浮気を後悔させたい!浮気で離婚した男女の後悔エピソードと後悔させる方法

大好きな相手に浮気されることは、とてもとてもつらいこと。そんなひどいことをしたならば、せめて相手には「浮気なんてしなければよかった……」と心底、後悔させたい! ということで今回は、浮気が原因で離婚したことを激しく公開している男女エピソードや、浮気したことを相手に後悔させるための方法をご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:浮気に後悔はつきもの

男女ともに、一時の気の迷いで浮気してしまったり、一晩だけならと軽い気持ちで他の相手と関係を持ってしまったりということは、それほどめずらしいことではないのかもしれません。

でも、そんな軽い気持ちがもたらす浮気の代償は、思っているよりも大きいでしょう。彼女や彼氏にバレてしまった場合、相手を深く傷つけてしまいますし、一生かかっても取り返せないくらい信用を失い、結果として別れを切り出される原因にもなってしまいかねません。「そんなつもりじゃなかったのに……」と後悔しても遅いんです。

そこで今回は、浮気で離婚となってしまい激しく後悔している男女のエピソードを取材してきました。自分が浮気しそうになったとき、この記事を思い出して、ぜひとも冷静になってください。

また大好きな相手に浮気されてしまった……なんていうとき、相手に後悔させる方法もご紹介します。

 

2:浮気で離婚…後悔している男女のエピソード5つ

(1)本気なのは自分だけ

「不倫相手に惚れこんでしまって、彼女と結婚したい!と思ったので、妻子には申し訳ないと思いつつも勢いで離婚してしました。

でも、離婚したとたん、不倫相手だった女性にフラれてしまったんです。そして、彼女はすぐに別の男性と結婚してしまいました。本気だったのは自分だけで、相手にとっては遊び相手だったんです。

今は不倫したこと、離婚したこと、両方の後悔とともに、ひとり寂しく生活しています……」(Sさん・54歳男性)

(2)浮気するなら結婚しなければよかった

「大学時代から付き合っていた先輩と、私が卒業してすぐに結婚したんです。

でも、正直、まだ他の男性とも遊びんでみたかったし、もっと恋愛もしたくて、ついつい浮気をしちゃっいました。そしてあっさりバレて、離婚されました。

旦那は私にゾッコンだと思っていたので、こうもあっさり離婚を突きつけられるなんて。そこまでのことをしてしまったのか……と、ことの重大さに気が付いたときには、もう彼の気持ちは完全に冷め切っていました。

浮気するくらいなら、結婚しないほうがいいと思います……。相手をとても傷つけてしまったし、まだ25歳だったのに離婚歴もついてしまったし、本当に最悪です(泣)」(Sさん・26歳女性)

(3)周囲から…

「前々から妻は私の浮気に勘づいていたようで、それがバレたとき、あっさり離婚されてしまいました。ショックでしたが、気持ちを切り替え、不倫相手と結婚して、彼女を幸せにしてあげようと思ったんです。

でも両親や親戚一同から、不倫に対する冷たい意見が散々飛んできて……。相手に顔向けできない!って怒られて、家族の縁を切られそうな事態に……。

とてもすぐに再婚なんてできそうにない雰囲気となり、肩身の狭い思いをしながら今も生きています」(Sさん・54歳男性)

(4)娘に会えない

「私の浮気が原因で離婚に至ったのですが、当時まだ幼かった娘に会えなくなってしまったのは、本当につらかったです。自分が悪いことをしてしまったので、どうしようもないのですが……。

もう20年以上会っていません。どのように成長したのか、今も気になっています」(Hさん・53歳男性)

(5)生活が大変

「子どもが3人もいる状態で、私が不倫してしまったんです。不倫相手にハマり込んでしまったために、3人の子どもを連れて、旦那と離婚しました。でも結局、不倫相手とはその後別れてしまって……。

それまで専業主婦だったんですが、パートを探して、働きながら家事もこなして、3人の子どもを育てる生活は正直すごく大変(泣)。

あのとき、不倫なんてしなければ、今も幸せに専業主婦をしていたのに……と思うと、悔やんでも悔やみきれません」(Tさん・28歳女性)

 

3:妻や夫に浮気を後悔させる方法5つ

浮気されると、悔しさや怒り、悲しさなどさまざまな感情がうずまきます。

もし、浮気をした本人がケロリとした顔で幸せに過ごしていたら、許しがたいと思ってしまうのも仕方がない……! せめて相手には浮気したこととに後悔を感じて、深く反省してもらいたいと思ってしまいます。

そこで『Menjoy』過去記事「浮気の修羅場エピソードまとめ!浮気した男女の後悔した瞬間」をチェックしつつ、浮気を後悔させる方法を紹介します。

(1)彼が別の女性と結婚を…

女性が浮気をしてしまい、それを彼氏が許してくれたというケースです。しかし、ある日突然彼から「実は結婚することになったから、もう会えない」と告げられ……。さらに「浮気するような女とは結婚なんてできない」というセリフまで突き付けられ……。浮気の代償って大きい。

相手に浮気されたら許したフリをしつつ、ほかの相手を探すのもアリなのかもしれません。ただし、自分も浮気することになってしまうので精神的には健全ではないかも……。

(2)もっと格上の相手と幸せに

浮気されたことをバネに、もっといい相手を見つけて後悔させるのもひとつの手段。そしてあなたが幸せになれば、浮気した元パートナーは、自分を捨てた相手が、自分より上の相手を見つけたという事実から後悔の念に苛まれるでしょう。

格上の相手と付き合っている、あるいは結婚したあなたを見ると、とても惜しい気分になる人も多いもの。自分が幸せになるうえに、浮気を後悔させることもできるすてきな方法です。

ただし、元の相手と比べて、その人が格上かどうかだけに囚われてしまわないように注意するのもお忘れなく。浮気されて傷ついた経験は、次の人を見極めるときにも役立つものです。

(3)さっさと別れる

浮気をするような相手に執着せず、さっさと別れて次の人を見つける。アッサリと振られてしまうことで、どれだけあなたのことが大事だったのか身に染みて、後悔するというケースも多いです。

浮気が許せないなら、未練なんてもたず、さっさと別れてしまいましょう。あなたがいなくなることで、どれだけ好きだったか、わかることもあります。

それに、浮気をするような相手にあなたの貴重な時間を吸い取られずにすむというメリットも。時間は限りあるものですから、有効に使いましょう。

相手が反省し、心から謝り、やり直しを申し込んできても同じことを繰り返す可能性も否定できません。浮気は病気のようなものという人も多いです。しっかりと自分の人生を考えて答えを出してくださいね。

(4)悲しむ

大好きな相手を悲しませてしまったという罪悪感で後悔することも。

浮気をされると怒りで我を忘れて怒鳴ったり、ケンカになったりしてしまいがち。ですが、そうなると相手も言い訳をしたり、自己防衛をしたり、逆切れしたりします。

そうならないために、まずは悲しんでいるということをしっかりと相手に伝えましょう。「信じていたから、すごくショック」など、言葉にするのも有効です。また、ただただ黙って泣くなど、行動で表すのもグサッとくるかもしれません。

浮気常習犯や、常に二股をかけるような相手だと、あまり通じないのが残念ですが……。

(5)浮気相手と結託する

もし浮気相手と結託できるような状況にあるなら、ふたりで協力するのもアリです。ふたり同時に好きな相手を失うシチュエーションをつくるのです。これは、浮気相手と親密な間柄になっており、あなたと二股のような状態だとより有効です。

また、この方法は、自分はつらい思いをして別れたのに、相手は浮気していた人と幸せに付き合い出した……なんていう腹立たしい事態を避けることもできます。

ただし浮気相手によっては、結託が厳しい場合も。最悪、敵視されたり、逆恨みされてしまうこともありますので、慎重に。

ふたりとも彼氏を振って親友になれるようなパターンもあれば、交際相手を奪われてしまうなんてことも。どちらにせよ、別れる心積もりなら、アリな手段ではないでしょうか。

 

4:まとめ

カップルや夫婦にとって大きな問題である「浮気」。

大好きな相手の大きな裏切りを知ってしまうと、動揺してしまいますし、とても傷つくのも事実です。

もし浮気されてしまったら、後悔させて、しっかり反省し、二度と繰り返してほしくないですよね。もちろん、浮気するような相手とはすぐにサヨナラ!というのも全然アリです。

後悔してももう遅い!と縁を切るべきか、もう一度信頼関係を築き直していくのか、慎重かつ適切な判断をしましょうね。