経験人数多すぎはダメなの?女子の経験人数に対する男性の本音を大調査

経験人数が多すぎることは、男性から見るとネガティブに働くのでしょうか。このあたりのホンネは、男性に直接聞きたくても聞けないテーマですし、そもそもどのくらいからが経験豊富なのかわかりにくいですよね。そこで『Menjoy!』が代わりに調べてきました。今回は、女子の経験人数に対する男性の本音をたっぷりお届けします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:やっぱり経験人数って気になる?

恋人ができたときに、やっぱり相手の経験人数って気になりますか?

相手のことを本気で好きになればなるほど、過去のことが気になってしまうのは、恋愛においてはよくあること。一部には処女願望が存在することを考慮すると、男性の中には、そのあたりに厳しいボーダーを設けていそうな気がしている女性もいるはず。

では、実際のところはどうなのでしょうか。調べてみました!

 

2:「女子の経験人数が気になりますか?」男性127人に聞きました

今回、『Menjoy!』では独自に20〜30代の男性を対象に、「女性の経験人数が気になるかどうか?」「経験人数何人以上だと、ドン引きしてしまうのか?」についてアンケート調査をしてみました。

まずは、経験人数にまつわる本音から見ていきましょう。

具体的には、20〜30代の未婚男性127名に「恋愛対象となる女性の経験人数は気になりますか?」と聞いたところ、結果は次のようになりました。

「気になる」・・・35.4%

「気にならない」・・・39.4%

「相手による」・・・25.2%

最多は「気にならない」ですが、かなりの僅差で「気になる」が次点に……。

気にする男性も、およそ3人に1人以上は存在するということを心得ておきたいところですね。

 

3:「女性の経験人数」に対する男性の本音5つ

続いては、女性の経験人数に対する、男性たちの本音をより深いところまでリサーチしていきます。男性たちにその想いを赤裸々に語ってもらいました。

(1)結婚を考える相手は気になる

「結婚を考える相手だったら、やっぱり過去のことはある程度気になりますね。

遊び人タイプの女の子だと、結婚後も浮気のリスクが高くなると思うんですよね。だから、人並みの経験人数だと安心します。

僕の場合には、経験そのものが気になるというよりも、その子の貞操観念を知るために、過去の経験人数を知りたいっていう感じです」(35歳男性/経営)

(2)自分より多いのはイヤだから過少申告してほしい

「こういう質問って、本人に直接聞いたって、本当のことを素直に申告してくれるとは思わないけれど、そこで聞いた数字が自分より多いとなると、かなりイヤですね。

経験豊富な女性を相手にエッチをするのは、なんだかんだで緊張しますし……。嘘でもいいから、過少申告してほしいです(笑)」(33歳男性/マスコミ)

(3)相手の女性が年下だと気になる

「俺は年上も年下もどっちでもOKなタイプなんですが、相手が年上だったら、過去の人数はまったく気になりません。

でも、相手が年下だと、どのくらいの経験値があるのか、興味もあって気になります。それで自分よりも人数が多かったら、ちょっとショックを受けちゃうかもしれないですね。

年上女性なら、自分よりも経験豊富でも当たり前、みたいな思い込みがあるのかもしれませんけど……」(37歳男性/サービス)

(4)本気で好きならば過去に嫉妬する

「本気で好きになった彼女の過去の人数は、すごく気になります。でも、そこまで本気じゃない彼女だったら、どうでもいいかなって感じです。

やっぱり、本気で好きになった子のことはなんでも知りたいって思うし、そうなると過去とはいえ、別の男の存在を知ると嫉妬もしちゃいますね。

自分でも厄介な感情だと思いますけど、これが素直な気持ちです」(37歳男性/スポーツ施設)

(5)あまり少ないのも困る

「経験人数があまり少ない女の子も、困りものだと思います。年齢なりには経験をしていてほしいっていうのが、僕の本音ですね。

エッチのテクニックとか慣れ具合なんかはこれっぽっちも気にならないですけど、経験人数が極端に少ない子って、いつかどこかでエッチに目覚めちゃって、変に開花しそうで怖いじゃないですか。

それで浮気とかに走られてもイヤだから、人並みに経験がある子のほうが安心して付き合えますね」(36歳男性/飲食)

 

4:男性が気になる「人数」のボーダーは?

ところで、いくら「経験人数は気にしない」と口にする男性でも、あまりにもその数が多ければ、気になってしまうのも心理ですよね。

そこで『Menjoy!』が先述のアンケートで、同じく127名の男性に「恋愛対象となる女性の“経験人数”が何人以上だと、ネガティブに感じますか?」と聞いた結果を見ていきます。

すると、もっとも回答が集まったのは「何人でも気にならない」の24.4%でした。具体的な人数のところで多かったのが「59人」で、全体の22.8%でした。それについで、「24人」でも気になるという男性が、16.5%。

さらに続いて「2030人」が15.7%、「1020人」が15.0%となりました。

基本的には気にならないという人が多数でしたが、それでも全体の2割。やはり、自分の想像を超える人数だった場合には気になってしまう……というのが、男性たちの偽らざる本音のようですね。

この記事を読んで、みなさんはどうやって自己申告するか、考えてもいいかもしれません。

✓ skyticketの格安航空券で年末はラブ旅に!