元彼と友達に戻るのはアリ?元彼と友達として付き合うメリットとデメリット

一度別れた彼と友達に戻れるかどうかって、女子の間ではよく話題になりますよね。元彼と友達に戻るとメリットもあるけれど、デメリットもつきもの。そこで今回は、経験談をもとに、元彼が友達に戻りたがる心理や、友達として付き合うときの注意点もあわせてご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
©gettyimages

1:元彼と友達に戻るのはありorなし?

元彼と友達に戻るのはアリなのでしょうか? それともなしなのでしょうか? 実際、女性がどう思っているのか、筆者周辺の20〜30代女性32人にアンケートを取ってみました。

「元彼と友達に戻るのはあり?なし?」

あり・・・12人(40%)

なし・・・20人(60%)

それぞれの理由はのちほどご紹介しますが、なしのほうが多いという結果になりました。実際、筆者の過去も遡って数えてみたところ、友達に戻った元彼のほうが少なかったです。ケンカ別れをしたり、自然消滅だったりして、別れたきり連絡を取ってない人がたくさん……。

相手と冷静に話して別れることって、意外に少ないのかもしれません。

 

2:友達になりたいと言われた!友達として付き合いたがる元彼の心理5つ

「友達になりたい」「戻りたい」という理由で、別れを告げてくる男性っていますよね。言葉どおりのまま受け止めてもいいのか悩みます。いったいどんな心理で言っているのか、復縁の可能性はあるのか、男性の意見をご紹介します。

(1)恋愛感情がなくなった

「5年ぐらい付き合って同棲もしてたら、彼女のことを正直にいって女性として見られなくなってしまったんです。結婚する気持ちもなかったから、仲のいい友達に戻ったほうが、彼女にとっても幸せだと思って。だから”友達に戻りたい”って言いました」(Mさん・30歳男性/スポーツインストラクター)

(2)友達のときのほうが楽しかった

「友達としての付き合いが長かったからか、いざ彼氏彼女として付き合ってみると、お互いギクシャクしてしまうように……。前の関係のほうがお互いにとっていいと思い、友達に戻れるかどうか話し合ったんです。ちょうど彼女も同じように思っていたようで、結果的には仲のいい友達の関係に戻れた」(Sさん・28歳男性/IT)

(3)距離を置きたい

「仕事が忙しいときに、疲れて彼女の相手ができなくなって”友達に戻りたい”と言ったことがありますね。落ち着いたらヨリを戻したいと思ってたから、自分はそんなに重く考えてなかったけど、彼女にはそれがうまく伝わらず、泣かれて大変でしたね」(Hさん・29歳男性/銀行員)

(4)キープしておきたい

「友達に戻れば連絡は取り合えるし、また復縁できる可能性がありますよね。他の子にアタックしてダメだったら、今の彼女に戻りってもいいかなと思っているし……。正直、キープするために”友達”という言葉を使っているだけなのかも」(Tさん・30歳男性/金融)

(5)別れてくれないから

「彼女に”別れよう”と言ったら、号泣されて”絶対別れたくない”と言われた。全然納得してもらえず、早く関係を終わらせたいがために”友達に戻ろう”と言った。でも正直、社交辞令というか……。早く別れてもらうための発言だった」(Dさん・30歳男性/コンサル)

 

3:友達として会うのもアリ?元彼と友達に戻るメリット5つ

元彼と友達に戻ることで、お互いにいいこともあります。ここからはメリットを5つご紹介します。

(1)いい相談相手になる

元彼ということで、付き合っていたときのように、いろんなことを相談しやすい相手ではあります。また、あなたのことをよく知っているため、的確なアドバイスをくれることも。相談相手としてはベストな人になるかもしれませんね。

(2)さみしくない

別れたばかりのときって、彼から連絡がパッタリ来なくなると別れを実感し、とてもさみしい気持ちがしてしまいますよね。自分から連絡したくても、なかなかすぐにはできません。しかし、友達に戻ることによって、相手から連絡が来ることもあれば、自分からも連絡をしやすく、別れたさみしさをまぎらわすことができます。

(3)信頼のおける男友達ができる

お互いに相手のことをよく知っている間柄ということで、人としての信頼関係はバツグンにあるはず。信頼できる友達がいるということは心強いもの。特に男友達は、一歩間違えると、恋愛関係に発展して関係が崩れてしまうことも多いですよね。でも一度付き合った相手ならそんなリスクは少ないと言えるでしょう。貴重な異性の友達になれる可能性は大きいかもしれませんね。

(4)ありのままの自分でいられる

別れてはしまったけど、ふと疲れたときに会いに行って、話を聞いてもらえるような、頼れる存在になることも。恋愛対象ではなくなったけど、気を遣わなくていいし、自分をさらけ出せる場所があるって、毎日の生活にとてもいい安心感をもたらしてくれますよね。

(5)復縁できる可能性がある

未練がある人は、友達に戻ることで、復縁のチャンスを狙うことも多いのだとか。ただし、連絡は取れるのに、これまでのような仲になれないことをもどかしく感じ、つらくなってしまう人もいるそうです。

 

4:友達にはなれない?元彼と友達に戻るデメリット5つ

では、友達に戻ることによるデメリットは何なのでしょうか。5つご紹介します。

(1)身体の関係になる可能性がある

友達に戻ることのデメリットでいちばん多かった意見が、身体の関係=セックスフレンドになってしまう可能性が高いということでした。これまでどおりに家を行き来してしまい、流れでキスやエッチをしてしまうことがあるのだとか。

あなたに未練があっても、相手にとっては都合のいい相手でしかない場合もあるので、傷つく前にそのような関係になることは避けましょう。そのため、会うときは家でなく、外にすることをオススメします。

(2)次の恋にいきづらい

もしあなたが元彼に未練がある場合、彼との復縁を期待して、なかなか次の恋にいけないということもあるでしょう。逆に彼があなたに未練がある場合は、友達として連絡を取っていたとしても、新しい相手を見つけようとすることを、うしろめたく感じてしまうこともあります。

(3)元彼の今カノに嫉妬してしまう

「友達に戻ろう」とお互いに納得して別れたんだけど、いざ元彼に新しい彼女ができると気になって、SNSで写真を見ては、嫉妬してる自分が……。これも女子の間ではあるあるの話題。SNSはいろんな友達とつながれて、楽しく便利ですが、ついこういった覗き見をしてしまいがちですよね。嫉妬してしまうようであれば、SNSのフォローは外しておくなど、自分で一線を引くことも大事です。

(4)復縁したくなる

連絡を取ったり、会ったりすることで「やっぱり好き!」という気持ちが生まれてしまうこともありますよね。彼も同じ気持ちであればいいのですが、一度別れると、なかなかお互い切り出せないということも多いです。もどかしく、つらい思いをしてしまうこともあるでしょう。

(5)新しい彼氏への説明がつかない

元彼とは仲のいい男友達としてうまくやれていても、あなたに新しい彼氏ができたとき、その彼に元彼の存在を説明するのは難しいことでしょう。どれだけやましいことがないとしても、今の彼にとって元彼は元彼。彼氏がイヤな思いをしてしまわないよう気をつけることが大事です。

 

5:復縁できる?元彼と友達として付き合うときの注意点5つ

ここからは元彼と友達としてやり直すとき、注意しておくべきことをご紹介します。

(1)頻繁に連絡は取らない

付き合っていたときのような頻度で、会ったりLINEをするのはやめておきましょう。「これじゃあ別れた意味ないじゃん」と思って、相手がイヤになってしまう可能性もあります。また、連絡を取れば取るほど、自分の中に元に戻りたいという思いが復活して、苦しくなることも。

(2)身体の関係は持たない

デメリットのところでもご紹介しましたが、身体の関係を持つのはやめておきましょう。お互いに未練があればあるほど、つらい思いをすることになります。

(3)恋愛相談は避ける

恋愛相談をできるのがメリットという人もいるのですが、筆者のまわりの男性から意見を聞いていると、「恋愛相談だけは避けてほしい」という人が多かったです。特に、男性のことを振ってしまった場合、友達に戻ったとしても、恋愛相談は避けたほうがベターでしょう。

(4)お互い未練がない状態で

どちらかに未練があると、友達としてうまくいかないことが多いようです。連絡を取ると、どこかで「まだ可能性があるかも」と思ってしまうものですよね。本当に友達として仲良くやっていきたいのであれば、お互い未練がないことをきちんと確認してから、友達になることをオススメします。

(5)過去の揉めごとは突き詰めない

筆者は友達に戻った元彼と、冗談で昔のケンカについて話したりすることがあります。笑い話で終わればいいのですが、たまに「あのときこうやって言ってたよね? 違ったっけ?」など、具体的な話を持ち出して突き詰めてしまうと、内緒にしていたことがバレて新たなケンカが勃発……なんていうことも。付き合っていたときの思い出話は、楽しかったことだけにとどめておきましょう。

 

6:まとめ

別れたとはいえ、一度は好きどうしで付き合った関係。できればお別れ後も昔のように仲のいい友達に戻れるなら戻りたいものですね。しかし、男女の関係はなかなか難しく、ひと筋縄ではいかないようです。

でもきっと友達としてうまくやっていける方法もあるはず。注意点も参考にして、お互いにとってより良い関係を築いてくださいね。