デート後のLINEでわかる脈ありorなし判定!デート後にLINEが来ない場合のLINE文例も

デートの後、彼からどんなLINEが来るのかは、とても気になりますよね。もしかすると、そのLINEには、脈ありか脈なしかを判定できるようなポイントがあるかもしれません。また逆に、LINEが彼から来なかった場合に、どうLINEするかについても合わせてご紹介します!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:デート後のLINEは男、女どっちから送るべき?

デート後、もちろん、家に帰るくらいのタイミングで、男性からLINEがくるのベストですし、女子としてはそれをどこか待っちゃっている部分もありますよね。

「気をつけて帰ってね」「今日はありがとう」など、女性を気遣うひと言は、言うなればデートの延長線上。できればそこまでをデートだと思ってほしいもの!

しかし、彼には彼のLINEのペースがあります。必ずしも男性からLINEが来なければ、脈なしと決まっているわけでもありません。もしデートが楽しかったなら、そのことに対して「ありがとう」という素直な気持ちを、伝え合えばいいのです。

 


2:デート後LINEでわかる!脈ありorなし判定5つ

では、どこで脈ありかどうかを判断すればいいのでしょう。もちろん、恋愛の形は人それぞれ。なので、100%正解ということはありませんが、ここではその判定基準として参考になりそうなものを5つお伝えします。

(1)向こうからのお礼LINE

自分からLINEする前に相手から連絡がくるのは、まずは脈ありサインの兆しでしょう。

これはちゃんと、あなたのことを考えてくれている証拠。その少しの気遣いが思いやりとも言えます。連絡がまめな男性や返信の早い男性、ちゃんとお礼が言える男性は、周囲の人からも信頼されやすく、人間関係や仕事面などあらゆる部分で信頼をおける人であること間違いありません!

(2)気持ちをストレートに伝えてくれる

もし相手のタイミングよりも早く、自分からLINEした場合は、そのリアクションに注目したいところ。

もし、ストレートに気持ちを伝えてくれたなら、あまり深く勘ぐったりせず、ありがたく受け取るのがベストです。なので、こちらも脈ありだと思っていいでしょう。

自分だけが好きなのかと不安にさせるような男性でないことから、一緒にいて気疲れすることもないでしょう。

(3)超絶シンプル

こちらは少し微妙。「ありがとう」という短文だけでは、相手の心理が読みにくいですよね。

しかし、返信が来てるだけマシ、とポジティブにとらえるのもひとつの選択肢。今度は向こうからの誘いがあるかどうか、ちょっと待ってみてもいいかも。こちらばかりグイグイいってしまうと、引いてしまう可能性もあるので、慎重に進めましょう。

(4)既読無視

これは、絶対的に脈なしです。既読をつけたのに返事をしないというのは、そのまま寝落ちしてしまったとしても、デート後となれば配慮に欠けています。

せっかくのふたりのデート後なのに、こちらだけが気遣って連絡をいれなければならないのはやはりテンションが下がります。その時点で、気持ちの差が生まれていますよね。「好きだから目をつぶっちゃおう」と思っても、結局、彼のペースにもっていかれるリスクは高いでしょう。

(5)既読がつかない!

これは、もう論外ですね。相手との関係がどうであれ、ひと言お礼を添えるのは、人としての最低限のマナー。なのに、LINEすら開かないのは、礼儀知らずです。一緒にデートした女の子が、無事に家に帰れたかについてすら、心配を少しもしていないということになります。

心の中では、心配していたとしても、それを言葉にしないと相手には通じません。翌日「昨日は大丈夫だった?」ときても、時すでに遅しと思ってしまっていいかもしれません。ケータイが壊れたなどの、やむ得ない事情があれば別ですが、デート帰りにそんな都合よく壊れるケータイはないでしょう。

 

3:デート後にLINEが来ない…脈なしかもしれない彼に送るLINE5つ

デート後に、待てど暮らせどLINEが来なかったとしたら、脈なしだと思ってしまいがちですよね。でも、とっても好きな相手だったら、そこから挽回したいと思うはず。そんなとき、どんなLINEを送ったらいいのでしょうか?

(1)シンプルに

特に相手からの返事を要求することもなく、シンプルにお礼を言って、彼の反応を見てみましょう。いくら脈なしだと思って、早まって気持ちのこもった長文LINEを送ったところで、それで彼の気持ちが変わるわけでもありません。

ここは、一旦様子を見るのがいいでしょう。脈なしのときこそ、少し控えめにすることで距離感をはかり、彼に興味をそそらせるのがいいでしょう。

(2)疑問文

ハテナをつけることで、絶対返事が返ってくるような文章を作成するのもテクニック。しかし、これは返事が返ってくるだけで気持ちが脈ありに変わるというものではありません。

あくまで、あつかましくない程度に会話を続けるためのひとつの作戦。しかし、そこから少しずつ会話をあたため、心の距離を縮めていくのには良さそうです。

(3)何事もなかったかのように

脈なしでも、関係ありません。何事もなかったかのように、LINEをするという方法もあります。変に、相手を探るような文章や自分の気持ちがあふれてしまっている文章を送ると、相手は余計に引いてしまう可能性があります。

なので、普通を装うことは賢い方法なのです。強い心をもって、じっくりゆっくり彼のハートをゲットできるといいですね!

(4)スタンプでお茶目に

脈なしのときこそ、少し気を抜くことが大切です。ノリの良さやお茶目な一面を見せることが、時には役立ちます。そうすることで、彼も返信がしやすくなります。

意外と、男性は重たい女性にはすぐ勘づきます。なので、少し面倒くさそうだなと思われてしまっている可能性がある場合にも効果的。そういうときこと抜け感を出していきましょう。

(5)友達のノリで

友達ノリは大事だけど、気になる彼に本当の友達と思われては困ります。なので、友達のフリをしながらも、しっかりと距離は縮めていくのがポイント。変に男女の意識をしないことで、言いたいことはとても言いやすくなります。

「電話してね!」も、そのひとつですね。フラットな感じで攻めていくスタイルを試してみてください。

 

4:まとめ

デート後のLINEってドキドキ要素が満載ですよね。ましてや、こっちから送ったのに返事がないと、ダメージが大きいのは普通のこと。

しかし、あまりに悲しいからといって、その感情に任せて彼に重たいLINEを送るなどの暴走行為に気をつけて! たとえ今は脈なしであっても、彼とちょうど良い距離感をキープできれば、脈ありにすることだって不可能ではありません。