好きな人をLINEで診断!話題や頻度、返信からわかる男子の脈ありサイン

好きな人とのLINEの話題に困った経験はありませんか? やりとりは長く続けたいけど、無理やり続けるのも微妙な空気になってしまいます。また、相手が好きな人だと、話題に困ってしまうという人もいますよね。そこで今回は「好きな人とのLINE」について虎の巻を大公開! 頻度と返信からわかる脈あり診断もお届けします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:好きな人のLINEの話題と頻度に悩む…

好きな人とLINEをするときに、話題や頻度に悩む人は少なくありませんよね。

あまりにノリノリで送りすぎても「がっついてる」と思われそうですし、あまりにアッサリしていても「関心が薄そう」と思われそう。だからこそちょうどいい塩梅を知りたいと思いますよね。

 

2:好きな人とのLINEの話題はコレ!やり取りが続く返信のコツ5つ

好きな人とのLINEを続けるには、やり取りする内容にも、ちょっとした工夫を取り入れるといいでしょう。そこで、やり取りが続きやすいLINEのコツを5つ、ご紹介します。

(1)質問文の相槌を返す

好きな人からLINEが届いたときに「そっか!」や「そうなんだー」などの相槌をサッとしてしまうと、そこで会話が終了するリスクが大きくなります。

なので、相手の送ってきた内容を受け取ったうえで、次なる展開に持ち込むのが最大のカギ。

相槌を打ちつつ、「それでどうなったの!?」「ウケる! それってどういうこと!?」などと質問を含んだ返信をすることで、相手が次の返信を送りやすくするようにしますよう。

(2)相手が返しやすいライトな話題を送る

重い話をLINEでしてしまうと、未読スルーや既読スルーの原因になりがちです。

他方、誰でも返しやすいようなライトな話題であれば、気楽に返信できることから、やり取りが続きやすい傾向にあります。

相手が返しやすいであろう、当たり障りのない話題のバリエーションを増やしておくことも、好きな人とのLINEを続けるコツです。

(3)共通の知人の話題を送る

職場の人など、よく知らない人の話がLINEで出てきても、「返事をしにくい」と感じられてしまう可能性が高いでしょう。しかし、自分も知っている人の話題であれば、興味が湧きやすく返事をしやすいですから、やり取りも続きやすくなるでしょう。

ただし、この場合も悪口は厳禁! 「性格の悪い人」だと思われてしまうデメリットしかありません。共通の知人の話題を送るときには、当たり障りのない話題が無難です。

(4)相手が知っていそうなことについて質問してみる

女性はコンピューターや電機関係のことに疎かったりするもの。そういったことを、知っていそうな男性に質問するのも、ひとつのLINEのテクニック。

特に得意分野の内容であれば饒舌になる人も多く、これはLINEでも例外ではありません。相手の教えたい欲をうまく刺激できるような高度なテクニックですが、試してみる価値は大です!

(5)困ったら、クイズや心理テストを出してみる

やりとりを続けたいのに、どうしても話題がなく、それでも「まだLINEしていたいな……」と思うときには、クイズや心理テストを送ると、会話が続きやすいでしょう。

「そうそう、そう言えば、今日こんな心理テスト教えてもらったんだー」といったような軽いノリで送れば、相手も気楽に返しやすくなります。

あまり考え込んでしまうような難しいものではなく、直感的に答えられるような簡単なクイズや心理テストのほうが、ノリでやり取りを続けやすいです。

 

3:好きな人とのきっかけLINEになる話題5つ

好きな人とLINEをするにあたって、最初の一歩を踏み出せないときには、適切な話題選びも大事ですよね。

そこで『Menjoy!』過去記事「好きな人へのLINEのきっかけ14選!LINEで好きな人ときっかけをッ」を参考に、おすすめの話題を5つご紹介します。

(1)一緒に行きたい映画がある

映画を観るのが好きな人のきっかけLINEなら、おすすめの映画や今気になっている映画を聞くのがいいでしょう。展開によっては「私も気になっていた! 一緒に行きたい」とデートにつながりやすいでしょう。

相手の趣味を知る手がかりにすることも。好きな人とのやりとりが盛り上がるきっかけとしては間違いありません。

(2)「仕事の相談にのってほしい」

好きな人との話題づくりにおいて、相談は鉄板中の鉄板です。

特に「仕事の相談にのってほしい」という話なら、いやらしさを感じさせず、いい意味で相手を頼っている感じが出るのも、おすすめ理由と言えるでしょう。

ただし、相談にかこつけるというのは王道の恋愛テクでもありますから、このLINEを受け取った側が、ただの口実だと見抜く可能性もゼロではありません。

しかし、このLINEをきっかけに距離が縮まることになれば、嫌な印象を与えるリスクも低いでしょう。

(3)「パソコン選ぶの手伝って!」

相手の得意分野にかこつけて「手伝ってほしい」と声をかけるのも、好きな人とLINEを始めるいいきっかけになります。

パソコンに詳しい彼なら「パソコン選び」、クルマに詳しい彼なら「クルマ選び」など、好きな人が自信を持って協力してくれそうなテーマを見つけるのが、成功のコツです。

ここで注意すべきは、ガツガツと押し切るような頼り方をしないこと。関係性によっては図々しく感じられてしまいます。相手が自発的に「手伝うよ」と言ってくれそうな温度感でLINEするのが、がっつき感を出さないためには重要です。

(4)実家の猫の写真

好きな人が動物好きだとわかっているならば、自分が、あるいは実家で飼っているペットの写真を送るのも、会話を始めるいいきっかけになります。

ただし、猫が苦手な人に猫の写真、犬が嫌いな人に犬の写真を送っても無意味ですので、事前のリサーチは欠かさないように。

(5)「さみしいから遊んでくれない?」

やや高度なきっかけづくりですが、女性から「さみしいから、遊んでくれない?」とLINEが届くと、うれしくなる男性もいるようです。

「さみしいから」と自ら言ってしまうあたりに、多少の“軽い女感”が出てしまうのは否めませんが、相手のキャラや自分のキャラをうまく使いつつ、爽やかに送ってみましょう。

好きな人が「脈あり」だった場合には、このLINEをきっかけに一気に距離を縮められることも期待できます。

 

4:好きな人が脈ありかは頻度と内容でわかる!LINE診断5つ

好きな人からLINEが届くと、そのLINEが「脈あり」なのか、ただの「脈なし」LINEなのかが知りたくなりますよね。

そこで、好きな人から届いたLINEが「脈あり」なのかを診断できるチェックポイントを5つお届けします。当てはまるものが多いほど、脈あり度が高いと判断して良いでしょう。

(1)短文じゃないLINEがしょっちゅう届く

好きな人から届くLINEが、片手間で打った短文ではなく、毎回、きちんと考えられた印象の文章で届くなら、脈ありの可能性が高いでしょう。

誰しもが、好意を抱いている相手には「嫌われたくない」という心理が強く働きやすいもの。なので脈ありの場合には、そっけない文章を送らずに、きちんと練った文章を送りがちなのです。

(2)短文でも頻度が多い

上記の内容とやや相反しますが、相手から届くLINEが「了解」「オッケー」などの短文が多かったとしても、まだ「脈なし」とは限りません。

やり取りの内容そのものは短文でも、届く頻度がやたらに多い場合には、脈ありの可能性も高いと言えるでしょう。

たとえば「おはよ!」や「寝てる?」などの短文を頻繁に送ってくる場合には、脈ありの可能性がかなり高いのです。

(3)質問が多い

「何してるの?」「週末って、忙しいの?」「今日のランチ、何食べた?」など、なにかと質問を送りつけてくる場合にも、脈あり度は高いと見ていいでしょう。

質問をLINEしてくるということは、それだけその人のことが気になっている証で。なので、質問を繰り返される時点で、かなりの脈ありだと判定しても、ほぼ間違いないと思われます。

(4)私生活を探る内容が届く

「かわいいし、彼氏いそうだよねー?」「週末って、やっぱりいつも忙しいの? 女子会とか?」など、プライベートを探るような内容がバシバシと届く場合にも、かなり脈あり度が高いでしょう。

アプローチしていいものかを探っているときは、私生活に関する情報を集めたくなる心理が隠されているのです。

そのため、直接的に質問するわけではなく、なんとなく私生活を知りたがっているようなLINEが届く場合にも、脈ありの可能性が高いです。

(5)どうでもいい“自分通信”を送ってくる

「今日のメシはこれ」「さっき、空見たらこんな感じだったよ」など、失礼ながら「どうでもいい」と言えるような自分通信を送ってくる場合にも、脈あり度はかなり高いと読むことができるでしょう。

好意を抱いている相手や、気になっている相手には「自分のことを知ってほしい」「なんとなくつながっていたい」という心理が働きがち。そのため、こういった中身のない、あるいは薄いLINEを送ってしまう人も珍しくありません。

 

5:今どきの中学生・高校生が好きな人とLINEで話す話題

今どきの中学生や高校生は、ひと昔前の人よりもマセているとも言われますよね。近年では、中高生でもスマホを持ち、好きな人とLINEし合っているケースも珍しくなくなっています。

そんな中高生たちが、好きな人と話している話題といえば、まずは学校のことや先生の話題、そして友人の話がメイン。

さらに、交際している間柄であれば、次のデートの計画についてLINEで相談し合っている中高生も多いようです。このころは相手への期待値も高いですから、何があっても楽しいですよね!

 

6:好きな人とのLINEは緊張しないのがポイント

友達とのLINEなら緊張せずにサクサク返信できても、相手が好きな人となると、とたんに何を送っていいのかわからなくなってしまう人もいますよね。

しかし、恋愛において強い緊張をしてしまうと、失敗やミスも招きがち。

好きな人とのLINEを成功させるためには、緊張せずにリラックスした気持ちでやり取りするのも、失敗を防ぐコツになるでしょう。