熟女好きって熟女の何が好きなの?熟女が好きな男性の見分け方と熟女大好き有名人

大人の魅力と色気があふれる熟女。男性というのはとかく若い女性に惹かれると思われがちですが、熟女好きの男性は実はけっこうたくさんいます。いったい熟女好きな男性というのは、熟女のどこに惹かれているのでしょうか。この記事では熟女の魅力と、熟女が好きな男性の見分け方、さらに熟女か大好きだど公言している有名人を紹介します!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
©gettyimages

1:熟女好きって熟女の何が好きなの?

熟女は人生経験が豊富なので、会話の引き出しが多く、男性を楽しませることが上手。男を立てるテクニックも洗練されていて、男性の扱いもうまいことが多いです。

また、年齢を重ねることで得られた安心感や包容力があり、そのために年下男性から好かれることも多いでしょう。女性から甘えられるよりも、女性に甘えたい派の男性って、意外と多いんですよ。

 

2:こんな男が熟女好き!熟女好きな男性の見分け方5つ

(1)すぐに電話したがる

寂しがりやで依存心の高い、甘えん坊タイプの男性には、熟女好きが多いです。そんな男性を大人の余裕と包容力で包み込んであげると、意外と簡単に落とせるかもしれません。

ふと寂しいときなどに電話をしたくなる気持ちって、男性からしたら「男らしくないよな……」というふうに、ちょっと恥ずかしく感じることもあるんです。

でも、包容力のある年上の熟女に対しては、正直に伝えられることも。もし男性がそのようなサインを見せたら、絶好のチャンスですよ。

(2)優柔不断

優柔不断で、自分の意見をなかなかいえないような男性も、熟女好きの可能性があります。

「リードしてもらいたい」「自信がないので、誰かに決めてほしい」といった、依存できる存在を求める深層心理から、人生経験豊富で落ち着きのある熟女に自然と惹かれるのです。

(3)お酒を飲むと甘える

飲み会や合コンなど、男女でお酒を飲む席って、その人の本性を知る絶好のチャンスです。

お酒が入るといつもよりおしゃべりになる人やボディタッチが増える人、中には泣いてしまう人もいますよね。お酒の力によって、理性で隠されていた本性が顔を出すのです。

そのようなお酒の席で、普段はしっかり者なのに、急に甘えてくるタイプの男性は、もしかすると熟女好きかも。これは、普段から甘えたいと思っている証拠。そうすると、自然と包容力のある異性に引き寄せられるのです。

(4)安易に「可愛い」と言わない

「可愛い」は、女性を褒めるときに使う定番のフレーズですが、熟女好きの男性は、安易に「可愛い」と言いません。

それよりも、熟女が喜びそうな「すてきですね」「さすが」「そういうとこ、本当に尊敬しています」といった褒め言葉を使いがち。

安易な「可愛い」では、酸いも甘いも知る熟女に当てはまらないことが多く、それよりも人間的な魅力について褒めたり、敬意のある褒め言葉を選ぶのです。

(5)アドバイスを聞きたがる

男性がする熟女へのアプローチとしてよくあるのが、相談すること。

人生の先輩からアドバイスを聞くことができるうえ、プライベートな相談であれば、ふたりきりになって話をすることができます。熟女好きの男性はこの方法を使いがち。

それが染みついてしまい、普段の生活の中でもアドバイスを求めるクセがついてしまう人もいますので、相談が多い人は熟女好きなのかも。

他にも、『Menjoy!』過去記事「若さはむしろマイナス!熟女好き男子を見抜く3つのポイント」には、年上にしか興味がないという男性たちの傾向を分析していますので、あわせてチェックしてみてください。

 

3:10歳以上年上の女性と結婚した人も…熟女好き有名人5選

(1)綾部 祐二

View this post on Instagram

 

Yuji Ayabeさん(@yujiayabe)がシェアした投稿

元貴乃花親方(貴乃花光司さん)の母親でもある藤田紀子さんと熱愛報道があったことでも有名ですね。端正なルックスなので、年上のお姉さま方からも好かれやすいのかもしれません。

また、綾部さんが熟女の方と食事に行ったとき、その女性が自家製の柚子胡椒を持って来たことがあったと語っていました。そうした若い女性ではなかなかあり得ない体験をさせてくれることも、熟女好きに拍車をかけているのかも。

(2)塙宣之

漫才コンビ・ナイツの塙さんも、熟女好きを公言していることで有名。綾部さんとはまた違った、一見不器用そうであか抜けていないような見た目が、かえって熟女の方々にウケるのかもしれません。

塙さん曰く、熟女好きの男性には2種類いて、女性に自分磨きや美容に気を遣うなどの努力してほしいと思う熟女好きと、アンチエイジングをせず、そのままでいてほしいと思う熟女好きがいる、とのこと。塙さんは後者のようです。

熟女好きの世界にも、いろいろな好みがあるんですね。

(3)ウド鈴木

View this post on Instagram

 

千秋/Chiaki magazineさん(@chiaki77777)がシェアした投稿


「60代でも若すぎる」と公言しており、かなりの熟女好きなウド鈴木さん。

人気バラエティ番組『アメトーーク!』において、自身のストライクゾーンについて聞かれたとき、「18歳から灰になるまで」と答えたことも。でも、上だけでなく下もOKとなれば、ただ単に女好きというだけなのかも(笑)。

(4)松山ケンイチ

8歳上の小雪さんと結婚した松山ケンイチさん。熟女と呼ぶにはちょっと若すぎるかもしれませんが、年上好きであることは間違いないでしょう。

松山ケンイチさんが小雪さんに気持ちを伝えたときに、「あなたみたいな“ひよっこ”で大丈夫なの?」と、小雪さんに言われたそうです。子どもをあしらうようなこの発言に、魅惑的な大人っぽさを感じますね(笑)。

でも熟女好きの男性は、こういう扱いをされることで、「絶対にものにしてやるぞ!」というふうに、かえって燃えるのかもしれません。

(5)Mr. シャチホコ

View this post on Instagram

 

Mr.シャチホコさん(@mr_shachihoko)がシェアした投稿

和田アキ子さんのモノマネでブレイクした、Mr.シャチホコさん。芸人のみはるさんと結婚されていますが、年齢差は驚きの23歳差です!

ちなみに、奥様のみはるさん、元々は別の方と結婚されていたそうで、芸人になったときに離婚したそうです。その経験も、大人の余裕や落ち着きに繋がり、Mr.シャチホコさんを魅了することに繋がったのかもしれません。

 

4:女性は何歳になっても美しい

熟女の魅力は、安心感や包容力などもありますが、いろいろな人生経験からくる、努力や経験値も大きな魅力です。そのような、たくさんの困難や、つらく苦しい経験を乗り越える努力をしてきた人は、年齢関係なく、人間として魅力的です。

「もういい歳だから……」なんていわず、女性であることをいつまでも忘れずに、堂々としていたいですね。