泣く女ってどう思う?恋愛や職場ですぐ泣く女性へのリアルすぎる本音

恋愛や職場ですぐ泣く女性っていますよね。そんな泣く女を、周りの人はどんなふうに感じているのでしょう。かわいい? それともずるい? むしろウザイと思われているのでしょうか? そこで今回は、すぐ泣く女性に対する男性の本音を紹介します。また職場で泣く女に遭遇した人たちにも話を聞いてみました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:泣く女ってかわいい?ずるい?それともウザイ?

女性が泣くと、周りはハラハラしてしまうもの。しかしそれが頻繁に続くと、またか……とうんざりしてしいまいます。泣く女って、かわいいと思われているのでしょうか? それともずるいと思われているのでしょうか? もしかしたらウザイ存在になっているかもしれません。そのあたりの本音を探ってみましょう

 

2:イラストつき!泣く女の特徴5つ

すぐに泣く女性にはどんな特徴があるのでしょうか? イラストと共に見ていきましょう。

(1)感情的で情緒不安定

すぐに泣いてしまう人は、情緒不安定で感情的であることが多いです。

大人になってから泣くことが少ないのは、理性で感情のコントロールができているから。しかし情緒不安定だと、悲しみの感情が大きく、それをコントロールできないために、そのままあふれてしまうのです。

(2)感受性が豊か

泣くというのは、感情の高ぶりを表します。例えば、「怖い」「悲しい」「嬉しい」「さみしい」など、その気持ちが大きいと、涙が出てきますよね。心に迫るものがなければ涙は出ませんし、迫るか迫らないかというのは、その人の受け止め方にも影響します。つまり泣ける人というのは、それだけ感受性が豊かな証拠なのです。

(3)心が優しい

心が優しく、つらい立場に立っている他人の気持ちや状況に共感や同情して泣く人がいます。自分の気持ちに素直で、優しさにあふれている人の中には、よく泣く人も多いようです。

(4)泣けば解決すると思っている

泣く女性がいつも素直で優しく、いい人とも限りません。泣けば解決するのだと、計算して泣く人もいます。

女性が泣く姿を見れば、周りにいる人は同情してくれるかもしれません。責めるのも気が引けて、許してしまいたくもなります。仕事ですぐに泣く女性は、ずるい人である可能性もあるのです。

(5)アピールのひとつ

仕事や恋愛などで泣く女性は、泣くことによって周りの人が自分に注目してくれることを知っています。

例えば、仕事でミスが続いて挽回できなかったり、恋愛で彼氏が言うことを聞いてくれなかったりしても、泣くことによって「そこまで深刻に考えていたんだ」と思ってもらえます。このように、気持ちをアピールするために泣くという人もいます。

 

3:泣かれると弱い?すぐ泣く女の子に対する男性の本音5つ

すぐ泣く女の子に対して、男性は正直なところ、どんなふうに感じているのでしょうか?

(1)彼女の意見を優先するしかない

「ケンカの最中に彼女に泣かれると、彼女の意見を優先せざるを得なくなってしまいますよね。そこまで強く思っていたんだってことが伝わるし、何より、これ以上彼女が泣くのは見たくない。ケンカになったときはいつも彼女が泣くから、最終的には、全部彼女のいいなりになっている気がする」(Fさん・30歳/会社経営)

彼女の泣く顔を見たくないと思って、彼女の意見ばかりを優先してしまう優しい男性もいます。

(2)ヨシヨシしたくなる

「彼女が泣くのを見ると、頭を撫でて優しくしてあげたくなります。それまでどんなに大人っぽく振る舞っていても、泣くと子どもみたいでかわいいから。”もう泣かなくても大丈夫だよ”って言ってあげたくなるんだよね」(Aさん・25歳/医療事務)

女性が泣いていると、同情して、慰めてあげたくなってしまうという男性もいるようです。泣く=子どもっぽい行動と考えているのでしょうし、愛しい相手なら、自分より下の存在として大切にしなければいけないと思うのでしょう。

(3) もう怒るのは無理だと思う

「職場の部下が仕事でミスをして、かなり厳しく叱ったら、泣かれてしまいました。仕事で泣く女って、正直ずるいと思う。周囲から泣かせたところを見られたら、俺が悪いみたいだし、どうしようもなくなる」(Uさん・30歳/会社員)

泣く女性に対してかわいそうに思う人もいれば、当然イラっとくる人もいます。特に上司と部下のような関係では、厳しいことを言わなければいけないときもあり、それで泣かれてしまうと、平等にできなくなって困るでしょう。

(4)頭が真っ白になる

「この間、仕事の最中に同じ部署で働いている女性が泣くところを見た。何か事情があったみたいだけど、何て声をかけたらいいのかわからなくて、ただ頭が真っ白になった」(Oさん・30歳/IT企業勤務)

泣く女性を見ると、ただただ困惑してしまうという男性もいます。泣いてることを無視したほうがいいのか取り合ってあげたほうがいいのか、正解がわからず、見なければよかった……となるパターンです。

(5)申し訳なく思う

「彼女がデート中に突然泣き出したことがあります。自分に対して、ずっと不満を抱えていたみたいで。それが爆発しちゃったんです。僕は彼女が不満に感じていたなんて全然気づいてなくて、泣かれたときには、本当に申し訳なく思いました」(Uさん・29歳/会社員)

最愛の彼女が泣くのを見て、今まで気づかなかったことに気づかされたということもあります。彼女の涙は、泣くほど我慢をさせてしまったことを反省させるきっかけにもなるようです。

 

4:女からも反感!職場で泣く女のエピソード3つ

泣く女性に対して、同性からはどのように見られているのでしょうか? 職場で泣く女のエピソードを見ていきましょう。

(1)みんなしらけた

「職場で同僚がびっくりするくらい大きな声で泣き出しことがあります。上司に叱られたあと、相当反省したらしく、それを思い出したら涙がでてきちゃったみたいなんですけど。“うぇーーーーん”って感じでかなり大胆に泣いたんです。

最初はみんなちょっとだけ心配していたけど、なんか、いつまでも泣いてるから、しらけちゃって、泣くならどっか別のところで泣いてくれよって、うんざりしちゃいました」(Cさん・29歳/会社員)

(2)泣く前に仕事してほしい

「何かと泣く女が職場にいてすごく迷惑です。泣いている間は仕事にならないから、別の人が代わりに仕事をしなくちゃいけなくて……。繁忙期の忙しいときに泣かれると、本当に困るんで、彼女が泣かないようにするのも私たちの仕事の一部みたいになっちゃって……。給料をもらっているのだから、勤務中は泣かずに仕事してほしいです」(Hさん・26歳/飲食店勤務)

(3)泣けば済むと思ってる

「ミスが多い仕事仲間。いつも同じようなことで怒られているけど、そのたびにメソメソ泣くんです。そんなに難しいことじゃないんだから、泣くくらいつらいんなら、丁寧にやってミスをなくせばいいのに。泣けば済むと思っている気がしてなりません」(Jさん・30歳/派遣社員)

 

5:まとめ

泣く女性は、情緒的で感情豊かで、優しく素直でいい人の場合もありますが、「何か計算があって泣いているに違いない」と思われる場合も多いように感じます。

職場などでは、「泣くしか芸がない」なんて思われたくないもの。もっと違った自分の能力で注目される女性になりたいですね。