彼女に甘える男の特徴5つ!彼女に甘えてほしい男性心理も

甘えたいのは女子だけではない!男子もおんなじ! そして、頼られたり、必要とされるのは、とても嬉しいことですよね。甘え上手は世渡り上手ともいわれます。今回は、彼女に甘える男の特徴と、彼女に甘えてほしい男性心理をご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
©gettyimages

1:本当は甘えたいのに甘え方がわからない男は多い

普段、どれだけ無口な男子であっても、格好つけなタイプの男子も、リーダーシップがある頼られ男子でさえも、みんな心のどこかでは、彼女に支えになってほしいと願っているし、甘えたいと思っているのが本音のところ。

でも男性は特に、上手に愛情表現をできない人も多いですし、甘えることが恥ずかしいことと感じている男子もいるでしょう。

 

2:普段はしっかりにしているのに彼女にだけ甘える男の特徴

それではここからは、しっかり者タイプなのに、彼女にだけ甘えてくる男性について、その特徴を詳しく見ていきましょう。

(1)世渡り上手

世渡り上手な彼は、いざというチャンスを絶対に逃さないしっかり者。つまりは、感情に左右されない、器用な性格といえます。仕事面でも、人間関係を上手に築き、成し遂げていくタイプでしょう。

そして、彼女がどんな甘えなら受け入れてくれるのか、どのくらいのレベルで甘えればいいかもわかっています。だからこそ、彼女に甘えるのも上手なのです。

(2)先輩からも後輩からも好かれている

年上に対する甘え方と年下に見せる素顔をしっかり使い分けられるタイプの人間は、老若男女関係なくモテますよね。それは、自分が輝くことばかりではなく、相手をたてることもできているということ。

女の子が甘えてくれると、その子を守りたいと思う男子がいるように、甘えられることで幸せになれる女子もいる。そんなふうに考えられるからこそ、ちゃんと彼女にも上手に甘えられるのです。

(3)仕事ができる

仕事においても恋愛においても、タイムマネージメントってとっても大事ですよね。いつもはしっかりしているのに彼女だけには甘えるという人の中には、自分の中でオンとオフがしっかりついているからこそ、仕事のときにはバシッと決めて、彼女には甘えるというふうになる人もいます。要はメリハリなのです。

(4)育ちがいい

育ちがいい男子って、表情が豊かだったり、分け隔てなく人に親切だったり。素直ですよね。社会に対する不満が絶えない人や、自分のせいではなく環境のせいや周りの人のせいにする人など、ひねくれている人は自分に素直になることが難しく、上手に甘えることもできません。その点、育ちがいい男子は、ある意味器用ですよね。だから、彼女にも上手に甘えられます。

(5)家族仲がいい

家族仲がいいといっても、ただ仲良しなだけでなく、家族の仲でも、普段はしっかりしてるというのがポイントになります。いつもいつも甘えてばかりで、自分の思い通りにいかないとキレるような男は、極度のマザコンだったり、自立していないケースが多いです。

いつもはきちっとしているのに彼女には上手に甘えられる男子は家族とのバランスも上手にキープしています。

 

3:甘えたさん彼氏のエピソード5つ

今度は、女性の目から見た、甘えてくる彼氏とのやりとりを、エピソードとして語ってもらいました。

(1)ついつい許したくなってしまう彼

「ケンカというか、一方的に私がキレていると、彼はごめんねって言いながらハグをしてきます。そのあとは、私の好きなご飯を作ってくれたり。あ〜ほんとうに甘え上手だなって感じます。

だって、怒ってるのがバカらしくなっちゃいますもん(笑)。 もし私の彼が女だったら、最強にモテると思います」(Eさん・25歳)

(2)心配コール

「私たちは同棲しているんですけど、休日、私が友達と飲みに行ってて帰りが遅いと、何回も電話がきて、心配で寝られないよって言うんです。もうかわいいすぎるし、心配かけたくないから、そのときは帰るんですけど、またしばらくして日がたつと、遊びに出かけちゃいます(笑)。

でも、キレたりしないし、優しいし。こういうふうに甘えられると、束縛だって思わずに、好きが続きますよね」(Yさん・24歳)

(3)褒め上手の甘えんぼ彼氏

「私はもうすぐ付き合って2年になる彼氏がいます。今でも、デートで待ち合わせをすると、会った瞬間に“なんでこんなにかわいいの〜”って言いながら抱きしめてきます。

もう2年経って、絶対飽きているころなのに、彼女である私への気遣いなのか、いつもかわいいと言ってくれる彼には頭が上がりません。私はあんまり甘えるのが上手ではないので直接は言えませんが、絶対に手放したくないです」(Nさん・28歳)

(4)私の手づくりご飯が大好きな彼

「彼氏とは遠距離なんですけど、いつもいつも、私のつくった料理が食べたいと言ってきます。“あのとき作ってくれたグラタンは世界でいちばんおいしかった”とか、“私がササッとつくったものが何よりもおいしい”って言ってくれるんです。まあ、お世辞だったとしても、そういう人と結婚したら幸せになれる気しかしません」(Hさん・26歳)

(5)酔っ払うと変身するスイート彼氏

「私の彼は普段クールで、好きとか言ってくるタイプの人間ではありません。でも、酔っ払ったときだけ、すごい抱きついてきて、“好き好き~♡”って言ってきます。そのときくらいしか愛情表現を全開でされることがないので、酔っ払ってるときは本当にかわいいです(笑)。 私がいない場所でお酒を飲んでいても必ず電話がくるので、安心感もあります」(Kさん・25歳)

 

4:甘えるだけじゃイヤ!彼女にも甘えて欲しいと思う男性心理3つ

(1)ほかの男を頼らないで欲しい

甘えて欲しい理由として、「自分だけを見ていて欲しい」「ほかの男を頼りにしないで欲しい」「いつも自分だけていて欲しい」などが挙げられます。よく、何かあると元彼を頼ってしまう女子や男友達を頼りにする女子がいますが、彼氏からすると、それはあまりよく思わないようですね。

(2)ひとりで抱えこまないで欲しい

頑張り屋さんで一生懸命取り組む女子は、問題もひとりで解決しようとします。そんなときこそ頼りにして欲しいし、甘えて欲しいというのが男の本音。「弱いところも見せて欲しい」「心を開いて欲しい」などの意見が挙げられます。自分にだけ甘えてくれる彼女って愛おしいですもんね。

(3)男としての役目を果たしたい

彼氏として、旦那として、その子を一生かけて守っていきたいという強い想いがあるタイプも。最近はそうした男気のある男子が減っている傾向にはありますが、本当に大事にしたい女の子と出会ったら、男子は誰しもその子のために全力を尽くすでしょう。それでこそ、男ですからね。

 

5:まとめ

普段クールな彼も、あまり口数の多くない彼も、心の中では甘えたいという想いがあるのかもしれません。そんな彼の思いを引き出せる彼女でいれると、最強ですね。だって、誰も知らない彼の一面を知る人物になれるのですから。そしてそのためには、強い想いと絆が必要になります。