告白されたときのベストな返事や対処法!告白された回数やされたことがない理由も

ぶっちゃけ、みんなはどのくらいの回数告白された経験があるのでしょうか? 今回は、『Menjoy!』が独自で調査したアンケートでわかった、男女別の告白された回数の平均をご紹介! また、告白されたときのベストな返事や対処法や告白されたことがない人の理由も見ていきます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
©gettyimages

1:告白されたいですか?

「付き合ってください!」

ドキドキの告白シーン……。やっぱり、好きな人に告白されたいと思うのは、誰しもが抱く感情でしょう。

でも大人になればなるほど告白される機会は減っていくものです。実際に、どのくらい告白された経験があるのでしょうか?

 

2:男女別!告白された回数の平均値

ではここからは、『Menjoy!』が独自に行ったアンケートの結果をご紹介!

「これまでの人生で、あなたに好意を持った方から「告白された」のは何回ですか?」という質問を30代男性500名、30代女性500名の計1000名に聞きました。

(1)女性の平均は2.8回

まずは女性の平均告白回数からご紹介!500名の30代女性の告白された回数を聞くと……以下のような結果になりました!

平均すると30代女性の告白回数は2.8回。もっとも多いのは2回告白されたという人で112人、さらに6回以上告白されたという人も100人超えでした。

(2)男性の平均は1.4回

続いて男性の結果を見ていきましょう。こちらも500名の30代男性に告白された回数を聞くと……以下のような結果に!

告白された回数の平均はやはり女性に比べ少なくなって、1.4回でした。

そして、人生で一度も告白されたことがないという人が195人でもっとも多いという結果になりました。

(3)男女ともに個人差がある

当たり前のことながら、やはり告白回数には個人差があります。

特に女性は6回以上も告白されたと回答した人が100人(全体の2割)を超えている一方で、一度も告白されたことがないという人も85人いました。

男性はというと、まったく告白されたことがないという人が全体の4割となる200人近くいるのに対し、6回以上の告白されたことがある人は43人で、全体の10%近くという結果に。

(4)告白回数6回以上のモテ女、モテ男も多数!

前述したように告白回数が6回以上というモテ女、モテ男が意外にも多くいるといいうのにビックリ! 筆者の感覚としては、6回以上告白されるというのはかなりモテている印象ですが、みなさんはどうでしょうか?

とはいえ、告白された回数が多い人の全員が、美男美女というわけではないでしょう。もしかしたら告白された回数には「告白しやすい雰囲気を持っているかどうか」が関係しているのかもしれません。これはのちほど詳しくご紹介します。

(5)一度も告白されたことがない人も多い

男性の結果を見てみると、全体の4割は告白された経験がないと回答しています。

なかなか告白されない理由については後程探っていきますが、やはり男女平等の社会とはいえ、恋愛では男性から告白するシチュエーションが多いからというのも関係ありそうです。

 

3:告白されて嬉しい!上手な返事や返し方5つ

(1)その場で告白を受け入れる

告白されて嬉しいのなら、その気持ちを言葉で表現するのがいちばんです。「付き合ってください!」と言われたら「喜んで!」と即答しちゃいましょう。

面と向かっての告白は、ライブ感あふれる生モノ。その場でしか感じられないドキドキに身をゆだねるのがいちばん♡

(2)当日のうちに「告白されて嬉しかった」というのLINEを送る

告白を受けてOKしたならば、「付き合った記念日のLINE」を送りましょう。「今日はありがとう。これからよろしくね♡」。そして、そのやりとりをスクショして取っておけば、のちのち読み返す楽しみもできます。

(3)同じ気持ちだったことを伝える

告白された相手と両思いだった場合、「嬉しい! 私もあなたのことが前から好きだったの!」と自分の気持ちを素直に伝えましょう。どれだけ「いける!」と感じていて、勝率が高い告白だって、告白するときはやっぱりドキドキしますよね。だからこそ「私も!」と言われることで相手もホッとし、とても嬉しくなるのです。

(4)保留するなら返事は1週間以内に

「わーどうしよう……まさか……でも嬉しい」そんなパターンの告白というのもよくあるケースでしょう。そんなときは「ちょっと考えさせて」ということもあるかもしれません。

でもその場合でも、相手の時間をもらっているということを忘れずに。できれば1週間以内には返事をしたいものです。

(5)告白されたときと同じ方法で返事を

告白は、相手と同じ熱量で気持ちを伝えるのがベター。告白されたのがLINEであればLINEで返事を、もし電話であれば電話を、会ってなら、会って……というように、告白されたときと同じ方法で返事をすると、その後のテンションの移行がスムーズになりますよね。

 

4:告白されたけど保留…そのあとどうする?

では、前章でも少しふれた「保留」の場合について、どう対応すべきかご紹介します。

(1)保留の場合も同じ方法で返事を

OKの場合も、NGの場合も、相手に告白してもらった方法と同じ方法で想いを伝えるのがマナーというもの。

とはいえ、考えた挙句にお断りするとなると、わざわざ会って伝えるのは相手にも悪い気もしますよね……。

その場合に限っては、「この前はありがとう。いろいろ考えたんだけど、やっぱり〇〇君とはこれからも一緒に仕事を頑張る仲間でいたいなって思ったの」などと、LINEで伝えるのもいいかもしれません。

(2)1週間以上待たせない

付き合うか付き合わないか……あなたが悩んでいる以上に、告白の返事を待っているほうが、「告白しないほうが良かったかな」と悩み、悶々とした時間を過ごしています。

前述したように、一旦は保留にするにしても、返事はなるべく早いほうがベター。なぜなら、告白したほうが返事を催促するのは難しく、やきもきした時間はお互いのためによくありません。告白を受けた際に、その場で「〇日までに返事するね」と自分で期限を決めるのもいいでしょう。

 

5:贅沢な悩み…「告白されたくない!」告白を防ぐには?3つ

今回のアンケートの結果、6回以上告白された経験のあるモテ男、モテ女が一定数存在することが分かりました。贅沢な悩みではあるものの、きっとそれほど告白されてきたなら、「告白されたくない」と思ったこともあるはず。では、告白を防ぐ方法についても見ていきましょう。

(1)「今はいらない」という姿勢を見せる

 

彼氏がいたり仕事が忙しい場合には、相手からの好意を感じた時点で「彼氏がいるから」「仕事が忙しいから」と「今はあなたと付き合う気がない」というはっきりした姿勢を見せましょう。

あからさますぎると感じが悪くなってしまうので、「最近仕事が忙しすぎて、土日は彼氏とずっと家でゴロゴロしてるんだよね」とやんわりした告白ブロックワードを選んで。

(2)「友達」という言葉を多用する

「〇〇君は本当大切な友達だから!」と、最初から友人宣言しちゃうのも告白ブロックの方法のひとつ。「友達」といわれて、「俺は友達でいたいなんて思わない」とハッキリ言えるのはなかなかのツワモノです。

「友達としてなら一緒にいられるけど、彼氏にしたくない……」という距離感はけっこうありますよね。そんな相手に「友達」ワードは有効です。

(3)相手の好意を感じたらふたりで会うのをやめる

告白ブロックの究極の方法といえば、やっぱり告白されるシチュエーションを作らないこと! 相手の好意を感じた時点でデートするなどはやめ、ふたりきりにならないようにしましょう。

 

6:告白されたことがない…考えられる理由3つ

告白された回数が0回という人も少なくありませんでした。原因はさまざまであると考えられますが、告白されにくい原因を探ってみましょう。

(1)異性に接する機会が少ない

まずは圧倒的に、異性との接触回数が少ないということが挙げられるのではないでしょうか。

例えば女子校や男子校で育ち、職場にも異性がいないという環境は、告白されるどころか、異性との接触すらままならない状態です。

実際、筆者の友人でも中学から女子校育ち、そのままCAになり、男性との接し方がわからない……という女性もいます。

(2)自分磨き不足!?

身もフタもない話ですが、たくさん告白されるという人は、はやり一定のレベル以上の容姿を持っている……ということはあります。決して容姿が悪いから告白されないということではありませんが、容姿が良いからこそ、ひと目惚れもされやすく、結果として告白された回数が増えるというのは事実です。

そのため、告白されたことがない人は、自分磨き不足の可能性もあります……。内面を見てもらうためにも、外面的な自分磨きも力を注ぎたいところです。

(3)隙がない

「告白されやすいオーラ」を持っているかどうかも、告白されるかどうかにかかわってきます。告白というのはもれなく緊張しますし、断られるのは悲しい。ダメもとでも気持ちを伝えたいという人も一定数いますが、絶対勝ち目なし、という告白は、しないことを選ぶ人のほうが圧倒的です。

どれだけ美女でも、隙がなく、話しかけづらい女子は、高嶺の花にはなれても告白はされないものです。

 

7:まとめ

今回は告白された回数について調査、分析していきました。

大好きな人にはもちろん告白されたいですよね!

でも男性の約4割は告白されたことがない……ということは、女性からの告白は新鮮かも。女性からの告白で、恋の勝率をあげていくのも.ありかもしれませんよ!

✓ skyticketの格安航空券で年末はラブ旅に!