自分を好きになる方法が知りたい!潜在意識から自分を好きになる方法

恋愛がうまくいかない、すぐに人とトラブルになってしまう、仕事も友達関係も良好とは言えない……。そんな毎日に潜むトラブルの原因は、自分を愛していないからかもしれません。でも自分を好きになれば、きっと世界も変わるでしょう。そこで今回は、自分を好きになる方法について紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:自分を好きになれないのには原因がある?

自分を好きになれない理由は、きっと自分が思い描いている理想の姿と現実の差に、がっかりしてしまっているから。女性であれば、「もっと美人だったら世界は違ったのかな」なんて、一度くらいは考えたことがあるのではないでしょうか。

でも、世の中にはできないことやうまくいかないことを何かのせいにしようとしているから、自分を好きになれないという考え方もあります。

まずは、今の自分を受け入れることを一緒に考えてみませんか?

 

2:鏡に向かって話しかけるのがいい?自分を好きになる10の方法

自分を好きになる方法といっても、具体的に何をすればいいのでしょうか。『Menjoy!』で数々の自分磨きに関する記事を執筆してきた筆者が、10個まとめてみました。自分ができそうなことからトライしてみてください。

(1)自分の長所をもっと伸ばす

短所を直そう、直そうとすること自体はとてもいいことでしょう。でも、今ある自分のいい部分をもっと伸ばしていくほうが、成果は見えやすいものです。

例えば何をするにも手際は悪いけど、丁寧さだけは誰にも負けないなど、まずは人ちょっとでも自慢できることを探してみてください。周囲の人に聞いてみるのもいいでしょう。

(2)笑顔で人を幸せにする

冒頭で「もっと美人だったら」という話をしましたが、容姿で褒めてもらおうとすると、どうしても「かわいい」や「きれい」の競い合いになってしまいます。

ここで考え方を少し変えて、「たくさんの人に美しいと容姿を称えられる人」を目指すのではなく、「周囲の人を幸せにできる笑顔を送れる人」を目指してみてはどうでしょう。自分が周りに笑顔をおくることができれば、きっとたくさんの笑顔をもらうこともできるはず。その結果、心の底からポカポカとあたたかい気持ちになれると筆者は思います。

(3)ハキハキと大きな声で

「話し方」にフォーカスするのも自分を好きになる方法のひとつ。家族や友だち、仕事仲間と話すとき、いつもより少しだけ大きな声でハキハキと話すことを意識してみてください。

お腹から声を出すことで自信にあふれ、背筋もピッとします。そうすると、自然と気持ちも明るくなってくるものです。

(4)鏡に向かって話しかける

これはあくまで、人と話す練習のひとつとして。笑い方ひとつでも、大きな口をあけて手をたたいて笑う人もいれば、口に手を添えてフフッとかわいらしく笑う人もいるように、仕草や声のトーンで人の印象はガラリと変わります。

人が心地がいいと思う話し方や仕草を研究して、もっと自信をつけていきましょう。

(5)恋人をつくる

「こんな自分なんて嫌だ」と思っていても、世界のどこかであなたのことをいちばんに大事にしてくれる人がいるはずです。そんな出会いを避けていてはもったいないと筆者は思います。

恋人をつくることで、これまで気づくことのできなかった自分の魅力にたどりつけることもあります。そして、なにより自分を愛してくれる人がいることで心に余裕も生まれます。

(6)努力を継続させる

きれいになりたいから、ジムを契約する。彼氏にもっと好かれたいから、料理教室に通う。自分をブラッシュアップさせるきっかけも大事ですが、そこから継続させることも大事。ジムなら最低でも週2~3回は行く習慣をつけたり、料理は毎日あるものの中で工夫してつくる練習をするなど、自分をあげる努力を継続させてることが自信につながります。

(7)ドレスアップをする

こんな自分は何を着てもかわいくなれないし、メイクも適当でいい。だってきれいじゃないから……。そんなネガティブ思考のままでは、一向に何も変わることはできません。

そんなときは、美しいドレスや光り輝くジュエリー、セクシーなランジェリーに細身のヒールの力を借りましょう。いつもよりワンランク上のおしゃれをすることで、少しだけ見える世界が変わってきます。

(8)ひとり旅に出る

ひとり旅に出ると、これまで見えてた世界とはまるで違うことが見えてくることも。友だちがいないひとりだけの旅なら、なおさら感性が研ぎ澄まされることでしょう。

感情や考え方も変わるきっかけになりますし、そこで感じる風情に癒され、刺激をもらい、新しい自分と出会ういいきっかけになるでしょう。

(9)かっこよく見せようとしない

今はInstagramやFacebookなど、なにかとSNSのツールを通して自分の現状を発信するスタイルが日常化しています。複数の人が見ているがゆえに、それがプレッシャーとなっていい自分ばかりを見せようとするクセがついている人が多いようにも思います。

でも、それでは真の充実は得られないと思いませんか? 等身大の自分をさらけ出すことも大切だと筆者は思います。

(10)自分と人を比べない

年齢によっては周囲に結婚する人が増えたり、気がついたら子ども中心のライフスタイルになっている人が出てきたりするときがあるでしょう。そんなときに、ついつい自分と他人をくらべて、自分の足元の幸せを見失ってしまうこともあるかと思います。

何が幸せかを競いあうのではなく、相手の幸せを心から喜べる人である人を目指しましょう。

自分と人を比べないということも、自分を好きになる上では大切なこと。人と比べるかわりに、過去の自分と比べてその成長を喜び、自分を褒めてあげるようにしましょう。

 

3:自分を好きになる言葉が知りたい!潜在意識に効く名言3つ

続いては、自分を好きになれる……そんな名言を探してみました。どれかひとつでも、あなたの潜在意識に語りかけるものが見つかれば嬉しいです。

(1)マリリン・モンローの名言

美と女らしさは年齢と関係がないものだし、作ろうとして作れるものではないと思うの。

そして、魅力は、こんなことを言うと、その専門の人たちは困るでしょうけれど、人為的に作りだせるようなものではないと思うの」

マリリン・モンロー

(2)キャメロン・ディアスの名言

自分の人生には、自分で責任を持つべきだから、ただ自分を幸せにしてくれる白馬にまたがった王子さまを待っているなんてダメ。

自分の将来は、自分で切り開いていかなきゃね」

キャメロン・ディアス

(3)津田梅子

先生をするのであれ、主婦になるのであれ、どのような方面の仕事をするのであれ、高尚な生活を送るように努力してください。

古い時代の狭量さ、偏屈さを皆さんから追い払い、新しいことを求めつつ、過去の日本女性が伝統として伝えてきたすぐれたものはすべて保つ努力をしてください」

津田梅子

 

4:まとめ

何かを待っているのではなく、新しいことにチャレンジしながら自分を見つめなおすことで自然と魅力は磨かれていくものです。

そして、その努力の先にある自信に満ちあふれた自分を想像してみてください。きっとそこからの人生はこれまでとは違ったものになると筆者は信じています。