結婚式のご祝儀…金額は?親族や友人などのご祝儀相場と夫婦で参加する場合

結婚式に参列するときのご祝儀の額はいくらにしたらいいのでしょうか。3万円くらいが相場なんてよく聞きますが、 お金があまりないという場合は2万円でもいいのでしょうか? また、立場が変わればご祝儀額も変わってきますよね。そこで今回は、兄弟や親族、職場の上司や同僚、学生時代からの友達、親やいとこなど、それぞれの場合の相場をリサーチしてみました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
©gettyimages

1:結婚式のご祝儀、最近は2万円でもいいの?

結婚式のご祝儀の金額は、3万円が相場といわれていますよね。

では、2万円だと失礼にあたるのでしょうか。「2」という数が割り切れるため、将来の別れにつながるイメージがあるので、やめておいたほうがいいというのは、昔からマナーとしていわれていることです。

また、「1万円はお料理代、1万円は引き出物代、さらに1万円はお祝い金」という意味合いがあって3万円とされているので、それに満たない2万円が嫌われるケースもあります。

ただし、最近は景気も冷え込んできていることもあって、状況的に厳しい場合、例えば社会人になりたてや学生など、経済的に厳しい場合には2万円でもいいとされています。また、最近はペアという意味合いから、あえて2万円をご祝儀にする人も多いようです。

 

2:立場別!ご祝儀の相場

結婚式のご祝儀の金額は、立場と年齢で変わってくるようです。具体的な金額の相場を見ていきましょう。

(1)兄弟姉妹へのご祝儀は3~10万円

もし兄弟や姉妹などの親族が結婚したら、結婚式のご祝儀の金額はどのくらい準備すればいいのでしょうか?

それは招かれる側の年代にもよって変わってきます。例えば20代の場合であれば3万か5万円となりますが、30代の場合には5万円が相場といわれています。また40代の場合には、5〜10万円が相場と言われています。

(2)職場の上司や同僚のご祝儀は3~10万円

職場の上司からの結婚式のご祝儀を渡す場合にも、年代によって金額が異なります。

例えば上司といっても若く、まだ年代が20代の場合には3万か5万円、30代の場合には5万円が相場となります。ゲストの年代が40代以上の場合には、5〜10万円が相場と言われています。

また職場の同僚の結婚式に出席する場合のご祝儀は20代の場合には2万か3万円、30代や40代の場合には3万円が相場と言われています。

同じ結婚式に上司や同僚が出席している場合に、目上の人よりも多く渡してしまうとマナーに反する可能性がありますので、その方々にも相談してみるといいでしょう。

(3)学生時代の友達のご祝儀は2~5万円

学生時代からの友達のご祝儀は、ゲストが20代の場合には2万か3万円、30代や40代の場合には3万円か5万円が相場となっています。

(4)親からの結婚式ご祝儀はない場合も

親のご祝儀は10万円くらいが相場だと考える人もいますが、結婚式ではご祝儀を出さないケースもあります。それは、親は新郎新婦とともにお祝いをされる側だと考えられるからです。

また、結婚式のお金を一部負担してもらうなどのケースもくあるため、ご祝儀としては出さないけれど、結婚援助金という名目でお金を出すという話もよく聞きます。

(5)いとこへのご祝儀の相場は2~10万円

いとこに結婚式のご祝儀を渡す場合には、ゲストが20代の場合には2万か3万円が相場で、30代の場合には3万円か5万円が相場。40代の場合には5〜10万円が相場と言われています。

 

3:家族3人や夫婦で参加する場合は?複数人で結婚式に参加する場合のご祝儀の相場との考え方3つ

ひとりで結婚式に参加するのではなく、2人や3人などの複数で結婚式に参加する場合には、どんなふうにご祝儀の金額を考えたらいいのでしょうか?

(1)夫婦の場合

夫婦の連名で招待状が届いた場合には、ご祝儀も夫婦連名で包むほうがいいでしょう。金額は5万円か7万円が一般的です。もしも5万円は少なく感じるけれど、7万円となると多すぎたり、経済的に厳しいように感じる場合には、5万円のご祝儀に加え、何か贈り物を送るといいでしょう。

(2)子どもがいる場合

子どもと夫婦と3人で結婚式に参列する場合には、子どもの年齢によって金額を決めるようにしましょう。未成年の子どもの場合は、親がご祝儀を包む場合が多いです。

子どものご祝儀の金額は、未就学児の場合は0円、小学生は5千円~1万円、中学生以上は2~3万円が目安になっています。これは、料理代というニュアンスが含まれるため、ちゃんと1人前の料理を食べるかどうかが、判断の基準になっているようです。

(3)4人以上の場合

結婚式のご祝儀の金額は奇数がいいとされていますが、例外的にペアを意味する「2」や、永遠や無限大をイメージさせ、漢数字で書けば末広がりとなる「8」、そして「10」は、おめでたい数字とされているので良しとされています。

また奇数であっても、9は「苦」を連想させる数字として使わないほうがいいと考えられています。

10以上の数字の場合には、15、20など、5万円単位で用いるのがいいとされています。

例えば子どもがたくさんいて4人以上になるという場合、出席する子どもの年齢、また友人なのか親族なのかにもよって金額は変わります。計算した合計の金額が、ご祝儀として縁起があまりよくないという場合には、少し多めに包み、お祝いにふさわしい金額にして準備するのがいいとされています。

 

4:まとめ

結婚式のご祝儀の金額は、出席者のマナーや想いや表れるものです。

迷ったときには同じ立場や年代の人にいくら包めばいいか、相談してみましょう。