手を繋ぐ心理とは?彼氏、既婚者、付き合う前も…手を繋ぐ男性心理まるわかり!

好きな人と手を繋ぎたいと思うのは当然のことでしょ!と思うかもしれません。でも、そこにはやはり、さまざまな心理がはたらいています。では、どうして人は手を繋ぎたいと思うのでしょうか。今回は日常的に何気なくおこなわれている「手を繋ぐ」という行為について、深く考察していきます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:手を繋ぐ行動には心理があらわれる

手を繋ぐという行動にも、必ず理由や意味があります。手を繋ぐというのは、ボディタッチのひとつであり、難しい言葉でいえば、身体的接触です。

さまざまな研究で「手を含めた、体に触るという触覚を通じたコミュニケーションは、絆や親近感を形成したり、癒されたという感覚を持つことができる」ということが証明されています。極端にいえば、それは人でなくても、例えばロボットなどでも、相手に触れることで同じような効果が得られることが明らかになっています。

大人(=保護者や養育者)と子ども(=幼児)が手を繋ぐのは、迷子にならないようにだとか、歩行中に危険だからそれを避けるためとかという目的だけではなく、絆や親近感を形成したり、癒やされたという感覚を得ることも目的となります。

子どもの大人との身体接触は、愛着行動(=アタッチメント)と呼ばれます。そして、そんな愛着行動は、恋人同士など、大人同士にも存在します。抱きしめたり(=ハグしたり)、キスしたり、そして手を繋いだりというのが、それにあてはまります。

 

2:手を繋ぐカップル…彼氏の心理

恋人同士で手を繋ぐという行動も、絆や親近感を形成したり、癒やされたという感覚を得ることを目的に行われます。相手に絆や親近感、癒やされたという感覚をもってもらいたいというだけではなく、自分自身も同様の感覚を得たいから手を繋ぐという場合もあります。

なので、手を繋ごうとして、「人前だから恥ずかしい」とか、「ここで手を繋ぐのはちょっと……」と言われると、なんだかふたりのあいだに距離ができたみたいで、寂しく感じてしまいますよね。それは、手を繋がないことで、ふたりのあいだの絆や親近感を失ったと、無意識のうちに感じているからなんです。

 

3:手を繋ぐやり方、関係性で男性心理は違う

上記のことを理解すると、手を繋ぐというのは、すごく大切な行動だとわかると思います。そんな、手を繋ぐという行動ですが、実際には手の繋ぎ方はいろいろあります。

残念ながら、手の繋ぎ方でどう心理が違うのかを明らかにした研究はありませんが、仮説を立てて、手の繋ぎ方による意味の違いを考えてみましょう。

(1)握った手をニギニギする心理は?

握った手を、そんなに痛くない優しい強さで、“ニギニギ”する手の繋ぎ方をするときがあると思います。こういう場合、純粋に手を握りたいというよりも、相手に触れたいとか、ときにはセクシャルなニュアンス、つまりはセックスにもっていこうと考えている可能性があります。

というのも、純粋に手を握って、絆や親近感、癒やされたという感覚をもちたいなら、普通に手を繋ぐだけでいいはずです。にもかかわらず、ニギニギして、指などを絡ませてくるのは、手を繋ぐだけでは物足りないと感じているからです。

まぁ、手持ちぶさたでニギニギしてしまうという場合もありますが……。

(2)繋いだ手をポケットに入れる心理は?

これは、もうテレビドラマか何かの影響でしょう。タイトルは思い出せませんが、筆者は昔、いわゆるトレンディドラマで、そんなシーンを見た記憶があります。

どのドラマだったのは定かではありませんが、女の子の手が冷たいといけないからと、繋いだ手を男性が自分のコートのポケットに入れるというシーンを見た覚えがあります。

どうして繋いだ手をポケットに入れるのか……。これは、心理というよりも、男子は女子と歩くときは車が来ると危ないから車道側を歩くべきということと同様で、今の若い人からするとよくわからない昔の恋愛マナーを、どこかで見知ったからなのかも知れませんね。

まぁ、いい人であることは間違いでしょうが、よほどポケットが大きくないと、手が引っ張られることになりますし、歩きにくいですよね。

(3)手をぎゅっと握る男性心理は?

これ、筆者も若いころに経験があります。けっこう男子はよかれと思って、あえて強めに手を握る場合があるのですが、女子的にはどうなんでしょうか。

男子は、感極まって好きだとか、話したくないという気持ちを伝えようと、手をぎゅっと握ることがあります。力加減次第でしょうが、女子からしたら、痛いとしか思わないかもしれませんね。

(4)付き合う前に手を繋ぐ心理は?

付き合う前に手を繋ごうとする男子は、手を繋いでも相手が嫌がるか嫌がらないかで、その先に進んでいいかどうかを判断しようとしている可能性が高いでしょう。というのも、手とはいえ、好きでもない人に触られたら、女子的には気持ち悪いとしか思いませんよね。それを許容されたということは、相手も少なからず好意をもっているのだろう、と男子は思うわけです。

なんとも思っていない人から手を握られたら、ちゃんとイヤだと伝えるようにしましょうね。

(5)手を繋ぐ既婚者の心理は?

手を繋ぐのは、決して若い人に限ったことではありません。街中で、年配の夫婦が手を握っているの見ると、幸せそうで、なんだかこっちまで幸せな気持ちもありますよね。

手を握ることで、絆や親近感、癒やされたという感覚を得たいのは、年齢に関係がありません。きっと、既婚者で手を握っている人たちは、愛しあっているのでしょう。

自分が既婚者なのに、独身の女性の手を繋く、繋ごうとする男性は、(4)の付き合う前に手を繋ごうとする男子同様、手を繋いでも相手が嫌がるか嫌がらないかで、その先に進んでいいかどうかを判断しようとしていると考えられます。

 

4:まとめ

手を繋ぐというのは、愛あるコミュニケーションのひとつです。本当に好きな人となら、いくつになっても手を繋げる関係でいたいですよね。

✓ skyticketの格安航空券で年末はラブ旅に!