ドタキャンの理由…何ならOK?許してもらえるコツと愛されるドタキャン対応

理由がなんであれ、前もって約束していることについて、ドタキャンされると困りますよね。でも、やむを得ずドタキャンするときには、必要なケアをして、ドタキャン許され女子を目指したいもの。そこで今回は、どんな理由でドタキャンしてしまうのかについての考察や、信頼関係にヒビが入りずに、許してもらえやすいドタキャンについて、まとめてみました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:ドタキャン男女は嫌われやすい…

ドタキャンをする人は、男女ともに嫌われやすいです。どうしてもドタキャンせざるを得ない状況の場合もありますが、相手の時間を奪うことに違いありません。

しかしたとえドタキャンをしてしまったとしても、「もうこの人とは約束したくない」と思わせてしまう人もいれば、許したくなる対応をする人もいます。結局は、ドタキャンの理由よりも、その人の人柄や、ドタキャンの理由をどう伝えるかポイントなのです。

また、誠意を感じられるかどうか、相手を気遣い、思いやっている対応かどうかも重要でしょう。

 

2:女子のドタキャンの理由になりがちなコト7つと許してもらえる度

まずは女子のドタキャン理由でありがちなことから見ていきましょう。

(1)面倒くさくなった

女性がドタキャンする理由でもっとも多いのが、当日になって気乗りなくしなくなったり、面倒臭くなったりしてしまうこと。

特に深い理由もなく、約束している相手のことがすごく嫌いだというわけでもなく、ただ単純に「今日は行きたくない」という思いからドタキャンしてしまうのです。

相手に「面倒くさくなって気乗りしない」と本心を伝えても、許してくれないでしょう。その日の気分で予定をドタキャンするのは、自分勝手なことだからです。なので、相手に伝えるドタキャンの理由は、別のものを準備しておくほうがいいでしょう。

例えば「体調を崩してしまって」や「急な仕事が入って」などのほうが、ドタキャンの理由としては無難です。

 (2)急な体調不良

女性がドタキャンする理由のひとつに、生理や腹痛、頭痛などの体調不良があげられます。

行く気はあったのに急に体調を崩し、ドタキャンしてしまう場合もあります。薬を飲めば直るかもしれない……と思うものの、苦しいしつらいし、楽しめる気がしない。それで「やっぱり無理……」となり、ドタキャンしてしまうのです。

女性ならではの体のつらさは、男性にはなかなか伝わりにくいもの。「薬飲めばいけるんじゃない?」と思われてしまったり、「そんなに重症なの?」と疑われてしまう場合もあります。相手が男性の場合には、「生理痛がきつくて、ベッドから一歩も動けないくらい」というように、どれくらいつらいのかを具体的に伝えると、納得してもらいやすいかもしれません。

一方、女性の場合には男性よりも多少理解があるので、許してもらいやすい部分も。とはいえ、「もともと生理痛が重いなら、それを見越して予定を立てろや」と思う人も一定数いるので、気軽に用いるのは避けましょう。

(3)やむを得ない事情も

やむを得ない用事や事情でドタキャンをしてしまうこともあります。例えば家族が病気になったり、不幸があったり。また、仕事が終わらなかったり、緊急の仕事が入ったりなども、約束よりも優先しなければいけない場面はあるでしょう。

自分の力ではどうしようもないことは、ドタキャンの理由として許してもらいやすいはず。よりドタキャンを許してもらいやすくするためには「やむを得ない事情で本日は参加できなくなってしまいました」というよりも、「身内に不幸があり、残念ながら本日、参加することができなくなってしまいました」と具体的に理由を説明しましょう。

(4)天気が悪い

急にドタキャンをしてしまうとき、天気のせいである場合もあります。

女性はお出かけをするときに服装や髪型をしっかりセットして、最高の自分を演出してから出かける人もいます。しかし風が強かったり、雨が降っていたりすると、せっかくきれいにした髪型や時間をかけて完成したメイクがすぐにぐちゃぐちゃになってしまうかもしれません。

そんな日は、おでかけするのをやめて、家でのんびりしたくなるのです。

もし嵐や台風、大雪、洪水になりそうなくらいの大雨や注意報、警報は出ている場合には、公共交通機関がストップする場合もありますし、相手も出かけたくない可能性も高いので、許してもらいやすいかもしれません。しかし、多少の雨風はドタキャンの理由としてはかなり弱く、許してもらえない可能性大です。なのでこの場合も、本当の理由ではなく、別の理由を言いましょう。

(5)ダブルブッキングしていた

きちんと予定を空けていたはずが、当日になってダブルブッキングに気づくなど、自分のスケジュール管理のミスのせいでドタキャンする人もいます。

スケジュール管理ができないというのは、社会人として致命的。なのでドタキャンの理由としては最悪です。許してもらいにくいうえに、信頼を失ってしまう可能性もあります。

さらにドタキャンされた相手は「ダブルブッキングも呆れるけど、もうひとつの予定を優先するということは、私の予定は重要じゃないってこと?」と腹を立てるでしょう。その場合には「前の予定が押してしまった」など、別の理由を告げるようにしましょう。

(6) 当日になっても予定の内容が曖昧

デートを女性がドタキャンする理由に、「付き合いきれない」というものがあります。例えば、当日になっても相手の都合で会う時間が決まらない、などです。

こういうケースの多くは、最初から苛立っている場合が多いです。そもそもデートの日程が決まるまでに、相手のせいで時間がかかる、どこに行くかなども、相手が優柔不断のせいで決まらないなど、スムーズに話が進まないなどが原因です。

それが当日まで続くと、「もういいや」となってしまうのです。

相手は自分自身が優柔不断であることを自覚していない場合もあります。当日にその場のノリで直前に約束の内容を決めるような性格の人かもしれません。しかし、今後も同じような対応をされても困りますよね。

「当日まで待ちましたが、具体的な待ち合わせ場所や時間などのご連絡をいただけなかったので、本日のお約束はなしとさせてください」と具体的に伝えることによって、相手のどんな部分に非があったのかが伝わります。

(7)他の予定を優先させたい

他の予定を優先させたいと思ってデートのキャンセルをする女性もいます。それは、約束の内容に魅力を感じないからです。

真実のドタキャンの理由を伝えると、相手は「最初から乗り気じゃないなら、もっと早く言ってほしかった」と不満を感じるでしょう。この場合にはドタキャンが許されない可能性が高いので、別の理由を考えたほうがよさそうです。

 

3:許されるドタキャンのコツ7つ

どうしてもドタキャンをしたいときには、どんな対応なら相手に許してもらえるのでしょうか? 許してもらえるドタキャンの対応をまとめてみました。

(1)会費、キャンセル料などのお金は払う

飲み会や合コン、パーティーなど、当日に会費が発生することがわかっている場合には、会費やキャンセル料を払うことを伝えれば、ドタキャンを許してもらえる可能性は高まります。

逆に金銭が発生することがわかっているのに、それを負担しないというスタンスを貫こうとすると、嫌われるだけでなく、後々に揉める可能性も。ドタキャンはしても、お金のことで信頼を失うことは避けましょう。

(2)わかった時点ですぐに連絡する

仕事や家庭の事情など、どうしてもドタキャンせざるを得ないときには、なるべく早く連絡をするようにしましょう。約束の時間に近ければ近いほど、対応が困難になるので、ドタキャンの罪は重くなります。

ドタキャンをするということは、他の人の貴重な時間やお金、労力などを無駄にしていることを、常に念頭に置いておきましょう。

(3)店が予約してあるなら自分で電話する

飲み会やデートなど、約束のためにすでにお店を予約していることがわかっている場合には、あなた自身が自分で電話をするようにしましょう。お店によってはキャンセル料がかかる場合もありますが、それも負担しましょう。

人数やキャンセル料の確認などを本人がすることによって、約束した相手や幹事の手間を省くことができます。

(4)心から謝る

ドタキャンしてしまう理由がどんなものであっても、本当に申し訳なく思っていて、反省しているという気持ちを、心から伝えるようにしましょう。心から謝る気持ちが伝われば、ドタキャンを許してくれる可能性も少しはあがります。

LINEやメールで送る場合には、なるべく丁寧な言葉で送るようにしましょう。「ゴメン! 明日ムリになった(絵文字)」などの短文やスタンプでは、誠意が伝わらないからです。

(5)埋め合わせの予定を伝える

本当に楽しみにしていたのに、やむを得ない理由によってドタキャンすることになった場合には、埋め合わせの予定を伝えるようにしましょう。

例えば楽しみにしていたデートなのに、急な仕事でドタキャンをしてしまった場合には、具体的な日時をいくつか提案することによって、気まぐれでドタキャンしたわけではないことが伝わります。

(6)本当のことを言う

ドタキャンしたくなかったのに、やむを得ない理由でドタキャンせざるを得ない場合には、なるべく本当のことを言うようにしましょう。仕事や身内の不幸、体調不良の場合などは、ぼやかして伝えるよりも、具体的に伝えるほうが誠意を感じさせます。

また「仕事で行けません」とざっくりと伝えるよりも、どんな仕事内容でどのくらいの緊急性があるものなのか、具体的に相手に伝えれば、共感してもらえ、ドタキャンを許してくれるかもしれません。

(7)奢りやプレゼントで埋め合わせをする

ドタキャンをしてしまうことを反省していると伝えたい場合には、次に会う約束のときに何か奢るようにしたり、ちょっとしたお詫びのプレゼントを用意したりするのもひとつの手。

「本当に急にごめんなさい。埋め合わせしたいから、次回はご馳走させてね」や「先日は本当にごめんなさい。これ、お詫びの気持ちを込めて……受け取ってね」などするのもいいでしょう。

 

4:ドタキャンの神対応で女をアゲる!男がキュンとなるドタキャン対応3つ

彼氏に体調不良や仕事でデートや約束をドタキャンされたときには、どんな対応をしていますか? ドタキャンをどのように対応するかによって、あなたの評価が上がる場合もあります。

(1)代償を提案する

ドタキャンをされると、どうしても苛立ってしまいますよね。でも、それを相手にぶつけるのは、神対応とは言えません。別の何かで補ってもらうよう、提案をしてみましょう。

例えば急にドタキャン連絡をしてきた彼氏をそのまま許すのではなく、「今度、〇〇を買ってくれたら許しちゃうから~」や「埋め合わせのデート、期待してます」などと言うをするようにしましょう。

代償を要求することによって、相手の悪いと思う気持ちを軽減させてあげられて、かつ埋め合わせで挽回できることは嬉しいでしょう。

(2)ドタキャン理由を疑わない

なぜドタキャンをしたのか、その理由を疑いたくなる気持ちもわかります。しかしドタキャン理由がなんであれ、それが本当かどうかを疑うような口ぶりはやめましょう。

急にドタキャンをするということはそれなりの理由が相手にはあるからです。

「それ、本当?」や「嘘ついているんじゃないの?」「他の女と会うんじゃないでしょうね?」などと質問するのはNG。仮にそのドタキャン理由が仮に嘘だとしても、相手はそれ以上の情報をあなたに与えることはないでしょう。

ドタキャンをされるのはショックかもしれません。しかし、疑うのではなく、素直に受け止めるようにしましょう。ふたりの信頼関係を疑うような発言は控えるべきです。

(3)相手を気遣う

やむを得ない理由のドタキャンの場合、相手が余計な気遣いをしなくてもいいように、相手を気遣うようにしましょう。

例えば仕事が理由でドタキャンしている場合には、「お仕事大変なんだね。応援しているよ!」体調不良が理由でドタキャンする場合には「最近ずっとがんばっていたもんね。ゆっくり休んでね」などです。

 

5:まとめ

ドタキャンはしないに越したことはありません。でも、人間ですから、ドタキャンしたくなる、しなくてはいけなくなるというシチュエーションはありますよね。相手に「しょうがないなぁ」と許してもらえるような対応をし、人間関係をムダに壊さないようにしたいものです。