バツイチ男性が求める女性は?バツイチ男性が選ぶ女性の特徴と脈ありサイン

唐突ですが、あなたにとって「バツイチ男性」は恋愛対象ですか? 「YES!」ならば、彼らの生態をよく理解することが、恋愛上手になる近道にあるでしょう。そこで今回は、バツイチ男性が求める女性の特徴、さらに恋に臆病になっている彼らの独特の脈ありサインなど、バツイチ男性の恋愛傾向について、徹底特集してまいります!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:バツイチ男性は恋愛対象になる?

独身女子のみなさん。みなさんにとって「バツイチ男性」は恋愛対象ですか? それとも「婚歴がある」というだけで恋愛対象外でしょうか?

今回、筆者がランダムに選んだ20〜40代の女性10人に「バツイチ男性は恋愛対象になるかどうか」という質問をぶつけてみました。

すると結果は「なる」と答えたのが9人で圧倒的に多く、「ならない」と答えのはたったの1名という結果に。

ちなみに「ならない」と答えた女性は、20代半ば。周囲に婚歴のある独身者が少ないことも影響しているのかもしれません。

 

2:バツイチ男性が求める女性の特徴7つ

「離婚歴があるからこその包容力がある」ともいわれるバツイチ男性。一部の女性からは絶大な人気を誇るのも現実です。

そこで、バツイチ男性が求める女性の特徴を7つご紹介します。

(1)過去に対して不必要に嫉妬しない

過去、つまり以前の結婚相手や子どもがいる場合に、元妻や離れて暮らす子どもなどに対して嫉妬心をむき出しにされてしまうと、交際は困難を極めてしまうでしょう。

そのため、バツイチ男性は自分の過去に対して嫉妬しないタイプの女性を求める傾向があります。

(2)精神的に自立している

精神年齢が低いような女性の場合、それなりの修羅場を経験してきている離婚歴のある男性とは、価値観において大きな差が生じてしまいます。

精神的に自立している女性でなければ対等な関係をなかなか築きにくく、そういった女性を求める傾向が強いでしょう。

(3)浮気をしない

過去の離婚の理由がなんであれ、バツイチ男性は「次に結婚するなら、絶対に離婚したくない」と考えている人が多いです。

ですので、浮気をするリスクがありそうな女性は、無意識に恋愛候補から外して考えるでしょう。「この人は、絶対に浮気しないだろう」と確信をもつことができて、信頼できる相手を選びたがります。

(4)包容力がある

自分をまるっと受け止めてくれるだけの包容力がある女性を求めがちなのも、バツイチ男性における傾向のひとつです。

これは「過去を受け入れてくれる」という意味だけでなく、以前の結婚生活で妻にガミガミと言われていた男性の場合には、「もう口うるさい女はコリゴリ」と思っているケースもあります。

(5)過去を尊重してくれる

過去を認めるだけでなく、尊重するところまで達観している女性には、安心して心を開きやすいのでしょう。「今のあなたを作り上げたのは、過去だから」というレベルまで自分の過去に配慮してくれる女性に対して、好意をもつというバツイチ男性は多いです。

(6)経済的に自立している

お金目当てで「結婚して!」と迫ってくる女性とは、結婚を前提に交際したくないと考えているバツイチ男性は多いです。離婚を経験していると、お金のトラブルがあったり、慰謝料や養育費を抱えているケースも。

そのため、ともに生活をしていくという点でも、経済的にある程度自立をしていている女性のほうが好まれる傾向にあります。

(7)あらゆる面での相性がいい

1回目の結婚を失敗だったと感じている男性ほど、離婚後に選ぶ女性には、価値観を重視する傾向も強いです。

その影響から、性格や価値観、さらにはセックスなど、あらゆる相性をチェックして、「この人とは、相性が良さそうだ」と感じた相手を選びたがる男性も珍しくありません。

 

3:バツイチ男性からのアプローチは?バツイチ男性の脈ありサイン5つ

バツイチ男性の中には、過去を引きずっていて恋愛に臆病になってしまっている人もいます。しかし離婚歴があるからこそ、次の結婚で幸せになろう!と恋愛に意欲的なタイプもいます。

そこで、バツイチ男性が出しがちな脈ありサインを5つご紹介します。

(1)次の結婚に意欲的な発言をする

「俺、バツイチだけど、また結婚はしたいと思っているんだよね」など、次の結婚に向けて意欲があると受け取れる発言をするのは、脈ありサインと考えていいでしょう。

離婚歴があるせいで「この人はもう結婚する気はないのだろうな」と誤解されるのを避けるために、気になる女性の前であえてこういった発言をする男性は少なくありません。

(2)過去の結婚について赤裸々に語る

「以前の離婚原因は○○でさ……」などと、過去の結婚や離婚の原因について赤裸々に語り出すのも、脈ありサインである可能性があります。

一般的に男性は、プライドが高いと言われていますが、離婚という極めてプライベートな部分を自発的にさらけ出そうとするのは、目の前の女性への好意があるからであると考えていいでしょう。

(3)家族の話をする

「親は〜」や「俺の弟がさ」などと、家族の話をしてくるのも好意があるサインと見ていいでしょう。

バツイチ男性に限らず、プライベートな部分をさらけ出すのは、男性が出す脈ありサインの典型。

バツイチ男性の場合には、過去に失敗しているだけに、そのガードがさらに硬くなるのが一般的です。それなのに家族の話をしてくるということは、脈ありだからこその言動と見ていいでしょう。

(4)前妻の悪口をいう

一度は生涯の愛を誓った相手の悪口をいうのは、人としてどうなのか……という話はさておいて、前妻の悪口を話し出すのは、バツイチ男性が発する脈ありのサインであるケースもあります

ここには「そんなダメな女を選んだ俺はダメ人間だけど、君から見て、どうかな?」という心理が隠されていたり「前妻にひどい目にあわされた僕を、君なら癒してくれるよね」という期待が込められていることが少なくありません。

(5)結婚願望の有無について尋ねる

バツイチ男性が「結婚願望はあるの?」と聞いてくる場合には、脈ありサインと判断していいパターンも多いです。

この質問をしてくる背景には、これからお付き合いに発展した場合、その後のことを考えている男性が多いため。多少なりとも好意のある女性には、そもそも結婚したいのかどうか、意思を確認しておきたくなる男性が多いです。

 

4:バツイチ男性の心理は複雑…バツイチ男性が再婚を決意するきっかけ5つ

バツイチ男性が再婚を決意するときには、初婚のときよりも大きな勇気が必要だとも言われています。そこで、再婚をしているバツイチ男性たちに再婚を決意したキッカケを聞いてみました!

(1)「今度は大丈夫」と確信があったから

「初婚のときには、互いに適齢期だったということもあって、それほど深く考えていなかったんです。で、前妻に外堀を埋められる形で結婚をしました。

でも結果として失敗しているので、次に結婚するなら、自分から結婚したいと思える人としたいって決めていたんです。

今の妻には、僕から猛アプローチして、さらに結婚も僕がどうしてもしたくて、お願いしたって感じ。なので、“今度は大丈夫”って確信があります」(39歳男性/不動産)

(2)子どもが欲しくて

「子どもが欲しくなり、再婚しました。

以前の結婚時から子どもは欲しかったんですが、妻が“出産すると体型が崩れるから、絶対にイヤだ”と譲らず、そのせいで離婚に至ったという感じです。

なので、子ども好きで、早く自分の子どもが欲しい!って言っていた今の妻とは、交際初期のころから“この子と人生を立て直そう”と思うことができました」(35歳男性/経営)

(3)親が気に入ってくれた

「お恥ずかしながら、以前の結婚相手は、親を含む親戚中から評価が最悪だったんです。振り返ると、結婚するってなったときも、多少の反対はあったんですよね。それを無視して結婚して、結局は離婚してしまって……。

ところが、今の彼女を親に合わせたら、最初からすごく気に入っている様子だったんです。それが直接的な理由となり、“この人と再婚しよう”って決断しました」(43歳男性/地方公務員)

(4)養育費の支払いに深い理解がある

「過去の結婚で子どもがふたりいて、今、養育費の負担がそれなりにあります。だから交際には至っても、いざ結婚となると、養育費を払っていることにイヤな顔をする女性も少なくなかったんですよね。

でも、今の奥さんはイヤな顔ひとつせず、“人の親なんだから当然”といってくれたし、そのうえ、“何かの事情で払えなくなったら、私が代わりに払ってもいい”とまで言ってくれたんです。

そこまで理解を示してくれる女性は稀だろうと感じ、すぐさまプロポーズをして、再婚しました」(45歳男性/製造)

(5)自分を成長させてくれる相手だと思った

「離婚をしたことで自分に自信を失いつつあったときに出会ったのが、今の妻です。

うだつの上がらなかった僕を一生懸命に励ましてくれて、僕の気分を必死で前向きにするよう、そばで支えてくれたんです。

そんな彼女と一緒にいるうちに、“この人といたら、僕は成長できそうだ”と感じ、再婚を決めました」(40歳男性/飲食)

 

5:初婚女性がバツイチ男性と付き合う前に確認しておくべきこと

『Menjoy!』過去記事「バツイチ男性と真剣交際!の前に絶対確認しておくべきこと5つ」によると、バツイチ男性と結婚するときには、交際前に確認しておいたほうがいいこともあるとのこと。

子どもがいる場合には、子どもとの面会や養育費について。また子どもがいない場合でも、お金や財産に関連することや、離婚の理由などがこれに当たります。

また、婚姻していた期間や離婚の時期も聞いておくことにより、慰謝料請求や財産分与、年金分割の時効が成立しているか否かの確認もできます。お金のことはとても大事なこと。結婚を決める前に確認しておくほうが賢明でしょう。

 

6:バツイチ男性はモテる!

「婚歴のある男性はイヤ」と、バツイチと知るとすぐさま恋愛候補から外す女性もゼロではありません。

しかし一般的には、バツイチ男性にはモテる人が多い!

過去の結婚や離婚により、男性としての経験値が上がり、深みのある人間性に成長していることも、多くの女性を惹きつける理由のひとつなのではないでしょうか。

そして、そんなモテ男であるバツイチ男性との真剣交際を狙っているならば、彼らの過去や今の心情に配慮を怠らないことが、いい関係を築いていく秘訣にもなるでしょう。