30歳女性のリアル!30代独身女性の特徴と結婚できない30歳への真剣アドバイス

今どきの30歳女性って、実態としてどんな感じだと思いますか? 「まだまだ若いのか大人なのか、結婚しているのが普通なのか、まだまだ現役感があって当たり前なのか……。世間で言われていることとリアルが違うことも。そこで今回は、30代独身女性のリアルな特徴や、結婚できない30歳女性に送る真剣アドバイスなど、ギュッと詰め込んでお届けします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
©gettyimages

1:30歳独身女性のリアルって?

今や「30歳で独身」な女性は、珍しい存在ではありません。それと同時に、30歳女性となると、周囲から大人として認識されていたのも、「30歳くらいだとまだまだ若手……」となっている実態もあります。

そんな今どきの30歳独身女性たちのリアルな生活が気になっているという人も多いのではないでしょうか。

 

2:正直怖い…彼氏なしの30代独身女性の特徴5つ

ひと口に「30代で独身」と言っても、お付き合いしているパートナーがいる人もいれば、いない人もいます。そこでまずは、彼氏がいない30代独身女性にありがちな特徴を5つ見ていきましょう。

(1)婚活に必死

彼氏が欲しいのにいない30代独身女性には、婚活に必死になりすぎている人も少なくありません。本人的には、結婚願望をそれほど表面に出していない場合でも、その焦りが滲み出ている人も多い傾向があります。

そのため、がっついている印象が強くなり、その圧力に男性が引いてしまう……というのも、ありがちな展開です。

(2)20代女性と張り合おうとする

自分の見た目にそこそこ自信がある30代女性には、やたら20代の女性と張り合おうとする人も珍しくありません。

以前とてもモテていたり、彼氏がいないことを恥ずかしいと思っていたりするタイプであれば、自分より若い女性を目の敵にし、張り合わないでいいところでも必死なってしまう傾向も強いですよね……。

(3)すぐにカラダの関係をもつ

「なんとしても、彼氏をつくりたい!」という気持ちが強すぎると、すぐに既成事実に持ち込もうとするのも、30代独身女性にありがちな傾向です。

30歳ともなれば、それほど出し惜しみしても仕方ないと考えるのか、「とりあえず、カラダの関係をもっておけば、その後の真剣交際に持ち込みやすい!」と考え、すぐに寝てしまう。

そんな自分を「もう子どもじゃないし……」などと正当化し、やたら経験人数ばかりが増えてしまう人も散見されます……。

(4)意外と恋愛経験が少ない

30代で「彼氏が欲しいのに、なぜかできない」とボヤく女性の中には、恋愛経験がそれほど多くないことが影響している人も少なくありません。

いい雰囲気になった相手との距離感がつかめず、友達以上恋人未満的な関係をズルズルと長く続けてしまっている人も、ちょうど30歳くらいの人には多かったりします。

(5)同世代の既婚女性を目の敵にする

「結婚とか、まだリアリティないわ~」と口にしつつ、同世代の既婚女性に対してついつい当たりが強くなってしまう人も、30代独身女性には決して珍しくありません。

表面には出さずとも、内心では結婚願望が強いので、それが無意識的に出てしまうのです。

 

3:30代…結婚できない女に送る真剣アドバイス5つ

「結婚したいのにできない」という気持ちは、誰彼構わずに相談できるものではありませんよね。

そこで、30代で「結婚できない……つらい」という自覚がある女性へ贈る、人生の先輩女性たちからの真剣アドバイスを5つご紹介します。

(1)良縁は必ずやってくるから焦らないこと

「まわりの友達が結婚すると、ものすごく焦るのがこの年代だと思います。

実際、私もそうでした。

でも、38歳で結婚した今となっては、良縁がくるタイミングは個人差があるし、誰もに良縁は必ずやってくるものだから、決して焦る必要はなかったんだとわかりました。

なので今、まわりの友人と比べて自分だけが遅れをとっていると感じていても、焦って妥協しないことをおすすめします」(43歳女性/翻訳)

(2)理想をいったん、全部捨てて

「私は、30代半ばで結婚しました。

結婚願望は20代から強かったほうですが、そのころは、なかなか思うように婚活が進みませんでしたね。

そんな私が結婚に至った転機は、自分が抱えていた理想をいったん全部捨てたことにあると思っています。

相手の年収とか出身大学とかへのこだわりを捨て、いろんな人とデートを重ねるようになってからしばらくして今の夫と出会い、そこからトントン拍子でゴールインできました。

独身時代に描いていた理想の条件って、実際の結婚生活とはあまり関係ない、上っ面だけの条件だったなって思います」(41歳女性/飲食)

(3)己をわきまえて

「彼が欲しいのにできないとか、結婚したいのにできないっていう人は、自分を過信して、過大評価しがちなのも事実だと思うんです。

だから、恋愛や婚活がうまくいかないって気がしたら、その時点で己を振り返って、きちんと自己分析することも大事ですよ」(38歳女性/専門職)

(4)結婚しても不幸な人はたくさんいる

「自分だけが独身だと、自分だけが不幸みたいに感じやすいじゃないですか。

でも、結婚したって不幸な人って、思っている以上にたくさんいます。

“隣の芝生は青い”っていうのは本当だと思うし、実際、30代前半で結婚した私だって、夫の浮気や借金、さらには姑との関係などに悩み続けています。

だから、結婚イコール幸せじゃないってことも、今のうちから肝に銘じておくといいと思います」(39歳女性/受付)

(5)結婚する目的をしっかりもって

「単に結婚したいって思っているだけじゃ、なかなかいい縁には恵まれないと痛感しました。

私も、37歳で初婚だったのでまわりにくらべて遅いほうでしたが、結婚できなかった理由を振り返ってみると、結婚への憧れが強すぎて、目的意識がなかったと思います。

どんな人と、どんな結婚生活を送りたいのかが明確じゃないと、なかなか結婚には至らないもの。

誰でもいいから結婚したい!なんて思っているうちは、失敗の連続だと思います」(44歳女性/パート)

 

4:30歳女性の実態調査! 年収・貯金・転職や結婚事情は?

(1)30歳女性の平均年収、手取りは?

転職サイト「DODA」が発表している「女性の平均年収ランキング 2018」によると、30代女性の平均年収は382万円。

手取りに換算すると、年収は約317万円で、月収にならすと約26万円になります。

(2)30歳女性の貯金額は?

同じく転職サイト「DODA」のリサーチによれば、30歳女性の平均の貯蓄額は、328万円とのことです。

(3)30歳を超えると女性は転職が厳しい?

一般的に「30歳を過ぎると、女性は転職が難しくなる」などとも言われやすいですが、実態としてはそこまでのキャリアによって明暗が分かれると言えるでしょう。

つまり、着実にキャリアを積んできた30代女性であれば、希望の条件や職種での転職がガンガンできているのも傾向です。

(4)30歳女性の結婚できる確率は?

30歳女性が結婚できる確率を、内閣府発表の「平成30年版 少子化社会対策白書」をもとに見てみると、30〜34歳女性は、およそ3人に1人にあたる34.6%が未婚とのこと。

逆に言うと、3人にふたりは既婚。30代前半までに結婚できる確率は、全体の約3/2弱ということになります。

(5)30代で結婚できない…独身・彼氏なしの30代女性が増えている?

婚活市場の盛り上がりを見ると、30代で結婚できない女性は増加しているイメージもありますが、同じく「平成30年版 少子化社会対策白書」によると、30代前半女性の未婚率は、2010(平成22)年国勢調査)から、おおむね横ばいとのこと。

つまり、特別に「増えている」というわけではなさそうです。

 

5:30歳女性のOKファッションとNGファッション

女性は、年齢によっても「似合う服」が異なりますよね。

実際、30歳になったのを機に「ファッションを変えよう!」とイメチェンする女性も少なくありません。

世間の一般的な“目”としては「30歳なら、20代よりも落ち着きのある上品なファッション」に対しては好意的な評価をしやすい一方で、10代や20代女性が好むような装いをしている30歳に対しては「痛々しい」「安っぽい」などと評価されやすいでしょう。

また流行り物だからかわいく見える、ということも、20代後半ごろから減っていくので、ますます自分に似合うものを見極める必要があります。

 

6:悩める男性必見!30歳女性が喜ぶ誕生日プレゼント5選

さて、30歳の女性にプレゼントを贈るとなると、悩んでしまう男性もいますよね。そこで、30歳の女性に贈ると喜ばれやすいプレゼントを5選ご紹介します。

(1)30本の薔薇の花束

年齢の数だけの薔薇の花束をプレゼントされると、喜ぶ女性は多いです。

特に30歳など、キリのいい数字の年齢になったときに、その数だけの薔薇をもらうと、ロマンティックなムードと相まって、思い出に残るプレゼントになるでしょう。

(2)ハイブランドの小物

30歳は、すでに“いいもの”を使っていても不思議ではない年代に入っています。なので、ハイブランドの小物も背伸びせずに愛用できる年ごろ。

ハイブランドの中でも、比較的手ごろで毎日持てるパスケースや小銭入れ、カードケースなど、ちょっとした小物をセレクトすると喜ばれやすいです。

(3)本物のジュエリー

30代になると、イミテーションではなく、小さくても本物のジュエリーを集め始める人も多くなります。

18金や24金、プラチナなどのチェーンアイテムや、台座にダイヤモンドなどの宝石があしらわれたネックレスや指輪など、本物のジュエリーのプレゼントは、長く使える点でも魅力的です。

(4)日常使いできる“ホンモノ”の小物

ボールペンやメモパッドなどの日常で使う小物を、“良質なもの”を基準に選んでプレゼントするのも、喜ばれやすいでしょう。

上質なレザーを使った老舗ブランドのステーショナリーや伝統あるブランドの万年筆、ハイブランドのメモケースなどは「もらうと嬉しい!」と感じる女性も多い小物です。

(5)高級食器

自宅で使う食器類も、いいものを選びたいと考える人が増える年代です。なので、ちょっといい食器をプレゼントするというのもおすすめです。

日本の老舗の食器ブランドの和食器や、海外の歴史と伝統ある洋食器などは「自分では買わないけど、プレゼントされたら嬉しい」と思っている30代女性は多いでしょう。

 

7:女性の「30歳」は大人の一歩を踏み出した年齢!?

晩婚化が進んでいる昨今では、30代でも独身でいることはまったく珍しいことではなく、そのため、20代のころとさほど変わらないライフスタイルを送っている人も多い印象です。

しかし30歳は同時に、世間の見る目も変わる、過渡期のような年代。そういった意味では「大人の一歩を踏み出した」と言えるお年ごろでもあるのかもしれません。

 

【参考】

女性の平均年収ランキング 2018 年齢別 – ウーマン・キャリア

年齢別の貯蓄額データ一覧 – DODA

平成30年版 少子化社会対策白書 – 内閣府

✓ skyticketの格安航空券で年末はラブ旅に!