女豹のポーズとは?女豹のポーズをする女子に対する男女の本音

女豹のポーズをご存じですか? これまで多くの男性を虜にしてきたといわれているこのポーズ。セクシーさで男性を魅了するだけでなく、ヨガにも取り入れられていて、ストレッチにもいいポーズでもあるんです! そこで今回は女豹ポーズについて、いろいろと調べてみました。やり方のコツやポイントなどとともに、このポーズに対する男性の本音を見ていきましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:女豹のポーズとは?読み方は

みなさんは女豹のポーズがどのようなものかご存じですか?

女豹と書いて「めひょう」と読み、メスの豹のことを指します。ヨガなどでは「猫ポーズ」と言われたりもします。

女豹のポーズに脚光が集まったのは、1990年代にグラビアアイドルの女王といわれていた雛形あきこさんと言われています。

彼女が撮影時、「豹みたいなポーズをして」を要求されたときにした、両手、両ひざを床につけて、背中を反らして前傾になり、顔を上げたポーズが「女豹のポーズ」の元祖と言われています。そして当時は、雛形あきこさんの名を冠して「雛ポーズ」とも呼ばれいました。

このポーズは、胸や腰のくびれが強調されるため、多くの男性が魅了され、今でもこのポーズのファンが多いのが現状。実は体にもいいこのポーズのやり方と、このポーズで男性を魅了する方法をお教えします。

 

2:女豹のポーズは好きですか?男子の本音エピソード5つ

女豹のポーズに対する男子のリアルな意見をまとめてみました。

(1)セクシー

「女豹ポーズで強調される胸の谷間と突き上げられているお尻がヤバい! そのままヤリたくなる」(Tさん・35歳)

「女豹ポーズはバックでしているときを連想させる。僕は女性のおっぱいよりもお尻に興奮するので、このポーズはやばいかも」(Aさん・26歳)

胸元やくびれを強調するこのポーズに色気を感じない男性はいないでしょう。多くの男性が女豹のポーズをとる女性を見て興奮を覚えるようです。正面からはもちろん、横から見ても後ろから見てもセクシーなポーズです。

(2)Sっぽい

女豹のポーズで見つめられると、すごく狙われてる気分になる。そのまま襲われたいですね」(Tさん・35歳)

「たまにはこのポーズで彼女から誘われたい。いつにも増して興奮しそう!」(Aさん・26歳)

女豹のポーズとは、豹が獲物を狙う際のポージングを模したもの。

なので、女豹のポーズでじっと見つめられると、「なんだか狙われているような気持ちになる」と言います。どこかSっぽい。そこがM男の心をくすぐるそう。

(3)ドン引き

女豹のポーズ自体はセクシーだと思いますが、いざ目の前で女性にこのポーズをされるのはなんか違うなって。自分のことすごくセクシーだと勘違いしている、生意気な女に感じます。人によるのかもしれないけど、僕はそんなにそそられないかな」(Kさん・25歳)

実際に女豹のポーズをされて、引いてしまったという男性もいました。

(4)何も感じない

「特に何も感じないかな。胸の小さい人がこのポーズをとっても、赤ちゃんのはいはいと同じじゃないですか?(笑)」(Lさん・21歳)

なかには女豹のポーズに対して、何も感じないという男性も。強調されるバストやヒップがないと、感情を揺り動かせないかもしれません。

(5)ビッチっぽい

「自分に自信がある人がやるイメージかな。ポーズそのものは嫌いじゃないけれど、自分の彼女にはやってほしくないです。手慣れた感がすごくて、なんか下品な気がします」(Kさん・25歳)

女豹のポーズにビッチさを感じる男性もいました。

 

3:腹痛やダイエットにも効果アリ!女豹のポーズの正しいやり方ポイント3つ

女豹のポーズはヨガでは「猫ポーズ」として取り入れられています。

そんなセクシーで健康的でもあるポーズですが、女豹のポーズのやり方がイマイチわからないという人に、このポーズのポイントをお教えします。

(1)基本的姿勢

女豹ポーズの基本的な姿勢から。まずは床に両手と両ひざをつきます。この際、手のひらは肩の真下、ひざが腰の真下にくるように調整してください。

次に息を吐きながら背中を丸め、おへそを見る形を取ります。そして、背中をゆっくり反らしながらお尻を突き出します。

(2)弓なりに反らす

次に、顔を上にあげ、背中を反らすようにします。そうすることで体に適度な負荷がかかり、気持ちよく体を伸ばすことができます。

首や腰などに違和感を感じる場合は無理せず、正面を向いたままの状態を保つようにしましょう。

(3)自然な呼吸をしながら

基本の女豹ポーズの姿勢から、息をゆっくりと吐きながらへそを覗きこむときには、背中を丸めて天井に引き上げるような感覚を忘れないこともポイント!

女豹ポーズは簡単そうに見えますが、体のいろいろな部分の関節を使います。なので、息を止めず、自然な呼吸をしながら、ゆっくりと体を動かすことが大切です。特に腰には負担がかかりやすいので、腰に持病を持っている人は慎重に。

 

4:まとめ

多くの男性を虜にする女豹のポーズ。男性を魅了するだけではなく、ヨガのポーズとしても使われている、ストレッチのポーズでもあります。

ポーズのコツを覚えて彼を魅了しつつ、健康的な体作りを目指してみてはいかがでしょうか。

✓ skyticketの格安航空券で年末はラブ旅に!