彼氏の女友達…何をしたら許せない?彼氏の女友達への嫉妬心の対処法5つ

彼氏に女友達が多いと、どうしても気になってしまったり、ときには嫉妬してしまったりするもの。気にしないようにしていても、不安になることってありますよね。そこで今回は、彼氏と女友達の関係はどこまで許せるのかということや、女友達への嫉妬心の対処法、さらに他の女性に彼をとられないための対策を、経験談をもとにご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:彼氏に女友達が多い…

「ごめん! その日は友達と遊びに行く約束してるんだよね」「ちょっと友達と旅行へ行ってくるね」という彼氏からのLINE。そのときはあまり気にならなくても、SNSを開いてビックリ。たくさんの女子と楽しそうに写真を撮っている彼の姿が……。「女の子と一緒だとは聞いてない!」と言うと「だって友達だからいいじゃん」と言われてケンカに!

こんな経験がある人もいるのではないでしょうか。女友達が多い彼を持つと、浮気を疑ったり、ケンカになったりで大変ですよね。

 

2:グループならあり?彼氏の女友達との旅行はどこまで許せる?【旅行編】

では、彼氏と女友達の関係はどこまでなら許せるのか? まずは旅行について、リアルな意見を見ながら、ご紹介します。

(1)大人数で旅行

「大学の仲良しグループとか、会社の同期とか、大人数での旅行ならまぁ、許せるかな。グループ内での付き合いもあるだろうしね」(Rさん・28歳女性/営業)

大人数の旅行については、気になるものの、許してあげられるという人が多いようです。ただし、グループのほとんどを女性が占める「ハーレム状態旅行」についてはNGという声も。また、自分もグループ内の人と仲良くなって、旅行に誘ってもらえるよう仕向ける人もいるのだとか。

(2)少人数で旅行

「男2、女2とかの旅行は許せないかな……。だって、その中のふたりがカップルだったりすると、残りのふたりで長い時間遊ぶことになるよね。それは絶対にイヤ」(Sさん・27歳女性/事務)

「昔から仲のいいメンバーとかで、私もよく知ってるような人たちなら、ギリギリ許せるかも」(Kさん・28歳女性/事務)

人数が減ってくると、やはり気になる部分も多くなってくるという声が目立ちますね。とはいえ、自分も仲良しグループで旅行をする可能性があることを考えると、ある程度は寛容でいたいようです。

(3)ふたりで旅行

「ふたりで旅行は絶対にアウトでしょ。そんなの付き合っている人がいるのに、行きます? ありえないでしょ」(Yさん・28歳女性/大学院生)

ふたりでの旅行はさすがにない、という声が多数。女友達とふたりで海外旅行に行っていたことがわかって別れたという人もいました。本当にお互いがなんとも思っていないとしても、やはり彼女や彼氏がいる人たちは相手のことを考えて、やめておいたほうが無難です。

 

3:彼氏の女友達との関係どこまで許せる?【LINE・電話編】

続いては、LINEや電話での女友達とのやりとりについて、どこまでが許せるのか、どこからが許せないのかをご紹介します。

(1)グループLINE

「グループLINEなら全然気にしない。私も男友達がいるグループLINEはしてるし」(Tさん・30歳女性/主婦)

グループLINEは気にしないという声が多数を占めました。ただし、一緒にいるときも通知が鳴り止まないようなグループLINEをしてると、嫉妬ではなく「せっかく一緒にいるのだから、もっと集中してほしい」と思ってしまうという声もありました。

(2)ふたりだけのLINE

「これは内容にもよるよね。必要なことであればいいと思うけど、日常会話とかをされるのはちょっとイヤかな」(Nさん・28歳女性/営業)

「私に見せられるような内容のLINEならOK。“誰とLINEしてるんだろ”と思ってふと彼のスマホを見たら、名前が女の子で、彼氏がすごい勢いで隠したのはイヤだった」(Mさん・28歳女性/自営業)

ふたりだけのLINEは、彼女に見られても問題ない内容かどうかというところが、ボーダーラインのようです。確かに、彼女が横で画面を見ていても送れるような内容であれば、問題ないですよね。

逆に鍵をつけてセキュリティを高くするような人は、彼にそのつもりがなくても疑ってしまうことがあります。

(3)電話

「彼氏がうちに遊びに来たとき、女の子から電話がかかってきたんです。外に出て行って、なんと1時間近くも電話してました。女友達の相談を聞いてたらしいけど”それ、今する?”って怒ってしまった」(Eさん・28歳女性/銀行員)

逆に「女の子からかかってくると、すぐ着信を消す人がいるけど、あれはあれでなんか疑っちゃう」という声も聞かれました。

 

4:ふたりでご飯は?彼氏と女友達と遊ぶのをどこまで許せる?【遊び編】

続いては、女友達との遊びに行ったりごはんしたりしたりについて、どこまで許せるのかご紹介します。

(1)グループで遊ぶ

「グループで遊ぶのだったら、あんまり何とも思わないかな。でも海とかで、女の子の露出がある場所は、ちょっとイヤ」(Cさん・28歳女性/フリーター)

グループの場合は、状況にもよりますが、だいたいは許容できる様子です。そもそも仲良しグループが、彼氏以外は全員女だという人もいました。それはそれで複雑な心境だそうです。

(2)ふたりでご飯

「私も仕事帰りに仲のいい同僚の男性とご飯行くし、大学の友人とふたりでランチしたりもするから、ご飯だけならそんなに気にならない」(Kさん・29歳女性/会社員)

やはり、ふたりっきりというところは、気にする人が多いでしょうが、女性もバリバリ働いていると、男性とふたりということもありえるので、一概に対応しづらい、ということもありそうです。

(3)ふたりで飲み

「サシ飲みはイヤだなぁ。でも相手が私も知っているような子ならギリ許せちゃうかも」(Mさん・27歳女性/銀行員)

「ふたりで飲むのはそもそもイヤだけど、それが朝帰りとかになったら完全に許せない」(Yさん・28歳女性/看護師)

ふたりでご飯ならまだ許せるけど、飲むということになると許せないという人のほうが多いようです。お酒の力で何かあったらどうしようと思ってしまいますもんね。

 

5:彼氏の女友達に嫉妬してしまうときの対処法5つ

気にしないようにしていても、彼氏の女友達にはどうしても嫉妬してしまうもの。ときには嫉妬心を抑えきれなくなることもありますよね。そんなとき、どうすればいいのか、その対処法をご紹介します。

(1)あえて触れずに彼の反応を見る

「女友達と遊ぶたびにキレてた彼女が、あるときから何も言わなくなったんです。嫌われたのかなと思ってビクビクしてしまったのと、離れたくないと思うようになりました。それから女友達と遊ぶのもやめて、いつの間にか彼女のことを追う立場に……」(Yさん・29歳男性/銀行員)

いつも「また女の子と遊んでるの」と怒ってしまう人は、あえて何も触れないようにしてみましょう。そうすることで、彼も「あれ?」と思い、反省したり、自分から今日のことを話し始めることがあります。

(2)正直に気持ちを伝える

「女友達と遊ぶのはイヤだ」ということを伝えられずに悩んでいる人は、正直に伝えてみましょう。怒って伝えるとなかなか彼も耳に入れたがらないので、冷静に伝えることが大事。女友達と遊んで帰ってきたその日ではなく、少し時間をおいて、何もない日に話すと、感情的になりづらいのでおすすめです。

(3)他のことに集中する

彼には彼の人間関係や考え方があり、どうしてもあなたの思いを聞いてくれない、という場合もあるでしょう。そうであれば、もう気にしないというのもひとつの方法です。

気にしないようにするためには、仕事や趣味など、ほかのことに集中してみるのはどうでしょう。今までは彼の優先順位がいちばん高かったけど、他のことに集中して取り組むことで、案外気にならなくなるかも?

(4)彼のことを信じる

「女友達はあくまで友達」と彼が主張し、あなたもそう思えるのであれば、もう彼のことを信じてあげましょう。絶対に何もないと思うことで、あなたの気持ちも少しは安心できるようになりますし、信じていることは彼にもきっと伝わり、後ろめたいことはできなくなるはず。

(5)自分も男友達と遊ぶ

「やられたら、やり返す」ではないですが、これもひとつの方法です。意外と男友達と遊んでみると彼の気持ちがわかるかもしれません。

また、彼もあなたが男友達と遊んでいることを知って、あなたの気持ちがわかるようになるかもしれません。

 

6:彼氏に女友達が多くて不安…他の女にとられないための対策3つ

彼氏に女友達が多いことで何が不安なのかというと、それはやはり「とられたくない!」と思うからではないでしょうか。ここからは、他の女にとられないための対策を3つご紹介します。

(1)女友達を紹介してもらう

「彼氏の女友達には、ほぼ全員会わせてもらっています。そして、私はそこで、目一杯社交的になって、その女の子たちと仲良くなります。連絡先もSNSも全部交換する。そうすることでその子たちのことも監視できるから」(Rさん・30歳女性/編集)

これはとってもいい方法だと思います。というのも、彼がどんな女性と遊んでいるのか知ることができるって大きいですよね! 女友達に会ってみて、本当に友達なんだなと安心することもできます。

また、仮にその女性が彼を狙っていたとしても、彼女として会うことで牽制することもできます。彼氏も本当に何も思っていない友達なら、会わせて彼女を安心させることで、気持ちが楽になりますよね。

(2)彼の家族と仲良くなる

「彼の家族と仲良くなっておくのは大きいかな。実家暮らしだと“もう帰ってますか?”など、何気なく彼の動向を聞くことができるし、女友達とばかり遊んでいると、家族が彼に怒ってくれますから」(Nさん・31歳女性/看護師)

筆者も実際に女友達が多い彼と付き合ったとき、彼の家族と仲良くなったことでメリットを感じたことはたくさんありました。特に古くからの女友達についての情報って、なかなかゲットできないんですが、お母さんから話を聞いて本当に昔からの幼馴染なんだなと安心したことも。

(3)自分磨き

「女友達ともよく遊ぶけど、なんだかんだうちの彼女がいちばんきれいにしているし、一緒にいて落ち着く」(Tさん・32歳男性/自営業)

「とられたくない!」という気持ちを自分磨きにつなげることもおすすめです。見た目も心も常にきれいにしておいて、いつでも彼をドキッとさせられるような女性の魅力を磨いていきましょう。

 

7:まとめ

女友達が多い男性と付き合うと気苦労は絶えません。しかし、数多い女友達の中でも、あなたに女性としての魅力があるから、彼女として選んだはず。嫉妬をしてしまうことももちろんあるとは思いますが、彼の彼女はあなただけ。自分に自信を持って、そばにいてあげてくださいね。

✓ skyticketの格安航空券で年末はラブ旅に!