カップルの会話術!おすすめ会話ネタや長続きカップルの会話の特徴

カップルの会話に困ったことってありませんか? 行列のお店に並んでいるときや長旅のドライブデートなどで話題が尽きてしまうと、気まずい雰囲気になりますよね。そんなとき、絶対に盛り上がるような会話ネタがあれば困らないですよね。そこで今回は、カップルにおすすめの会話ネタや、長続きカップルにおける会話の特徴をご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:カップルで会話がないと不安になる…

カップルで会話がないと、なんだか不安になってしまう人は多いですよね。沈黙を楽しめるというのも、長続きするカップルには必要な要素でしょう。しかし、盛り上がる会話ネタであれば、あるに越したことはありませんよね。

そんなカップルの会話ネタを求めて、街へ繰り出してみました。

 

2:カップルの会話を盛り上げるネタ5選

まずはカップルにおすすめの会話ネタをご紹介します。街の男女にお話を聞いてきました。

(1)好きな映画

 

「定番なのは、好きな映画の話ですよね。“この映画見たことある?”とか“ついこの間見た映画のことなんだけどさ”とか、そういう感じで会話を切り出して、お互いに見たことある映画の話題で盛り上がるっていうのは、だいたい弾みますね」(Mさん・26歳男性)

(2)スマホのニュース

「私の場合は、LINEニュースとかそういうので話題を探しますね。話題がなくなったらスマホを開いて、面白そうなネットニュースを見つけるかな。

無言状態からいきなりスマホをいじり始めると相手に失礼なんで、さりげなく時間を見るフリとか、調べものをする体裁で探すんですよ」(Yさん・25歳女性)

(3)心理テスト

「私の場合は、心理テストですかね。最近はネットとかでも、いろいろな心理テストが無料でできるじゃないですか。手軽にできる心理テストのアプリとかもあるから、そういうのから面白そうなものを選んで、あらかじめブックマークとかダウンロードとかしておくんです」(Wさん・23歳女性)

(4)ウミガメのスープ

「ウミガメのスープっていうゲーム知ってます? “とある男がレストランでウミガメのスープを注文しました。すると、ひと口だけスープをすすり、怪訝な表情をして家に帰りました。そして自殺をしてしまいます。なぜでしょう”って感じの問題が出てきて、回答者が出題者に質問していって、答えを導き出すっていう、いわゆる推理ゲームってやつです。けっこう時間潰しになるんですよ」(Uさん・/23歳男性)

(5)次のデートの相談

「私の場合の定番は次のデートの相談ですね。“今度はどこいく?”っていうと“どこでもいいよ”って返ってくるので“どこでもなし”って感じでどんどん詰めていきます。“春だし、お花見でもする?”とかって回答を引き出せたら勝ち」(Mさん・27歳女性)

 

3:長続きするカップルがしているコツも!カップルの会話あるある5つ

今度は長続きするカップルの会話を見ながら、そのあるあるについてご紹介します。街の男女にお話を聞いてきました。

(1)一人称や二人称が主語の会話が多いのは危険

「経験からの話ですけど、“私は”とか“あなたは”っていう主語の会話をしてくる女性とは、会話がはずまないですね。“私はこういう人間なの”とか“あなたはいつもそう”っていう感じで、いつまでたってもふたりの間に壁があるんですよね」(Sさん・28歳男性)

(2)「絶対」は禁物

「俺の場合は相手が“絶対やだ!”とか“必ずこれして”とか“こうじゃないと無理”みたいな極端な表現をしている人とは、会話も付き合いも長続きしないですね。束縛気質で、相手をコントロールしようとしてくるような人に多いんですよね」(Sさん・27歳男性)

(3)私たちが主語

「長続きしてる友人の会話を耳にしたり、LINEのやり取りをみたりしてると“私たち”っていう主語が多いなって思いますね。ふたりをひとつの共同体として考えてるんでしょうね。

けんかをしても、“俺たちのためにどうしようか”って感じになって、話し合いに流れていってましたね」(Uさん・28歳女性)

(4)阿吽の呼吸

「長続きするカップルっていうのは、お互いに呼吸ができてますよね。阿吽の呼吸っていうんですかね。知り合いのカップルなんですけど、彼女が“1万円と”って歌い出したら彼が“2000円くれたら”ってノリだして、“愛してるー”でハモってました。ふたりで即興で曲を作ってましたよ」(Rさん・28歳男性)

(5)「愛してる」

「寝る前に“愛してる”って言うと、睡眠の質が上がるっていう話を聞いたことがあるんです。それが本当かどうかは知りませんが、愛してるって伝え合うのは長続きする秘訣だと思いますね。

私の知っている長続きカップルも、ちゃんと愛しているって言い合っているみたいです。ただ、やっぱり面と向かって言うのは恥ずかしいみたいで“アイシテル”って棒読みになってましたけど」(Aさん・31歳女性)

 

4:長続きするカップルのLINEやりとり

今度は長続きするカップルのLINEがどんなものなのか、ご紹介します。

(1)笑えるLINE

「クスッと笑えるLINEっていうのも大切ですよね。必要なことしかやり取りしない業務連絡のような感じだと冷めちゃうし、“好き”って必要以上に言い合っているカップルは、すぐに別れるイメージ」(Eさん・29歳男性)

(2)相手の言いたいことが分かる

「相手の言いたいことがわかるって言うのは、長く付き合っていくと身についていく能力ですよね。定番の流れっていうのができてくるとふたりの世界観ができあがっていきますよね」(Iさん・25歳女性)

(3)冗談を気軽に言い合える

「冗談を気軽に言い合える仲っていうのは、居心地がいいですよね。相手をいじっても怒らないとか、いじってきてもうまい返しができるとか」(Sさん・26歳女性)

 

5:街で遭遇したバカップルの会話

今度は街で遭遇したカップルの驚くべき会話をご紹介します。

(1)問題です!

「電車に乗ってるカップルから聞こえてきた会話なんですけど」(Kさん・26歳女性)とのこと。

男「問題です! この世界から俺がいないとします」

女「やだーさみしいー(涙)」

男「俺も〜」

そもそもの問題がどういったものだったのか、その回答が未だに気になって忘れられないそう。

(2)お姫さまになりたい

「遊園地で並んでいたときに聞こえてきたカップルの会話が、頭から離れないですね」(Gさん・26歳男性)

女「私、お姫さまになりたかったんだ」

男「なればいいじゃん」

女「なれるかな?」

男「姫。ただいま戦より戻りました」

女「隣国の一団を討ち滅ぼしたとか。よい働きであった」

男「大将はいかようにされますか」

女「殺すな。隣国との交渉材料にする。武具を解いたら、わらわのところへ寄れ。そちには褒美をつかわそう」

「シンデレラとかではなく、中世日本が舞台なんだっていうことに驚きましたね。やりたかったのはラブロマンスではなく、国盗りなんだって。しかもちょいちょいクオリティが高いんですよ」と驚きを隠せないGさんでした。

(3)「プール行こうよー」

「大学内での知らないカップルのやり取りは、強烈でしたね」(Rさん・21歳男性)

女「プール行こうよー」

男「俺、泳げないんだよ」

女「うっそー?」

男「お前に溺れてるから」

女「キャー! あとで人工呼吸してあげるね♡」

「そのまま爆発してほしかったですね」という感想ですが、彼女の返しが意外とうまいなぁと素直に感心してしまいました。

 

6:彼氏と話す話題…中学生編

最後は、中学生のころを振り返って、どんな会話をしていたかを思い出していただきました。

(1)先生の話題

「学校に変わった先生って必ずいましたよね。その先生の話で盛り上がっていたことをよく覚えています。私のところは社会の先生だったんですけど、その先生がよく“若人のみなさんは……”っていうんです。当時の彼氏がよくマネしていました」(Gさん・24歳女性)

(2)テレビ番組

「私が中学生のころ、『あいのり』がものすごく流行ってたんですよね。だから、毎週放送のたびに、“誰と誰がくっついた”とか“誰がタイプ?”とかよく話してました」(Rさん・33歳女性)

(3)プロフィール帳

「中学生のころに“プロフィール帳”っていうのが流行って、いろいろな人のプロフィールを集めてましたね。彼にも書いてもらったりして、共通点があったりすると“こことここは一緒だね♡”って話してました。今思うとすごく無意味ですよね(笑)」(Wさん・29歳女性)

 

7:まとめ

今回はカップルの会話に焦点を当ててみました。会話のネタがなくて困ってしまったといった場合は、スマホのアプリなどを使ってゲームをしてみてもいいかもしれません。ぜひ参考にしてみてください。