女叩きする男の理由と心理!よくある女叩きとリアルで見た体験談

ネットや現実の世界でもたびたび起こる女叩き。ときには炎上することもあるこの「女叩き」というものは、一体どんな心理状態で、またはどんな理由で起こるのでしょうか。そこで今回は、女叩きについて、特に男性が「女叩き」に走る心理的理由と、現実社会で起こった女叩きの体験談も含めて、まとめてみました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:女叩きって? 2chには女叩きまとめも…

女叩きとは、現実社会やインターネット上で、女性のことを敵視したり、軽視したりしたような発言をすることです。何か事件や問題が起きたときに、特定の人物ではなく、女性全体に原因があるような決めつけをしたり、ことさらにその性差に言及したりして貶める人たちがいます。

特に、インターネット上ではそれが盛んで、匿名であることをいいことに、SNSなどで差別的な発言をしたり、わざと炎上させようと過激に女性を攻撃したりする人も。自分の心の中に秘めた思いをぶつけているのです。

また、インターネット巨大掲示板の2ちゃんねるには、「女叩きまとめ」というスレッドも。ここではいつも、女性を対象にひどい発言をしている人がたくさんいるのです。女性の立場からしてみると、悲しいような情けないような話ですね。

 

2:女叩きする男の理由・心理7つ

では、なぜ女叩きをするのでしょうか? 一般的に言われている理由や心理を見ていきましょう。

(1)社会的地位を女性に奪われたから

女叩きをする人は、女性に対して何かしらの不満を女性に抱えています。例えば同じ職場で、とある女性が自分よりも高い地位に昇進した場合。その女性と自分との能力の差がそれほど大きくないと思っていた場合、「女性だから優遇されている」という不満につながり、女叩きをするきっかけになっている場合もあります。

本人にその不満をぶつけるのも理不尽ということをわかっていながら、心の中のモヤモヤした気持ちのぶつける先がなく、女叩きという行動を起こしている場合もあります。

(2)女性が苦手だから

女性のことが苦手で、日常的に接することにストレスを感じている人もいます。例えば、学生時代や職場にも女性がいなく、その免疫がないことなどで、女性に対して過剰な防衛本能が働き、気に入らないことがあると女叩きという形で現れてしまうのです。

実際は、もっと仲良くなりたかったり、親しく接したいという想いがあったりするのですが、それが上手にできないことから、女叩きに走ってしまうのです。

(3)女性に相手にされないから

女叩きをする人は、現実の世界では女性に相手にされない人が多いとも考えられます。

好きな人に相手にされずに悔しい思いを味わったり、「キモい」などとからかわれた経験をもっていたり……。今まで女性に受け止めてもらえずに積もった不満やストレスを、女叩きをすることで発散しているのです。

(4)女性と接点がないから

女叩きをする人は、女性と接点がないために、女性がどんな考え方をして、行動をしているのかを理解していない人が多いです。話したこともなく、想像上で勝手に作り上げた女性像と比較し、その思い込みによって女叩きの発言を繰り返している場合もあります。

歪んだ女性の理想像を掲げ、好き勝手に女叩きをしていることも考えられます。

(5)インターネット上に女叩きしやすい場所があるから

女性を悪く言いたい人と、それをのぞき見て楽しみたい人が集まる場が、アクセスしやすいネット上にあることも、女叩きを助長している原因のひとつでしょう。自分から女叩きの発言はしなくても、誰かが発言をしているのを楽しんでいる人はたくさんいます。

女叩きをすることで、同じようなストレスや不満を発散したい人が集まることを期待していて、つながりを持ちたいと思っているのかもしれません。

(6)注目されたいから

自分の存在価値を見い出すために、過激な女叩きをする人は、そういった発言をすることによって注目を集めたいと思っています。

仕事やプライベートなこと、自分の能力で褒められることがなく、誰かを批判することによってしか誰かの注目を集められないのです。

(7)ストレス発散したいから

何も趣味がなく、毎日楽しいこともなく、日頃のストレスが溜まっている人の中には、女叩きをすることによって、ストレス発散している人もいます。

女叩きは上から目線で批判し、自分のほうが優れてるのだという優越感を得られます。実際にそうであるかどうかは関係なく、ストレスのはけ口にしている人もいます。

 

4:女叩きをリアルで見た体験談3つ

続いて、実際に女叩きをリアルで見た人の話を紹介します。みなさん、どんな風に感じているのでしょうか。

(1)周りに人がいなくなった

「仲良しの男友達だったのに、女叩きを急にし始めたヤツがいました。

彼女がずっとできなくて、こじれてしまったようなのですが、自ら女性を攻撃することで、自分がモテないことを正当化したり、“だから俺はモテなくても仕方ない”っていう理由をつくっているみたいなんです。

僕はそんなモテなさそうな思想に付き合っている時間はないので、最近は疎遠になってしまいましたね。女性が近寄らないのは当然ですが、僕みたいに、男も近づかなくなっているようですよ」(Aさん・30歳男性/会社員)

(2)職場で差別する

「職場の上司は、あからさまに男性と女性に差をつけて評価していますね。飲み会にも“なんかあってセクハラとか言われたらたまらない”とか言って誘わないし、ミーティングの連絡もわざと伝えなくて、あったことすら教えてないこともあります。

しかも職場では女性社員がミスしたり、気に入らないことがあると、”だから女は使えないんだ”って大声で言っていたりして。あれは女叩きだと思うし、そのうちパワハラで刺されるんじゃないかってウワサです」(Yさん・27歳/派遣社員)

(3) 言い合いになった

「旧友たちと飲んでいるとき、ひとりが”女の人生って楽でいいよな”って急に言い出して。”男が女に求めるものは処女性、顔が並以上、家事ができるかどうかだろ。そんなの余裕でできるじゃん。女は結婚するまでが勝負だからいいよな”なんて言い出した。

でも僕の周りにいる女性は、性別に関係なくバリバリ働いているし、尊敬できる先輩もいっぱいいる。それを“女だから……”とか言っているのがサムくて、つい口論をしかけちゃいました」(Uさん・25歳/会社員)

 

5:まとめ

女叩きをしても何か自分の状況が良くなるわけではありません。女叩きをすることによって、上から目線で自分の方が偉くなった気になる人は、他人と比較することでしか自分の存在価値を見出せないのです。

女叩きをするしか楽しみがない人からの誹謗中傷など気にすることなく、自分が正しいと思った発言や行動をしていける強さをもちたいですね。