デリカシーがない男女の職場での言動!デリカシーがない彼氏や友達への対処法

デリカシーがない人っていますよね。本人はぶっちゃけキャラのつもりでも、周囲からはドン引きされていたりすることも。そこで今回は「デリカシーがない人物」にフォーカスします。デリカシーのない男女の職場での言動にはどういうものがあるでしょうか。また、デリカシーがない彼氏と付き合ったときの対処法、デリカシーゼロ発言への対応も一気にご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:デリカシーがないの意味とは?

まずは記事に入る前に、「デリカシーがない」という言葉の正しい意味をつかんでおきましょう。

「デリカシー」を辞書で改めて調べてみました。

デリカシー【delicacy】

感情、心配りなどの繊細さ。微妙さ。

〈出典:デジタル大辞泉/小学館〉

つまり、「デリカシーがない」というのは、繊細さ感情の細やかさに欠けている人や、そういった振る舞いのことを示します。

 

2:デリカシーがない男女の職場での言動5つ

(1)人前で誰かのミスをネタにする

誰だってミスをすることはあります。しかしそんな仕事のミスを、すぐにネタとして第三者に披露する人はデリカシーがないと思われがちです。

本人は励ましたり、落ち込まないようにやっているつもりでも、ミスした本人からすると言いふらされているように思われてしまうことも。

(2)失礼な言葉を平然と口にする

「ばか」や「ダメな人」など、職場で失礼な言葉を平然と口にする人も、まわりから「デリカシーがない」と評価されやすいでしょう。

下品な言葉をすぐに口にする人が身近にいると、周囲の人は不快感を示しがちでもあります。

(3)すぐ他人を小馬鹿にする

自分が優れているとばかりに、すぐに他人を小馬鹿にする人も、デリカシーのない人として認定されやすい傾向です。

こういう人は本人がいかに優秀でも、周囲からは評価されにくく、やりづらい人と言われる傾向にあります。

(4)秘密をベラベラとしゃべる

業務上の秘密や、同僚のプライベートなど、一般的に「誰かに言うべきではない」とされる事柄をペラペラとしゃべる人も、デリカシーがない人として分類されがちです。

(5)空気を読めない

空気を読まない行動が目立つ人も、周囲からは「デリカシーがない人」という印象が強くなってしまうでしょう。独りよがりな言動が目立った結果、心くばりに欠ける人としてカテゴライズされます。

 

3:デリカシーがない彼氏への対策エピソード3選

デリカシーに欠ける彼と付き合ってしまうと、どう対処すべきか悩みますよね。そんな体験をした女性たちに、実態と対策を聞いてみました。

(1)友達の前で私をこき下ろす

「元カレは、私の友達も前で、私が言ってほしくないことをベラベラとしゃべるタイプでした。オナラが臭いとか、部屋が汚いとか、私をこき下ろす下品なことばかりいうのを見て、いつもデリカシーのない男だと呆れていました……。

そんな彼に対しては、私は友達に会わせないことで、デリカシーのなさが露見しないように気をつけていましたね。恥ずかしずぎますし……」(26歳女性/秘書)

(2)私の目の前で他の女を口説く

「すでに別れた彼氏ですが、女好きすぎて、私がいる場でもタイプな女性に出会うと、すぐに口説いていましたね。あまりにも堂々とやるので、あっけにとられるんですが、今思えば、デリカシーがなさすぎると思います。

注意する気にもならなかったので、やめさせるために、一緒に外出するのを控えて、お家デートばかりしていました」(30歳女性/ネイリスト)

(3)親の前で礼儀がない

「今彼は、私の親の前でも礼儀がなっていない態度をするので、ちょっと困っています。家族からは“デリカシーのない人ね”と評判が悪いのですが、私は結婚を考えているので、なんとかしなくちゃと思っています。

それで、共通の先輩にお願いして、彼の性根を叩き直してもらうことにしました。今は、その先輩が張り切って、彼を調教してくれています」(25歳女性/エステテシャン)

 

4:デリカシーがない友達・親への対処法3つ

友達や親にデリカシーが感じられない場合の対処法をご紹介します。

(1)連れて行く場を選ぶ

デリカシーがない人の特徴は、悪気がないということ。なので、注意したところですぐに治るものではありません。

そのため、デリカシーがない人だとあらかじめわかっているのであれば、最初からデリカシーがなくて困るような状況を避けるようにするのが、なんだかんだ言って手っ取り早い方法です。デリカシーのなさを気にしそうな人に会わせないのも、不用意に恥をかかないためには有効な方法となるでしょう。

(2)やんわりと本人に指摘する

デリカシーがないことにまったく気づいていない人もいるため、本人に指摘をして“気づき”を与えるのも、対処法です。

ただし、あまりストレートに指摘すると「そんなの気にするほうが悪い」「悪く捉えすぎだ」などと反発してくるリスクもあるため、やんわりと伝えたほうがベターでしょう。

(3)問題がある人だとあらかじめ相手に伝えておく

「あの人はデリカシーがない」とわかっているけれど、どうしても会わせなくてはならない相手がいる場合には、相手に対して、あらかじめ「デリカシーに欠けるところがあるけど、気にしないでね」と伝えてしまうのも方法です。

前情報があるのとないのでは、心構えも変わってくるため、先に伝えたほうがトラブルを回避しやすくなると言えます。

 

5:デリカシーがないと言われたら…

友人や親、恋人などから「君って、デリカシーがないよね」と指摘をされれば、ショックを受けてしまいますよね。そんなふうに言われたときにはつい動転しててしまいそうですが、一旦冷静になって、自分のどんな言動がそう思わせたのかを分析するようにしてみましょう。

「デリカシーがない」はネガティブな評価だけに、面と向かって言われると思わずイラっとするもの。ですがそこで反論せず「なんでそう思うの?」と尋ねてみると、自分を見直すキッカケにできます。

 

6:デリカシーのない人は厄介な存在

「あの人って、デリカシーがない」という評価は、比較的よく耳にします。

しかしデリカシーのない人は、周囲からすると厄介な存在。空気が読めない、突飛な行動をする、独りよがり……など、デリカシーがないと言われている人には問題行動が目立つため、身近にいる人が苦労させられてしまうことも……。

そんな人が近くにいる場合、もし距離を置けるような相手であれば、ある程度の距離を置いて接するほうが、実害が少なくて済むでしょうね。