場合は問題です……。めんどくさい男は、別れたくないがあまり、家に来てしまいます。筆者の知人には、めんどくさい男と別れるために引っ越しをした人までいましたから。

(3)友人同席での別れ話

もしも鍵など重要なものを返してほしい場合は、友人に同席してもらうことで牽制になります。めんどくさい男は外面がいいタイプも多く、他人に首を突っ込まれることを嫌います。そのため、ひとりで挑むよりスムーズにことが進むでしょう。

 

5:めんどくさい男はまともに相手をしないこと

「めんどくさい」と人に言われてしまうのは、「空気が読めない」「自己中心的」「コミュニケーション下手」などの原因があります。

そういうめんどくささを愛せるうちはいいのですが、もし危険を察知した場合、まともに話し合いをするのはほぼ不可能。「マズイな、こいつ“めんどくさい男”だな」と思ったら、気持ちを切り替えて冷たくするのがいちばん有効です。

中途半端に愛情を向けていると、ストーカー化してしまう場合もあるので、なんとか振り切ってくださいね!