占いで性格診断!生年月日や名前でわかる基本的な性格と恋愛傾向

自分の性格って、客観的にはよくわからないということも多いですよね。でも占いならば、性格診断ができちゃいます。自分の基本性格を知ることで、自らを深く理解することもできますし、その恋愛傾向から気をつけるポイントを押さえておくことも。そこで今回は占い師さんに、おすすめの生年月日や名前を使った性格診断を教えてもらいました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:当たるのは四柱推命?性格診断ができる占いって?

性格診断ができる占いというのは、どういったものがあるのでしょうか。占い師の草薙つむぐさんにお話をうかがいました。

草薙:基本性格を知ることのできる占いは「命術」と言われるものがいいのではないでしょうか。これは生年月日などを使って運勢をみる占いです。

他にも、手相や姓名判断、人相占いなどといった「相術」でも基本性格が占えます。それぞれの占いにはその道のプロがいますので、興味のある人は専門家に占ってもらうといいでしょう。

 

2:当たる性格占い!基本性格を生年月日で占うには?

それでは早速、生年月日で占う方法をご紹介していただきましょう。草薙つむぐさん、よろしくお願いいたします。

(1)四柱推命

草薙:まず最初にご紹介する占いの方法としては「四柱推命」があります。これは生まれた年、月、日、時間といった情報に十二支十干を当てはめて占っていく方法です。占うには難しい知識が必要になるために、専門家でなければ占えないでしょう。特に生まれ持った資質や才能、個性などを占うのに適しています。

手軽に占いたいなら動物占いをやってみるといいでしょう。これは四柱推命を元につくられた占いなので、そのエッセンスを感じることができるでしょう。

(2)西洋占星術

草薙:次に紹介するのは「西洋占星術」です。生年月日、出生時刻、出生地などの詳細なデータと星との位置関係からホロスコープを作成し、精密な診断を行います。

ここから派生して「心理占星術」などが生まれていることからもわかるとおり、性格や恋愛傾向などの精神面を読み解くのに優れていると言われています。

(3)宿曜占星術

草薙:次にご紹介するのは「宿曜占星術」です。これはインド占星術をベースにつくられた日本の占星術です。月の軌道を27のカテゴリーに分け、月の状態によって人の性質や吉凶を占うものです。

太陰太陽暦を使っていた日本では、月を使った占いはなじんだのでしょう。特に人間関係を占うことが得意で、相性を占う場合におすすめです。

(4)九星気学

草薙:生年月日を使った占いには「九星気学」というものもあります。これは人が大自然から受ける影響に着目し、それを「九星」と「干支」、「五行」を組み合わせて占います。

生まれ持った性格を占うこともできますが、九星気学の最大の特徴は、いい運気を呼び込むにはどうすればいいかといった開運が行えるところ。それゆえに「動の運命学」とも言われています。

(5)数秘術

草薙:生年月日を使って簡単に占いたいなら「数秘術」がおすすめ。生年月日や姓名などを元に、固有の計算式を用いて、その人の先天的な宿命や運勢傾向などを占います。

一般的には誕生日の数字を一桁になるまで足し合わせていき、導き出された数字によってその人の分析を行います。例えば、1999年の12月31日が誕生日ならば、「1+9+9+9+1+2+3+1」となります。導き出された数字は35なので、それをさらに「3+5」として、「8」がその人の運命数となります。

例外は誕生日を足し合わせていった結果、「11」や「22」といったぞろ目になったとき。この場合は、「ぞろ目」を運命数と見ます。

この数字を元にインターネットなどで調べてみると、簡単に性格などが調べられます。ひとりの人についての多角的な分析が得意な占いです。

 

3:名前でわかる!性格診断

今度は、名前からわかる性格診断について草薙つむぐさんにお話をうかがいました。

(1)音による性格

草薙:名前による性格診断は、姓名判断が主流でしょう。ここでは音による性格診断をご紹介します。

自分がよく呼ばれる名前やニックネームなどのいちばん頭の文字が何かに着目してみてください。その音によって受ける影響というものをご紹介します。

ア音・・・広がりや大きさをイメージさせる音。強くて明るい、積極的など

イ音・・・細さや小ささをイメージさせる音。理知的、包容力に欠けるが切れ者など。

ウ音・・・唇を突き出す発音から小さく突出するイメージや歯切れの悪い印象。引っ込み思案、粘り強さなど。

エ音・・・色っぽさや楽しさをイメージさせる音。少し下品なイメージもある。楽天的、世渡り上手など。

オ音・・・丸さをイメージさせる音。和やか、調和など。

よく呼ばれている名前から受ける影響は大きいので、次第に性格などにも影響を与えます。参考にしてみてください。

(2)人格による性格

草薙:他にも姓名判断には、人格と言われる画数が導き出されます。人格は中年期の運勢のほかに「意思、決断力など」といった意味を見ることの多い場所です。

具体的には、姓の最後の字と名の最初の字の合計画数を用いて占います。わかりやすく言うと「佐藤和子」さんの場合は、「藤」と「和」の合計画数であり、「18+8」の「26」となります。

この数字をインターネットで調べてみると、ある程度の情報は知ることができるでしょう。もっと詳しく知りたいという場合には、専門家に見てもらったほうがいいですね。

(3)総画による性格

草薙:次にご紹介するのは総画による性格診断です。総画は「幸福感、金銭、健康、家庭環境、性格形成」にまで影響を与えると考えられています。よって性格を調べるときには無視できない部分です。

具体的には名前の総画になります。こちらもさまざまなサイトに情報が載っていますので、自分で調べてもある程度の性格診断は可能でしょう。

 

4:生年月日で占う!恋愛での性格傾向

続いて、生年月日で恋愛傾向を占う場合について、草薙つむぐさんにお話をうかがいました。

(1)西洋占星術

草薙:恋愛に対して強みを持っている占いとして真っ先に挙げられらるのは、先ほどもご紹介した「西洋占星術」です。なぜなら精神面を読み解くのに優れていると言われているためです。まずはこの占いをしてみるのがおすすめ。

また西洋占星術の一種である「ホラリー占星術」というもので占ってみてもいいでしょう。こちらほ生年月日は用いないのですが、悩みや疑問が発生したときに着目してホロスコープを作成し、相手が何を考えているかや、自分が取るべき行動などを教えてくれます。

(2)聖数命理学

草薙:この占いは「数理学」とも言われるのですが、生年月日をある一定の法則で4桁の数字に置き換えて占います。

これにより、「宿命」、「運命」、「運勢」、「恋愛」、「相性」、「病気」、「財運」、「未来の運勢の予知」、「物事の吉凶、盛衰」などを読み解くことができると考えられています。

ひとりの人を分析するのに適していると言えるかもしれません。

(3)紫微斗数(しびとすう)

草薙:最後にご紹介するのは「紫微斗数」という占いです。これは生年月日に加えて、正確な出生時間・出生地を用いて運命を読み解く占いです。

この占いの特徴は、結果が数十万のパターンになるとも言われ、豊富なバリエーションにあります。きめ細やかな占いができるので、恋愛や結婚の占いに強みを発揮すると言われています。

 

5:まとめ

今回は生年月日や名前の占いについてご紹介しました。

占いには向き不向きがあるもの。生年月日だけではなく、タロットや手相なども複合的に用いて、性格判断や恋愛傾向を占ってみるのもいいようです。

 

【取材協力】

草薙つむぐ・・・書店員の経験から今までに触れた映画や小説などは1000タイトル以上。またスポーツ選手から芸能人まで幅広い人脈を持ち、恋愛コラムニストからも恋愛相談を受けた経験を持つ。手相占い師としても活躍中。