年の差夫婦って幸せなの?年の差婚をした男性や女性の後悔エピソード

好きになった人が年上または年下というのは珍しくないことですが、そうなると頭に浮かぶのは、価値観の違いや考え方が自分と合うかどうかですよね。でも世にいう「年の差婚」というのは、何歳差からその対象になるのか、イマイチわかりませんよね。そこで今回は、そんな年の差夫婦についてお話していきます! 年の差婚をして後悔した男女のエピソードも集めました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
©gettyimages

1:何歳差から年の差婚っていうの?

年の差婚と聞くと、あなたはどれくらいの差を想像しますか? 5歳違いやひとまわり以上と、人によって感覚はそれぞれですが、筆者の周辺の男女にアンケート調査を実施したところ、年の差で認識されているのは、「10歳差から」と答えた人が8割を占めました。

年の差婚のイメージとしては、10歳以上年齢が離れているカップルというのが、一般的な認識なのかもしれませんね。

 

2:年の差婚をして後悔…男性の後悔とがっかりエピソード5つ

年の差を乗り越えて結婚に至ったものの、その後、苦労してしまう夫婦もいるようです。ここでは年の離れた妻にがっかりしてしまった男性たちのエピソードをご紹介していきます。

(1)考え方の違いが多く疲れる

「年下の妻はまだ遊びたい年ごろなのもわかるし、周りに独身の友達も多いので、夜に出歩くことが多いです。

自分も若いときはそうだったし、わかってあげたい気持ちはありますが、やっぱり自分が帰ったときに、家に誰もいないのは寂しいものです。朝方になって帰ってくるなんてこともありますから、もう少し夫に配慮するべきなのでは……と思うことがありますね」(Aさん・40代男性/会社員)

夜に出歩く妻……夫の立場からしたら、もちろんいい顔ばかりはできません。しかし、今しかない時間を楽しく過ごしたい年下妻からすれば、理解してほしいことなのかもしれませんね。話し合ってお互いの妥協点を見つける必要がありそうです。

(2)将来のことでもめることが多い

「妻は僕より年下で、子どもが欲しいと言いますが、僕はもう50を過ぎたので、教育費や子育てのことを考えると、このままふたりで仲良くしていければいいと思っています。

そこに対する意見の違いからたびらび衝突しますが、結局、いつも結論がでないままなので、また同じ話題でケンカを繰り返すことになり、正直つらいですね」(Bさん・50代男性/営業)

将来設計については、特にすれ違いが起こりやすいと言われる年の差婚。年が離れているからこそ、そこでお互いの意見をすり合わせるのが難しいようですね。

(3)夜の生活での不満が多い

「10歳上の妻と普段はとても仲良しなのですが、いかんせん夜の生活が少なく、自分はモンモンとしています。彼女からは“そういうことをしなくても、好きでいてくれるだけで満足”と言われるのですが、こちらとしてはまだまだ妻と仲良くしたいので、このままセックスレスになってしまわないかが不安です」(Cさん・30代男性/介護)

体のつながりよりも、心のつながりを求めているパートナーに対して、あまり求めすぎてしまうのは関係に亀裂が入る原因にもなります。また、なかなかハッキリと話題に出せずにいる年下のパートナーも多いようです。

(4)パートナーが何もできない

「妻は8つ年下なのですが、家事能力が低く、取り組む様子もありません。自分は独身生活が長かったのである程度のことはできてしまうのですが、それがいけないのか、妻が自分から家事をする姿を見たのは、結婚してから数えるほどです。

家事は女性の仕事とは言いませんが、まったく家事をしようとしない姿を見ると、結婚を後悔するときがありますね」(Dさん・40代男性/公務員)

夫の家事スキルが高ければ女性の気持ちは楽になるものです。しかし、だからといって任せっきりになれば、不満も募ることでしょう。一緒に生活しているわけですがから、お互いに協力しあう姿勢が大事なのではないでしょうか。

(5)新しいこと、ものなどに否定的

「12歳上の妻は、新しい物事への抵抗感が強く、僕が生活に取り入れようとするとあまりいい顔をしません。生活を便利にするために、新しい商品やサービスを取り入れようとすると、“わたしはそういうの無理だから、○○くんがいいとおもうならそうすれば?”なんて、知ろうともせずに丸投げ。

確かに新しいものを取り入れたり、覚えたりするのって最初は大変だけど、便利なものだからこそ生活に取り入れたいと思うのに……と悲しくなります」(Eさん・20代男性/飲食)

新しいものはわからないから無理!と、最初からつっぱねてしまう行動はもったいないですよね。それを取り入れることで、今よりもっと生活が向上するかもしれません。

しかし歳の差があると、そこにも考え方の違いがうまれるのかもしれませんね。

 

3:子供や年金のことも……年の差夫婦の実態が分かるブログ5つ

彼と年の差婚をするとしたら、結婚後、どんなことで悩んだり不安になったりするのでしょう。そんな疑問を感じたときに助けになるのが、年の差婚をテーマにブログを綴っている先輩たちの存在です。ここでは年の差夫婦のブログを紹介します!

(1)39歳 3週間で10歳年下と再々婚→40歳妊娠中 【こちらアキラです。】

10歳年下の夫との結婚生活や不妊治療など、年の差婚にまつわるできごとを綴っています。

結婚するまでの婚活話や恋愛のハウツーなどもテーマ別に紹介されていますので、どんな人でも役に立つような幅広い情報を得ることができます。

(2)ネコノラ通信web

20歳以上も年上の夫との共同生活の中で起こったことを、イラストや漫画で紹介しているブログです。

夫の機嫌が悪いときの対処法をかわいいネコのイラストで表現しているなど見せ方がとてもすてきで、文字で読む以上の面白さを感じられるのが特徴!

(3)20歳差”事実婚”夫婦のくだらない毎日

20歳差の事実婚をした夫婦の話が綴られているのが、こちらのブログ。

子どもを授かることについての葛藤や夫との意見や考え方の違いについて悩む姿や、夫の家族から一緒にいることを反対されていたエピソードなど、リアルな悩みが赤裸々に紹介されています。

(4)DARA@YOME

年の差に悩む女性が背中を押してもらえるブログがこちら。運営者は17歳年上の夫と結婚。「自分が考える年の差婚とは……」といったテーマなど、本音を語った記事が参考になります。

また入籍までのエピソードもかわいいイラストで表現されており、ほっこりするような夫婦の話を楽しむことも。

(5)目指せ金婚家族

ひとまわり以上年の差がある夫との日常を描いたブログ。思わず吹き出してしまうエピソードの数々は、読めば元気になること間違いなし!

年の差ならではのジェネレーションギャップを感じたエピソードや、子育て中のエピソードなどが、かなり面白く綴られています。

 

4:年の差があっても仲良し夫婦!堂々とラブラブちゃえ♡

年の差夫婦って幸せなの? 前途多難なのでは? そんなふうに不安を感じてしまう人もいると思います。確かに年齢が違えば、考え方の違いなどで悩んでしまうこともあるでしょう。

しかし、年の差があっても仲良くすごしている夫婦がたくさんいるのもまた事実。夫婦なのですから、お互い不安に思っていることを話し合い、答えを導き出せるのが共に生きていける秘訣なのではないでしょうか。

 

【参考】

39歳 3週間で10歳年下と再々婚→40歳妊娠中 【こちらアキラです。】

20歳差”事実婚”夫婦のくだらない毎日

ネコノラ通信web

DARA@YOME

目指せ金婚家族