元サヤってうまくいく?元サヤカップルの体験談と元サヤ前に考えておくこと

元彼や元旦那とヨリが戻る……元サヤになることってありますよね。また、安心感だったり、これまで一緒に過ごした時間だったりが理由で、ヨリを戻したいな……と思うこともあるでしょう。では、元サヤってうまくいくんでしょうか。今回は、元サヤカップルの体験談と元サヤ前に考えておくことをご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:元鞘・元サヤとは?

元サヤとは、「元の鞘に納まる」を略した言葉。「鞘」とは、刀剣類の刀身の部分を納めておく筒のことであるため、いったん別れた夫婦やカップル、または絶縁した者同士が、再び以前と同じ関係に戻ることをたとえたことわざです。

刀の時代はとうに過ぎ去りましたが、「元サヤ」という言葉は、永遠に使い続けられていますよね。

 

 

2:私たちが元サヤに収まった理由5つ

それではここからは、一度は別れを選んだものの、元サヤに収まった理由について、女性たちの実体験を聞いていきましょう。

(1)一途でいてくれたから

「私には長く付き合っていて、婚約していた人がいました。しかし、彼のマザコン具合に不安を感じ始めたときに、会社の同僚との仲良くなって、彼とは別れ、交際を始めました。しかし、その彼にも彼女がいて、最初は二股の状態だったんです。

でも、私と付き合ってから数か月後に彼女と別れたらしく、私に結婚前提に付き合おうと言ってきました。でも、別の女に振られてから私のほうに来たっていうのが、なんだか釈然としなくて……。結局、元々付き合っていた彼のところに戻り、結婚することにしました」(Tさん・30歳女性)

(2)愛していたから

「彼とは同棲していたのですが、2年が経ったころから、考え方の違いが原因で少しずつ距離ができてしまって……。このまま付き合ってても、結婚をすることはなさそうだからという理由で別れることにしました。

しかし、いざ別れてみると寂しくなってしまって。また連絡をとるようになり、家にも行き来するようになりました。結局、ヨリをもどして、今は幸せです」(Mさん・32歳女性)

(3)忘れられないから

「婚約していた彼に浮気をされて、婚約破棄をしました。でも、どれだけ経っても彼のことが忘れられず、やっぱり私には彼しかいないんだと思って、ヨリを戻すことを決意。彼もとても喜んでくれたし、ちゃんと謝ってくれました。

彼と結婚して幸せになれるかはわからないけど、彼以外の男性は考えられなかったので、こうするしかなかった感じですね」(Oさん・29歳女性)

(4)自分のことを理解してくれてる人だから

「大学在学中から付き合っていた彼と、些細なケンカから別れることになりました。でも、彼と別れたらひとりぼっちになってしまった気がして……。私から連絡してしまっていました。やっぱり、私のことを理解してくれるのは彼しかいないと思い、今は彼の家に居座っている状態です」(Nさん・25歳)

(5)金銭面的安定

「付き合っていた彼は、会社の経営をしていました。歳もふたまわりほど離れていたので、安定感があって、落ち着いた生活を送ることができていました。

でも、やっぱり結婚するなら歳の近い男性がいいなって思って、慈雨bから別れを告げました。で、そのあと、20代の男性とデートしてみたんですけど、経済的にパッとしなくて……。貧乏な生活はしたくないと思って、元彼のもとへ戻りました」(Hさん・26歳)

 

3:元サヤに戻る前に考えておきたいこと5つ

(1)寂しいだけじゃないかどうか

元サヤに戻るのが、ただ寂しいからということであれば、また同じことを繰り返してしまう可能性があります。大事なのは、今、ストレスがない状態かどうか。そのストレスを解消するためだけであれば、戻ったとしてもその先は長続きしないかもしれません。

逆に、彼が好きだからヨリを戻したいということであれば、冷静に元サヤ後の彼との向き合い方を考えることができるでしょう。

(2)相手の幸せを考えられるか

自分の幸せばかりを追求していると、そのぶん、自分の感情に過敏に反応してしまい、幸せを逃すケースが多くなります。元彼と一緒にいることを選択する場合は、彼の幸せもちゃんと考えられるかどうかが前提となります。

(3)逃げ道があるかどうか

元サヤに戻るなら、彼以外の頼れる人をつくることも重要です。また、恋愛だけに集中することなく、熱中できる趣味や仕事を持つことも重要なことです。つまり、元カレに依存しすぎない自分をつくるということです。

(4)経済的自立ができているか

お金も仕事もないようでは、生きていくことはできません。そうすると、お金のために元サヤに戻りたくなるという場合も。元サヤに戻る理由が経済的な理由になると、自由はなくなり、その結果は不幸なものになる可能性も……。そうならないためにも、経済的な自立が必要になります。

(5)自分の幸せは自分でつくる

彼から愛されることが最大の幸せであると考えているようでは、再び彼を失ったときに、自ら世界でいちばん不幸な人間に陥ってしまうことになります。幸せというのは共につくるもの、そして幸せをつかむかどうかは自分次第であることを自覚しなくてはなりませんね。

 

4:手相に元サヤ線ってあるの?

「元サヤ線」とは、手相占い芸人の島田秀平さん命名したと言われているもの。

一般的には復縁線と呼ばれているもので、結婚線が二股に分かれ、そこから一本線が出ている線のことで、初恋の相手や元カレとよりが戻る暗示とされています。しかもそれが結婚に繋がることもあるのだとか。

「出会いがない」と悩んでいてこの線を見つけたなら、過去の恋人や昔からの友人と連絡をとってみるのもいいかもしれません。

 

5:まとめ

一度想いを寄せた人だったり、時間を共にした人のことを、簡単に切り離すのは難しいことです。元サヤと聞くと、あまりいい印象をもたない人も多いでしょう。しかし、最終的に選ぶのは自分です。自分が幸せになるためにどのような判断をするのかが重要なキーとなります。

✓ skyticketの格安航空券で年末はラブ旅に!