結婚式のヒールにもマナーがある!結婚式にふさわしいおすすめパンプス5選

おめでたい結婚式。参加するのも楽しいですよね。でも、きちんとお祝いするにはマナーも大切。特にファッションに関するマナーは、うっかり間違って認識していることもありますよね。そこで今回は結婚式の靴、特にヒールに関わるマナーなどをご紹介します。結婚式にふさわしいパンプスもご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね♡
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:結婚式のヒール靴は安く手に入れたい!

結婚式のヒール靴。その日のドレスに合わせて購入することもあるので、結局1~2回程度しか使わなかった……なんてことも、よくある話。どうしても使用頻度が少なくなってしまうこともことを考えると、安く購入しようと考えるのもあり!

最近ではインターネット通販などでも、安くてもかわいい靴がたくさん販売されていますし、マナーをしっかりと守れば安い靴でも問題なし!

それでも「おしゃれは足元からっていうし、安い靴はちょっと……」という人は、シンプルデザインの上質な靴を購入して、結婚式以外でも幅広く活用するようにすれば、勿体なくないでしょう!

 

2:ヒールなしは?太いヒールは?ストラップ付きは?結婚式のヒール靴のマナー5つ

上質な靴でも、プチプラな靴を購入するにしても、マナーはしっかりと押さえておかなければいけません。ヒールのない靴でもいいのか? 太いヒールはアリなのか? ストラップつきはNGなの?などなど、結婚式のヒール靴に関する疑問は意外とたくさんあるものです。

(1)ヒールの高さは?

まず、気になるヒールの高さですが、少なくとも3センチ以上はあったほうがいいとされています。結婚式というのはフォーマルな場所なので、フラットなものは避けましょう。

反対にヒールが高い分には問題ありませんが、履きなれていないと美しく歩くことが難しくなりますし、疲れてしまって座席の下で靴を脱ぐ……なんてことになりかねないので注意が必要です。

(2)ヒールの太さは?

結婚式という場にふさわしいエレガントな印象を引き立てるなら、細いヒールがおすすめです。

太いチャンキーヒールは歩きやすいですし、高いヒールのものもありますが、フォーマルかどうかという視点では、やはりカジュアルなアイテム。格式の高い結婚式場などでは避けるべきでしょう。

(3)素材は?

おめでたい結婚式の場では「殺生」をイメージしてしまうような素材は避けるのがマナーになっています。動物を明らかに連想するようなゼブラやレオパードなどのアニマル柄や、クロコダイルやパイソン素材は避けましょう。

おすすめはエナメル、シルクなどの素材や、スパンコールをあしらったものなど。クラシックでエレガントな雰囲気のシューズが、結婚式にぴったり合うでしょう♡

(4)オープントゥはNG

つま先が空いたオープントゥのパンプスは、結婚式ではマナー違反とされています。華やかですてきなデザインのものでも、結婚式でははいていくのを控えましょう。

(5)ストラップつきはOK

足首の部分などにストラップが付いているデザインのパンプスはOK! 特に細いストラップは上品なイメージをつくることもできるので、結婚式の装いには合わせやすいでしょう。

 

3:ストラップ付きやスエードがいいの?結婚式のおすすめパンプス5つ

ではマナーを守ったうえで、具体的にどのようなヒールがいいのでしょうか。おすすめのパンプスを5つピックアップしてみました!

(1)ストラップパンプス

View this post on Instagram

 

RANDAさん(@randa_pic)がシェアした投稿

前述したように、ストラップ付きのヒールはマナーの観点でもOKとされています。ストラップがあることで足への負担が軽減されるなどのメリットもあるので、普段ヒールを履き慣れていないという人にもおすすめです。

(2)黒ヒールパンプス

View this post on Instagram

 

DIANA(ダイアナ)さん(@dianashoespress)がシェアした投稿


結婚式のヒールに黒を選ぶことは、問題ありません。結婚式用だけにヒールを買うのがもったいない、普段も履けるヒールが欲しいという人には、黒のシンプルなヒール靴をおすすめします。

(3)シューズクリップつきパンプス

View this post on Instagram

 

RANDAさん(@randa_pic)がシェアした投稿

ビジューやリボンなど、華やかなシューズクリップがワンポイントになったシューズももおすすめです。合わせるドレスによってシューズクリップを付け替えることもできますし、普段は外して使うこともできるので、デイリー使いもしやすいかも。

(4)サテンパンプス

View this post on Instagram

 

Add a fashionable edge to a classic pump with our LOVE heels in denim glitter #JimmyChoo

Jimmy Chooさん(@jimmychoo)がシェアした投稿 –

マナーに関する心配のない王道タイプを狙うなら、サテン素材のものがいちばんいいでしょう。光沢のある素材なのでどんなドレスにも合わせやすく、足元から結婚式にふさわしいエレガントさを演出することができます。

(5)パール付きパンプス

View this post on Instagram

 

Manolo Blahnikさん(@manoloblahnikhq)がシェアした投稿

女性らしさを引き立ててくれるだけでなく、結婚式の幸せな雰囲気にもマッチしやすいパール。ドレスに合わせるアクセサリーとしても王道なので、顔まわりにもパールを散りばめて、足元とリンクさせてもすてきですね。

 

4:結婚式にラメ入りストッキングはアリ?覚えておきたい結婚式のルールと考え方3つ

ヒール以外にも、結婚式に参加する際のマナーは細かくいろいろとありますよね。その中でも基本的なことを3つご紹介します!

(1)ラメ入りストッキングはOKだけど主役はあくまで新郎新婦

服装のマナーを考えるときに、まずは結婚式の主役は新郎新婦だということを意識しましょう。

例えば、ラメ入りストッキング自体はOKですが、あまりに派手すぎる華美なものは避けたほうが無難。なるべくシンプルなものを選ぶようにしましょう。ゲストとして、新郎新婦という主役の華やかさを引き立てる役に徹しましょう。

(2)白いドレスは花嫁の特権だからNG

純白のウエディングドレスは本当に美しいもの。だからこそ、結婚式において白いドレスは、花嫁だけの特権です! ゲストの白いドレスは絶対にNG。

また薄いベージュや薄いピンク色など、一見、白色と見間違うような色のドレスも避けたほうが無難です。

(3)遅刻はNG!ファッションも大事だけど時間管理はもっと大事

結婚式に遅れてしまうのは絶対にNGです。いき慣れない場所だからと迷子になったり、ちょっとくらい大丈夫だろうという気の緩みからの遅刻だったりは、意外とありがちなマナー違反。

招待してくれた新郎新婦の大切な大切な結婚式ですので、時間に余裕を持って参加しましょう。

 

5:まとめ

結婚式はマナーを守ったうえで、思いっきりおしゃれして、大切な相手を祝ってあげましょう。足元を飾るヒールにも手を抜かずに、素敵なお祝いファッションを完成させるのがベストですよね♡