ヤクザっぽいファッションとは?オラオラ系ファッションの特徴

ヤクザっぽいファッションの定義づけは難しいですが、ひと目見ただけで「ちょっと近づきたくないな」というガラの悪いファッションってありますよね。もし彼氏が、そんな服装だったり、オラオラ系のファッションだったりしたら、どう思いますか? そこで今回は、まるでそのスジの人に見えちゃうようなファッションについて、見ていきましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
©gettyimages

1:私の彼氏「ファッションのガラが悪い」って言われるんですが…

街でリサーチをしていたら、彼氏についてこんな悩みを抱えている人がいました。

「彼氏のことを友人に紹介したら“話すといい人だけど、見た目はちょっとコワモテで、ファッションのガラが悪いね”ってみんなから言われたんですよね」(Rさん・26歳女性)

具体的にどんなファッションだったのかを聞いてみると、「ちょっと不良っぽい感じで、レザーと柄物が多め」とのこと。そういったちょっとそのスジに見えるようなファッションや、「オラオラ系」といわれるようなファッションは、好き嫌いが激しいファッションのひとつなのかもしれません。

 

2:好みのブランドは?オラオラ系アウトローファッションの特徴的アイテム5つ

ではオラオラ系のファッションとは、具体的にどんなものなのか、街で特徴やイメージを聞いてみました。

(1)ウォレットチェーン

「ウォレットチェーンをジャラジャラつけている人は、服装もいかついですよね。バイクに乗っている人とかが運転中に財布を落とさないようにつけているっていうならわかるんですけど、街中でウォレットチェーンを付けている人を見ると、ちょっとオラオラ系なのかなって思います」(Eさん・23歳女性)

ウォレットチェーンは財布の落下防止のために生み出されたものですが、ファッションのひとつとして身につけている人も多くいですよね。しかし、ジャラジャラと音をさせながら歩いている姿は、周囲への威嚇と見える場合が少なくありません。

(2)ごついシルバーアクセ

「いかついシルバーアクセサリーを身につけている人を見ると、オラオラした人なのかな、って思いますよね。例えばドクロの指輪とか、太めの十字架のピアスとか。そういうアクセを選ぶ人って、服にもドクロが主張していたりしますよね」(Mさん・27歳男性)

ごっついシルバーアクセサリーも、オラオラ系ファッションと結びつきの強いアイテムです。ドッグタグのネックレスなどをアイテムとしてあげる人もいました。ちなみに「キレイめなファッションにシルバーアクセを合わせている人は、お兄系かなって思う」という意見も。

(3)ティンバーランドのブーツ

「僕が高校時代から流行っていましたが、ティンバーランドのブーツってオラオラ系の人がよく履いているすかイメージがありますね。たぶん、もとはラップとかヒップホップダンスとかしてる人たちが履いてるイメージだったんですけど、ストリートファッションもちょっときれいめになっているから、足元がティンバーのブーツの人は怖めのストリートの人だと思います」(Wさん・29歳男性)

ティンバーランドのブーツに太めのジーンズに合わせて、キャップを後ろにかぶってサングラスをかけて、ロングスリーブTシャツにダウンベストを羽織れば、あっという間にいかついストリート系男子のできあがりです。

(4)レザーアート

「髪にレザーアートを入れている人は、オラオラ系っていうイメージですかね。おしゃれな感じのボウズのサイドにラインを入れて……とか。眉毛にラインを入れている人とかも、オラオラ系っぽいと感じます」(Tさん・27歳女性)

オラオラ系ファッションの人の中には、ボウズやツーブロックの髪型にラインを入れている人も見かけます。ヒョウ柄や蜘蛛の巣などのデザインを入れていると、それだけでかなりヤカラっぽくなります。

(5)和柄

「和柄や和装のアイテムを着ている人は、ヤンチャしている人っていうイメージがありますね。例えば和柄シャツとか、龍とか虎のスカジャンとか。あと、祭りでもないのに甚平とか着てる人。でもそういう人って上下関係に厳しいから、一緒に仕事するときちんとしていてスムーズなんですよね」(Aさん・31歳男性)

ワルっぽく見える人は、日本文化を大事にしているのでしょうか。極道映画のチンピラっぽいイメージかもしれません。

 

3:知的で悪っぽい!インテリヤクザ風ファッションとは?5つ

今度はインテリヤクザ風ファッションをご紹介しましょう。

(1)謎のカラースーツ

「やっぱり、カタギじゃ着なさそうなカラースーツじゃないですかね。インテリヤクザって、スーツとかを着こなす、スタイリッシュなイメージなんですよね。でもネイビーとかグレーとかの無難な色は選ばない。薄いパープルとか、玉虫みたいなグリーンとか。どうしてそれを選ぶんですか……っていうか、どこで売ってるんですか……っていう、独特なセンスなんですよね」(Nさん・27歳男性)

(2)メガネ

「インテリヤクザ風って、『アウトレイジ』の加瀬亮さんのイメージが強いから、アイテムでいうとメガネかなぁ。立派な大学を出ていたり、弁護士資格を持っていたりするイメージがあるので、勉強してきた人って印象なんですよね。

細身で頭が切れるイメージがありますね」(Hさん・32歳女性)

(3)ジッポライター

「小物に気を遣ってそうっていう、勝手なイメージがあります。アウトローな人たちだから、たばこは欠かせないじゃないですか。で、ジッポライターとか、こだわりの詰まったライターを、流れるような動きで使っていそうですよね」(Sさん・28歳男性)

(4)派手なネクタイ

「インテリヤクザ風っていうと、どちらかというと、おしゃれなイメージがあります。普段からスーツで、ネクタイはヨーロッパの高級ブランドものつけている感じ。でもネクタイの柄は、ストライプとかドットとかの普通のじゃなくて、象柄とかゴルフクラブ柄とか、遊びを入れているイメージ。普通の仕事だと突っ込み入れられるくらいインパクトあるああいったネクタイって、どこで売っているんですかね」(Gさん・25歳女性)

(5)ゴールドアクセの本数は少なめ

「お金持ちとかヤクザ風人って、金色が好きな印象があるんですよ。例えば、ゴールドののネックレスとかブレスレットをジャラジャラつけるかんじ。でも、インテリヤクザ風の人は、その本数が少なそうです。でも、太くて重い、みたいな。で、タイガーアイが入った、大玉のパワーストーンブレスレットをつけてるんです」(Uさん・30歳男性)

 

4:まとめ

オラオラ系の男性は短髪で髭が生えているといったイメージが強いようです。カッコイイ方面でいうと、EXILEのATSUSHIさんのイメージです。

ただし、冒頭のコメントのように、そういったファッションは男らしい反面、ガラが悪そうに見えてしまい、警察官の職質のターゲットになりがち。暴力団に対する世の中の目はますます厳しくなっている昨今ですし、ファッションで楽しむのであれば、引き算を上手に取り入れて、本職の人たちからちゃんと距離をおきましょうね。