彼氏とのLINEの問題すべて!彼女とのLINEに対する彼氏の本音や対処法

今やすっかり生活の一部となったLINE。便利だけれど、そのぶん、彼氏とのやり取りの頻度に迷ってしまったり、既読スルーの対応といった問題に直面していませんか? そこで今回は、彼が最近冷たい、返信が返ってこないなどといった、彼氏とのLINEにおける問題点や男性心理、さらに体験者のエピソードを交えながら、対処方法もまとめてみました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
©gettyimages

1:彼氏とのLINE頻度がわからない

カップル間では、必要な連絡手段というよりも、コミュニケーションのひとつとして、LINEを使っている人が多いですよね。

大好きな彼に、たくさんLINEを送りたいけれど、迷惑かもしれないし……と、彼氏とのベストなLINE頻度がわからなくて悩んでいる女子もたくさんいます。

そんな頻度の問題も含めて、みんなのLINEに関する悩みのアレコレを探っていきまょう。

 

2:彼氏からLINEが来ない…彼氏がLINEで既読無視や未読無視をする本当の理由5つ

(1)面倒くさい

女性と比べて、マメじゃない男性は多いでしょう。「彼女のことが嫌いだからではなく、LINEをするのがただ面倒なだけ」という理由で、彼女にLINEしない彼氏も珍しくありません。

また、自分が連絡を取りたいときはマメなのに、急に面倒くさくなるムラのあるタイプもいます。

(2)連続で送られてきてどれに返信したらいいのかわからない

「今何してるの?」「そういえば明日お天気いいんだって」「次のデート水族館行きたいな」など、自分の言いたいことだけを連続して送ってしまっていませんか? これは、彼氏についやりがちな連続LINE。

これに男性陣は困惑してしまうようです。「どれに返信すればいいかわからず、結局無視することになってしまう」のだとか。質問が多すぎると、それだけで彼氏は返信する気が起こらなくなるのかもしれません。

(3)忙しい

「忙しくて返信ができない」ということももちろんあります。帰りが遅かったり、疲れていたりすると、彼女のLINEに優しく対応する心の余裕がなくなってしまうもの。

明日には返事をしようと思っていたら、そのままになってしまうというケースも。返事がなかったとしても「忙しいのかな? 体に気をつけてね」など、思いやるLINEを送り、ゆったり構えて返信を待ちましょう。

(4)彼女が返信を欲しがっていると思っていない

もしかしたら彼としては、あなたが返信を欲しがっていると思っていないかもしれません。LINEを連絡手段として考えている男性もいます。その場合、用件だけ返信すればいいと思っている可能性が。

このタイプの男性に対しては、「時間があったら返信してくれると嬉しい」など、自分の気持ちをしっかりと伝えてみるのが良さそうですね。

(5)返信するのを忘れている

後から返信しようと思って、そのまま忘れてしまうパターンもあるようです。忘れっぽい彼なら、LINEの返信も、ただ忘れてしまっているだけかも。

 

3:彼氏のLINEの返信が遅い…彼氏からの冷たいLINEエピソード3つ

(1)返信が遅いうえ、返答がひと言

「嬉しいことがあったときは、彼に伝えたくて、今日こんなことがあったんだっていうLINEをします。彼が忙しいことはわかっているけれど、少しだけでもやりとりできたらいいなって思って。

でも、半日以上返信がこないことはザラ。丸1日経ってからようやく返信がくるなんていうことも多いんです。しかも、それだけ待ったのに、返信は“良かったね”とか、たったのひと言……。返信を楽しみに待っているぶん、虚しくなります」(Aさん・26歳/美容師)

(2)返信がスタンプのみ

「私の彼はLINEがあまり好きじゃないようなんです。いつも送るのは私から。しかも、返信はスタンプばかりです。OKのスタンプや、泣いているスタンプなど、ただそれだけ……。

悪気はないのかもしれないですけど、スタンプを送ってこられても会話にならないし、なんだか拒絶されている気がして。愛されていないのかなぁとモヤモヤしてしまいます」(Iさん・25歳/会社員)

(3)LINEは既読無視でSNSを更新していた

「今付き合っている彼は、友達が多いんです。予定が埋まっていることも多くて、既読無視されることも。それは我慢できたんですけど、既読無視なのに、SNSで楽しそうに飲み会の様子をアップしていたときはさすがに悲しくて。

既読になったかどうかを頻繁にチェックしちゃう癖をなんとかしたいんですけど、なかなかやめられません」(Sさん・27歳/看護師)

 

4:彼氏とのLINEがつまらない…返信がめんどくさいときの対処法3つ

今度は逆に、自分自身が彼氏とのLINEをめんどくさくなってしまったときに、どうやって凌ぐかをご紹介します。

(1)「最近忙しい」と伝えておく

 

しばらく返信をしたくないというときに便利なのが、「忙しい」というひと言です。これは万能で、彼を傷つける心配もありません。仕事や勉強以外に、習い事を理由にするのも有効。どうしても返信する気が起きないなら、思い切って「しばらく忙しいから」ときっちり伝えて返信しないのも手です。

(2)「スマホの調子が悪い」と嘘をつく

「スマホの調子が悪くて」と言えば、彼にしばらく返信をしなくても怪しまれません。「体調が悪いなどと言ってしまうと、彼を心配させてしまうので、スマホのせいする」という女性も。やり取りが何度も続くのが面倒なときにも使えます。

(3)少し時間をおいて返信し、話題を変える

つまらない話だと思っても、なかなか急に話題を変えることは難しいですよね。そんなときは、あえて時間をおいて返信し、話題を変えてしまいましょう。

話題が変われば、そのうちに話が盛り上がることもあります。自分の好きな話題を振って、楽しくLINEできるようにしてしまいましょう。

 

5:彼氏からLINEをブロックされたらどうする?

彼氏からのLINEブロックはショックなもの。できれば避けたいところですが、もしされてしまったらブロックの理由を考えてみましょう。送る頻度が多すぎた、質問ばかり送っていた、文句ばかり言っていたなど、何か彼のイヤがることをしてしまっていたのかもしれません。

また、彼は用があれば電話だけで十分と思っている可能性もあります。自分の言動を見直し、会ったときや電話でブロック解除をお願いしてみましょう。

 

6:まとめ

大好きな彼だからこそ、LINEひとつ送るのにも迷ってしまうものです。既読がつく機能は便利ですが、それに振り回されてイライラしたり悲しんだりしてしまっては、ケンカのもとになってしまいます。

実は彼の既読、未読無視には大した理由がないのかも。ベストな頻度といってもカップルごとに違いますし、お付き合いしていく中で自然とふたりのペースができていくはずですよ。ぜひ、彼とのペースでLINEを楽しんで、愛を深めていってみてください。