マッチングアプリのプロフィールはこれをやればモテる!?いいねを増やすコツ

「マッチングアプリを始めてみたけれど、なかなかマッチングしない」と思っている人は少なくないのではないでしょうか。マッチングするためには、プロフィール文が重要。しかし、どうやって書いたらいいのか分からないという人は多いと思います。そこで今回は、プロフィールの書き方を工夫して、内面勝負でマッチング率を上げていく方法をご紹介します!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
©gettyimages

この記事のまとめ!

1.気軽に読める200〜300字程度で出身地や仕事などの話題がベター

2.自分語りや好みのタイプを羅列するのはNG

3.プロフィールで勝負しやすい『with』や『ペアーズ』がおすすめ!

1:素敵な出会いがほしいならプロフィールはこだわるべき

マッチングアプリを利用している人の中には、真剣に出会いを求めている人ももちろんいますが、軽い気持ちで使っている人も多くいます。そのため、まずは自分がどんな人にアピールをしたいのかをはっきりさせておく必要があります。

そうしないと、ニーズの違う者同士がマッチングしてしまって、お互い時間の無駄になってしまう可能性が高いでしょう。そこで、重要となってくるのがプロフィールです。プロフィールをこだわって書くことで、いい出会いに恵まれます。

もしも、プロフィール内容が適当だと、相手から悪質な業者や真剣ではない人なのではと疑われてしまい、マッチ率が下がってしまうことも。プロフィールは、いい出会いを逃さないためにも絶対にこだわるべきポイントなのです。

 

2:マッチングアプリでウケるプロフィールの長さは?

いざプロフィールを書こうと思ったときに、まず気にするべきポイントは文章の長さです。中には、真面目であることをアピールしたいがあまりに、ついつい長くなりがちな人もいますが、長すぎる自己紹介は、自己主張の激しい、めんどくさい人だと思われてしまいます。

だからと言って短すぎるのも考えものです。短いと、真剣な出会いを求めていないと思われてしまうことも多々あります。せっかくの出会いの場で、自分の意図していないふうに受け取られてしまうことほど悲しいことはありません。

おすすめしたいプロフィール文の長さは200~300文字程度です。これくらいの長さが、サクッと気軽に読める文字量。普段活字を読み慣れていない人でも、負担なく読むことができます。短すぎず、長すぎずということを心がけましょう。

 

3:人気会員のプロフィールを徹底調査

人気のマッチングアプリ会員たちは、実際にどんなプロフィールを書いているのでしょうか。というわけで、実際に人気会員を徹底的に調査してみました。そこで判明した、プロフィールを上手に書くコツを分かりやすくご紹介します。

(1)出身地・仕事・休日の過ごし方・趣味がベター

プロフィールに書く内容は、出身地や仕事、休日の過ごし方、趣味などの中から項目を絞って書くのがベターです。特に休日の過ごし方や、趣味は具体的なところまで掘り下げて書くと、共通点を見出してもらいやすいでしょう。

例えば、”旅行”とひと言で終わらせてしまうと、話が広げづらくもったいないです。なので、”趣味は国内旅行で特に沖縄周辺でダイビングを楽しむのが好きです”と、ほんの少しだけ詳しく記載しておくと、人柄も見えやすく話しかけるネタが広がります。

また、その他に入力する項目がある場合は極力埋めておくのがいいでしょう。

(2)絵文字は使わないほうがベター

プロフィール文を書くときに、絵文字を使うのはあまりおすすめしません。絵文字がたくさん使われている文章は、学生ならまだしも、大人としては真剣に出会いを探しているようには思われにくいです。

特に男性の場合は、女性慣れしているような印象に繋がってしまったり、男らしさに欠ける印象に受け取られたりする場合があるので注意してください。絵文字を使う場合は、マッチング後にふたりだけのやりとりの際に使うのがベターです。

(3)個性を出そうという下心は働かせすぎない

他の人と差を付けようと、面白いことを書こうとする人がいますが、それもあまりおすすめしません。人柄がまったく分からない状態で個性的なプロフィールをいきなり読むと、受け取る側としては「この人、地雷かも……」と思ってしまいます。

聞かれてもいないのに自分の押し売りをされると、窮屈に感じてしまう人は多いもの。個性や面白さは人間の魅力という観点において重要ですが、それはやりとりの中で見せるべきものと考えましょう。自己紹介は極力スマートに書くことを心がけてください。

 

4:こんなプロフィールは絶対NG

実際に、どんなプロフィールだと、相手に「微妙だな」と思われてしまい、マッチング率の低下に繋がってしまうのでしょうか。そこで、印象が悪くなってしまうNGプロフィール文についてご紹介します。

(1)自分の趣味や仕事の話を熱く語りすぎる

自分の好きなジャンルを熱く語るのは悪いことではありませんが、語りすぎは良くありません。プロフィールの段階で、相手を置いてけぼり感を満載にしてしまってはもったいない! 注意しましょう。

(2)最近別れたばかりなどの異性の影を匂わせる内容

最近別れたばかりで傷心した心を解消するためにマッチングアプリを始める人も少なくありません。しかし、それが本当のことだったとしても、プロフィールに書いてあると未練タラタラにしか思えず、「元恋人のかわりを探しているのかな……」という気分に相手なってしまいます。

仮にそんなつもりはなかったとしても、異性の会話は避けるのがベター。もちろん、プロフィール内だけでなくマッチングした後に話題に出すのも避けたほうがいいでしょう。

(3)好きなタイプを羅列する

効率よく自分好みのタイプとマッチングするために、自分の好きなタイプを羅列してプロフィール蘭に記載している人をよく見かけます。しかし、好きなタイプが羅列してあると、自分の要望ばかりを相手に求めている印象が強くなり、めんどくさい人だと思われてしまいます。絶対に譲れないポイントを書くのはいいですが、好きなタイプはあまり記載しないほうがマッチング率は高くなります。

 

5:プロフィールがどんなに良くても、写真がダメだとマッチングできない

プロフィールがどんなに良くても、プロフィールの写真の目が死んでいたり、暗そうな雰囲気が漂っていると、なかなかマッチングには繋がりません。せっかくプロフィール文にこだわるのなら、同時に写真も絶対にこだわるべき。そこで、マッチングアプリでウケる写真をご紹介します。

(1)好感度の高い写真のコツは実際とかけ離れていない写真

 

最近は便利なアプリがたくさんあり、顔に自信がない人でも盛れる写真を撮ることが簡単にできます。しかし、マッチングアプリにおいては、実際とかけ離れすぎている写真を使うと印象が悪くなってしまいます。

特に、加工アプリは、ものによっては加工しているのが素人目でも分かるので注意してください。どうしても自信がない人は、真正面ではなく横向きの写真を使うのもいいでしょう。

(2)他人に撮ってもらうのがおすすめ

自撮り写真は、女性であればまだアリですが、男性の場合「友達がいないのではないか」と勘繰られてしまったり、「究極のナルシストなのではないか」と思われてしまったりで、マイナスな印象に繋がってしまうこともあります。もしも自撮り写真を使う場合は、いかにも自撮りをしましたというような写真は避けたほうがベターです。

ベストなのは、他人にお願いして写真を撮ってもらうこと。さらに、もしも撮ってもらうのならば、仲がいい人に頼むのがおすすめです。自然な笑顔の写真に仕上がりやすいのと、客観的に見た自分の良さを引き出してくれます。友達に気軽に頼んでみましょう。

(3)爆笑ではなく微笑みの写真

笑顔のほう印象がポジティブに見えていいというのは、誰でも思いつくかと思いますが、笑いすぎてしまうと実際の顔が分かりづらく、マッチングアプリにおいてはマイナスになってしまうこともあります。

せっかくなら、自分の顔の良さが最大限に生かされている写真を登録すべき。ちょうどいいのは、口角が上がっていて、歯が見えるくらいの適度な笑顔です。

日常からかけ離れすぎない微笑みくらいの笑顔だと「普段からこんなふうに笑顔が絶えない人なんだな」とあれこれ想像が膨らんで、とてもいい印象を相手に与える事ができます。

 

6:ちょっと引いてしまうプロフィール(体験談)

「男性から見て、マッチングアプリでいいねを押したくないプロフィールは

・仕事の欄が不鮮明(or自由業)な人

・初回デート費用:“男性が全て払う”に設定している人

・家事:“積極的に参加したい”に設定していながら実家暮らしの人

・メンヘラですと書いてる人

などです。デート代を払ってもらって当たり前というマインドの人は、実際に会っても高飛車な感じで合いませんでした」(Fさん/35歳男性)

 

7:プロフィールで勝負しやすいおすすめのマッチングアプリ2選

マッチングアプリによって、見た目重視、経歴重視、中身重視など、さまざまな特徴があります。そこで、プロフィールが生かされる中身重視の人が集まりやすいマッチングアプリをふたつ、ご紹介します。自分に合った場所で戦うのも素敵な出会いに繋げるためのコツです。

(1)with(ウィズ):性格診断でマッチ!中身重視な人が多い

メンタリストDaiGoさんが監修をしているマッチングアプリ『with』。

最大の特徴は、心理学を駆使した性格診断機能が搭載されているというところです。自分の性格をアプリ内で細かく分析し、その上で、相性のいい異性が表示される仕組みになっています。そのため、見た目よりも内面重視になる傾向があるので、プロフィールで勝負をしたいという人にこそおすすめしたいアプリです。

 

 

(2)Pairs(ペアーズ):会員数No.1!機能も豊富で趣味が合う人を見つけやすい

マッチングアプリと言えば『ペアーズ』といわれることもあるほど、最も王道なド定番アプリです。

会員数は約800万人。さらに毎日4000人が登録していると発表されています。他のアプリと比べて、コミュニティ機能などが豊富で共通の趣味を持った人を探しやすいのが特徴。会員数の多さから多種多様な人に出会うことができて、マッチ率も高いので内面重視な出会いも豊富にあります。

 

8:プロフィールをしっかり書いて、目的に合った人とマッチングしましょう!

これから先の人生、もしかすると長い時間をともにするかもしれない相手に出会えるかもしれないと思うと、とてもワクワクドキドキとした気持ちになりますよよね。

その出会いをより充実したものにするためにも、マッチングアプリでは、プロフィールをしっかりと書くことがおすすめ。好印象のプロフィールを作成し、タイプの男性とたくさんマッチングして出会いを楽しみましょう。

 

※記事で紹介したサービスを利用すると、売上の一部がMenjoy!に還元されることがあります。