ネットナンパに気を付けて!ネットナンパ師が使う出会いツールとナンパテクニック

ネットナンパという言葉を聞いたことありますか? 最近ではWEBサイトやスマホアプリなど、さまざまな出会いのサービスが誕生していて、路上でのナンパよりもネットを使ったナンパのほうが効率がいいといった意見を耳にします。そこで、ネットナンパの手段や、迅速に結果を得るために彼らが使っているナンパテクニックをご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:ネットナンパとは?

「ネットナンパ」という言葉は、なんとなく意味合いはわかるものの、ちゃんと言葉として聞くのは初めてという人もいるかもしれませんね。

そこで、チーママの箱崎キョウコさんに、知り合いのホストクラブで働いている男女の出会いの事情通を紹介してもらい、お話を聞いてみました。

「ネットナンパっていうのは、つまりインターネットを使ったナンパのことですね。路上やお店などで声をかけるナンパって、出会える女性の数に限りがあるけど、SNSやスマホアプリを使えば無限に知り合える。体力も時間も無駄に消費することが少ないんだよね」(Hさん・24歳男性/ホスト)

 

2:どんなアプリが使われる?ネットナンパの手段5つ

それでは実際にネットナンパの手段を聞いてみました。どのようなアプリを使っているのでしょうか。引き続き、ホストの方々にお話を聞いてみました。

(1)ハッピーメール

「僕が使っているのはハッピーメールというサイトですね。登録者数が2000万人を突破してるっていう情報に惹かれました。

だって、登録している人が多いってことはアタックできる人の数が増えるっていうことですからね。もちろん、女性の登録者数が多ければ、ナンパされたいと思っている女性も比例して多くなるってことですしね」(Yさん・23歳男性/ホスト)

(2)東カレデート

「俺は東カレデートっていうアプリを使うことが多いですかね。このアプリは審査がすっごい厳しいんですよ。高スペックの男性しか入会できない分、女性の入会もそれなりに厳しい。だから、かわいい子が圧倒的に多いですね。

モデルや芸能人の卵的な子がけっこういるので、ナンパにも気合いが入ります。でも、年収1000万円以上の男も多いから、ライバルも強敵ですけどね」(Aさん・29歳男性/ホスト)

(3)with

「俺的にはほかのマッチングアプリよりも使いやすいんですよね。かわいい子もいるし、“いいね”を1日最大で10人まで無料で送れるっていうのもポイントが高い。

本気で出会いたいなら、ひとりの人を一生懸命口説くよりもたくさんの女性を口説いていった方が効率的ですからね」(Rさん・25歳男性/ホスト)

(4)Omiai

「俺はOmiaiっていうアプリを使ってますね。出会い系サイトとか、怪しいマッチングアプリを使うと、セミプロみたいな女の子が多かったり、迷惑メールが来るようになったりするでしょ?

OmiaiはFacebookを使った登録だから、サクラもいないし、使いやすい。ただし、真剣な出会いを求めている人がほとんどだから、ナンパ目的っていうのがバレると、サッと引かれることが多いかな」(Kさん・24歳男性/ホスト)

(5)FacebookやInstagram

「FacebookとかInstagramもナンパに使うこともあるかな。ただし基本的にダメ元っていう感じです。マッチングアプリじゃないから、出会いを目的に使っていないっていうのもあって、知らない人にメッセージを送っても出会いにくい。

だから、タイプの女性を見つけたらメールしてみて、うまくいったら儲けものっていう感覚で使ってます」(Wさん・21歳男性/ホスト)

 

3:ネットナンパ師のテクニック5つ!やり口がわかれば対策も立てられる

今度はネットナンパ師たちに、どうやってナンパの成功率を上げているかという手の内を明かしてもらいました。そのやり口がわかれば、逆にナンパを避けられるかもしれませんね。

(1)忙しい男をアピール

「マッチングアプリを使う場合、プロフィールはスゴイ大事だね。俺の場合は“モテる男”、“仕事が忙しい男”っていうのをアピールする。次に、“人見知りする”といった感じで、シャイな雰囲気をだすかな。そのギャップで勝負する、みたいな感じ」(Hさん・24歳男性/ホスト)

(2)崩したプロフィールで釣る

「真面目な出会いを求めているなら真面目なプロフィールにするけど、割り切った関係を求めているなら、ちょっと崩した感じのプロフィールにしますね。

例えば“仕事が忙しいから休日は癒やされたいし、癒やしたいです”とか“甘えるのも甘えられるのも好きです”みたいな感じにしますね。くそ真面目なプロフィールだと、割り切った子は寄ってこないんですよ」(Yさん・23歳男性/ホスト)

(3)狙われやすいのは医療系や福祉系の女性

「マッチングアプリとかで女性を検索して連絡を取りたい子を探すときは、真面目な出会いを求めているか、遊び目的かで検索条件を変えますね。

遊び目的なら職業は“医療系”か“福祉系”の子を探します。具体的には、看護師、保育士、介護士かな。仕事で激務でストレスを感じてる女性って、出会いに貪欲なイメージがありますからね」(Aさん・29歳男性/ホスト)

(4)趣味がお酒なら誘いやすい

「どんな女性を選ぶかっていうと、基本的には年齢は20~26歳くらい。趣味はお酒を飲むことっていう子だと、アプローチしやすいって思ってます。“どんなお酒が好きなの?”とか“ワインのおいしいお店知ってるから今度どうですか?”とかって感じで誘いやすいんですよね」(Rさん・25歳男性/ホスト)

(5)LINEで「イチャイチャ」発言

「マッチングアプリでいろいろとやり取りをしたら、LINEを交換すると思うんですけど、そのときもちょっとしたコツがありますね。

遊び目的で出会う子には、明日は“イチャイチャしようね”とか“明日は思いっきり甘えてね”とかって送るんですよ。この内容で返信がくる子なら、グイグイいっても大丈夫ですね」(Wさん・21歳男性/ホスト)

 

4:まとめ

今回はネットナンパについてご紹介しました。最近ではマッチングアプリも普及してきて、インターネットを使った出会いも、ある程度は安心して行えるようになりました。

しかし、しっかりと相手を見極める目を持っておくことは大切。中にはセフレを作る目的で使用している人もいるので気をつけて使うようにしましょう。