マッチングアプリで会話を続けるコツ!初デートに繋げる会話の流れをご紹介

マッチングアプリは、スキマ時間に出会いを探すことのできる便利なツール。しかしマッチングはしたものの、会話が繋がらずに実際の出会いに結びつかない人も多いようです。中には、メッセージのやりとりが苦手でアプリをやめてしまうなんてことも。そこで今回は、メッセージのやり取りが続かない人のために、デートに繋げる会話の流れや話題を例文つきで紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
©gettyimages

この記事のまとめ!

1.初デートに繋がるメッセージは相手のテンションに合わせた短文がコツ

2.返信しやすい質問形式ならデートに誘われやすくなる

3.敬語が多すぎたり長文すぎたりすると警戒されやすく返信されなくなることも

4.『ペアーズ』『with』などのアプリは会話が盛り上がりやすくてオススメ!

1:初デートに繋げるための会話とは?

ほとんどのマッチングアプリでは、お互いのプロフィールに「いいね」をするとマッチングが成立し、メッセージのやり取りができるようになります。

すてきな人とマッチングすると、つい長文メッセージを送ってしまいたくなるもの。しかし最初から長文を送ってしまうと、相手に必死な印象を与えてしまい、引かれてしまう可能性が高くなります。

最初のメールは、あくまで短文かつ簡潔に。「はじめまして。いいねしていただいて、ありがとうございます」といったお礼メールからスタートしましょう。

ただし、相手が長文を送ってくるようであれば話は別です。相手の方が情報を詳しく伝えてくるということは、つまりあなたのことも詳しく知りたいことの裏返し。

もしかすると、相手もあなたのことを深く知った上で会いたいと思っているかもしれません。その場合は、あなたも彼と同じようにメッセージで詳細を伝えるようにしましょう。

初デートに繋げるコツのひとつとして、相手のテンションに合わせることは大切です。相手の様子を見ながら、適切なメッセージを送るようにしましょう。

 

2:会話を続けるためにはどんなメッセージを送ればいい?メッセージテンプレートをご紹介

もし相手とのメールが続かないのであれば、それは相手のせいではなく、返信しづらいメッセージ内容を送っている可能性も……。やり取りを長く続けるためには、返事しやすい内容を知っておくことが大切です。

では、一体どんなメッセージを送ればやり取りが続くようになるのでしょうか。ここからは、メッセージのやり取りが楽しめるようなテンプレートをご紹介します。

(1)会話で使える!初めての挨拶に使える会話テンプレート

デートに繋げるためには、まずは相手が返しやすいメッセージを心がけることが大切です。次に、マッチングをして初めての会話で使えるメッセージテンプレートを紹介します。

 

かなりさっぱりした印象のメッセージですが、最初の挨拶はこのくらい簡潔なほうが、相手に重い印象を与えずに済みます。また、メッセージの中には必ずいいねをした理由を添えておきましょう。いいねを押した理由がわかったほうが、相手も嬉しいはずです。

(2)会話で使える!初デートに繋げる質問テンプレート

会話が続くようになったら、次はそれとなくデートに誘われやすくなるようなメッセージを送ってみましょう。

【初デートに繋がりやすい質問例文】

・(居住地が近いのであれば)「ビールがおいしい○○というお店を知ってますか? 気になっているけど、まだ行ったことがないので、もし知っていたらと思って……」

・「運転が好きとありましたが、どんな車に乗っていますか?」

・「週末休みとありましたが、週末は何していますか?」

・(昼間にメッセージのやりとりをしているなら)「今日はお休みですか?」

居住地が近い者同士であれば、家の近くのごはんやお酒がおいしいお店をネタにして、それとなく話題を振ってみましょう。もし相手の反応が良ければ、一緒に行くことになるかもしれません。

また、デートに繋がりやすい会話のフレーズとしては、車や休日の話題もおすすめです。もし自慢の愛車であれば、車ネタに飛びついてくる可能性がありますし、その時に「乗ってみたい」と伝えれば、「今度乗せてあげるよ」とドライブデートに誘われる可能性がアップします。

 

3:メッセージの返事がしやすい時間帯は?

どんなに最初はいいなと思っても、メールのやり取りが面倒になってしまうと、関係は自然消滅してしまいがち。そのため、返事しづらいタイミングにメールを送っていると関係が終わりやすいので注意が必要です。

そこでここからは、相手がメッセージの返事がしやすい時間帯について紹介します。

(1)早いうちに相手のタイムスケジュールを知る

メッセージのやり取りを続けるには、相手の行動時間帯を把握し、返事の返しやすいタイミングで送ることが大切です。

例えば夜遅くまで働いているような男性であれば、朝メールしても返事が来ない可能性があります。また、きまった時間の通勤電車に乗る人であれば、通勤時間を見計らってメッセージを遅れば返信率が高くなります。

まず先に「お仕事ってだいたい何時までですか?」や「通勤電車大変ですね。何時に起きているんですか?」など聞いてみて、相手の通勤や仕事時間を教えてもらうようにしましょう。

(2)12~13時の昼休憩を狙おう

もし彼が会社員であれば、最も返信率が期待できるのが、12~13時。通常の企業なら、この時間にお昼休みをとっているケースが多いからです。

特にお昼休みはメールチェックしやすい時間帯なので、この時間を見計らってメールすれば返信率も高くなるはずです。

 

4:返信しづらい会話パターンとは

返信しづらいメッセージには、ある一定の法則があります。返信しづらい会話パターンを知ることで、メッセージのやり取りが止まるのを防ぎ、会話が続きやすくなります。

そこでここからは、相手にとって返信しづらい会話のパターンについてご紹介します。いつもメールのやり取りが続かない人は、要チェックです!

(1)敬語が多い

敬語が多すぎると、人はかえって「下心があるのでは?」と警戒心を抱くようになります。また、敬語ばかりのメールは受け取る側も疲れてしまうもの。

最初のうちは敬語でもいいのですが、少し慣れてきたら「最近仕事忙しいのかな?」など、くだけたメッセージを送ってみましょう。

(2)文章が長すぎる

メッセージの文章が長すぎると、相手から読むのが面倒と思われる原因にも繋がります。筆者自身も、長文メッセージを送ってくる男性はすべてブロックしたことがあります。

長文は真剣度が伝わるものの、相手に必死感や重い印象を与えてしまいがち。どうしても長く語らなければいけないことがあるなら、せめて1スクロール以内に収まるようにしましょう。

 

5:会話が楽しめるマッチングアプリをご紹介!

近年のマッチングアプリは、画面のデザインもかわいくて、会話が楽しめるものが増えています。

ここからは、マッチングアプリの中でもデザイン性に優れていて、会話が盛り上がりやすいサービスを紹介します。

(1)paris(ペアーズ):会員数が多くて人気!

会員数が多く、知名度も人気も抜群なのが『pairs』です。初心者の女性でもトライしやすい、カジュアルでオシャレなデザイン。20代~30代前半のユーザーが多く、ノリよくトークが楽しめる会員が多いです。

 

(2)with:会話ネタに困らない!

大学生や20代の社会人ユーザーが多いのが『with』。共通の趣味を持つ者同士が出会えるカテゴリーも充実しており、恋活の雰囲気で会話を楽しめます。「恋愛おみくじ」や「好き嫌いマッチング」など、面白い機能が充実しているためネタに困らないので、会話も盛り上がること間違いありません。

 

(3)クロスミー

クロスミー』は、GPS機能を搭載しており、すれ違った人とマッチングできるアプリ。登録者は、『with』と同様に大学生や20代、そして都心に住んでいる人が多いです。行動範囲が同じということは、それだけ共通の話題があるということ。きっと会話も盛り上がるはずです。

 

6:マッチングアプリで会話を楽しんで初デートに繋げよう

マッチングアプリは、初デートまではメッセージのやりとりのみで進めなければなりません。そのため、それをいかに楽しめるかがカギとなります。

もしネタが尽きたときは、「週末って何してる?」や「好きな歌手っていますか?」のようなオーソドックスな話を振るだけでも大丈夫です。大切なのは、メールのやり取りを通じて、相手から会いたいと思ってもらえるかどうかです。

相手に会話を楽しませるコツは、メールが返って来たら一度「○○なんですね」と、あいづちを打つようにするのがおすすめです。相手の答えを一度受け入れることで、会話にテンポが生まれるようになります。

マッチングアプリで会話を楽しんで、すてきな出会いをゲットして下さいね。
 
※記事で紹介したサービスを利用すると、売上の一部がMenjoy!に還元されることがあります。