腕組みする心理って?腕組みする人の心理と腕を組む女性への本音

腕組みをする人、あなたの身近にいませんか? しょっちゅう腕組みしている人を見ると、何か理由があるんだろうか……と思ってしまいますよね。そこで今回は、腕組みという行動にどんな心理が隠されているのかについて、行動心理士の筆者がご紹介します。また男性たちに「腕を組む女性への本音」も聞いてみました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:腕組みするのは失礼にあたる?

腕を組むポーズは、どこか偉そうな感じや圧迫感があって、失礼だと捉えられることも多いです。無意識的に腕組みをするクセがあるという人は、人前でしないように気を付けたほうがいいかもしれません。

心理的には、腕組みをすることで、わざと自分に威厳を持たせて見せたり、相手をけん制するという人もいます。腕組みする人の心理を判断するにあたっては、無意識に腕を組んでいるのか、相手に何か意図があっての行動なのかの見極めも重要でしょう。また、腕の位置や腕組みに伴う仕草によって、心理状態が異なってきます。さっそく見ていきましょう。

 

2:腕組みするポーズ別!腕組みする人の心理5つ

(1)二の腕を触りながら区でを組むのは不安解消

自分の体を触ることで、自分自身の感情をなだめたり、落ち着かせたりする効果があります。そのため、何か不安に思った際などに、二の腕を触るように腕を組んで、自分を安心させることがあるのです。

行動心理学では、このケースの場合の腕組みからは、不安な気持ちを読み取ることが多いです。

(2)普通の腕組みは防御

物理的に何かから身を守りたいだけでなく、精神的な部分を守りたいという気持ちが腕組みという行動に表れることもあります。この場合は腕を組むことで、防御姿勢に入り、精神的な安心を得ようとしているのです。

(3)指を動かしながらの腕組みは無関心

ゆったりと腕を組んだり、指や腕の位置を動かしたりしながらの腕組みをする場合は、相手の話などに興味がないことの表れの場合があります。

その時間を暇だと感じていたり、手持ち無沙汰だったりするときに、手遊びのような形で腕組をしてしまうんです。「この話に飽きていないかな」「興味のない話だったかな」と察するためのヒントになります。

(4)高い位置での腕組みは威圧

腕組みには、相手を威圧したい、自分を有利な状態におきたい、優位に見せたい、などの心理が無意識にあらわれることもあるんです。

この腕組みは、特に男性に多いと言われていますが、女性でも、上司と部下の関係など、相手との上下関係をはっきりわからせようというときに表れます。

(5)胸の前での腕組みは拒絶

自分を守りたいという意識や、相手と距離を置きたいときに、胸の前で組むことがあります。無意識に向かい合った相手との間に腕で壁を作っているのです。

 

3:印象悪い?腕組みする女性への本音3つ

腕組みをする女性に対して、男性はどう感じているのでしょうか。気になる本音を聞いてみました!

(1)怒っている?

「めったに腕組みなんてしない彼女が、腕組みをしていたら”何か怒っているのかな?”って思う。何かやらかしたかな……って、自分の行動を振り返りますね(笑)。

そして、彼女のほうから何か言いだすまでは、特に指摘したり、質問してみたりはせず、スルーしてやりすごす! 本当に怒っているかなんてわからないけど、面倒ごとは避けたいので、こっちから理由を聞くことはありません」(Kさん・28歳男性)

(2)態度が悪いなぁ

「態度が悪い女性だなぁって思っちゃうかも。ふたりで話しているときに腕組みされたら、たぶんイライラしますね。無意識の行動なのかもしれないけど、女性ならやめたほうがいいと思う。

僕は特に、大和撫子みたいな清楚でおとなしめな女性が好きだから、偉そうだったり、態度が悪い女性は、それだけで無理ですね」(Oさん・31歳男性)

(3)別に何とも思わない

「たまにいますけど、別に何とも思わないですね。多分、自分だって、特に意味もなく腕を組むことってあるし。女性だからどうとかは思わないですね。むしろ、男がしているときのほう、腕組みなんかして、偉そうだなって気になるかも」(Yさん・34歳男性)

 

4:まとめ

腕組みというしぐさから相手の気持ちを読み取るのも、人間関係を上手に運ぶ秘訣のひとつ。ただし、「腕組をしているから、絶対にこういう心理のはず!」と思い込むのは危険です。その可能性があるという程度の認識にとどめましょう。

また反対に、自分が腕組みをしているとき、相手がどのような印象をもつかについて考えてみるのも重要です。腕組みのクセを治すことで、人間関係が好転する例もありますよ。