性格が悪い男の特徴!性格が悪い県ランキングと性格悪い自分を変える方法

「この人、性格悪いなぁ……」とイヤな気分になること、ありますよね。特に性格の悪い男性が近くにいるだけで、こっちまで性格が悪くなってしまう気がすることも。そこで今回は、性格が悪い男の特徴をご紹介します。当てはまる男性にはあまり近づかないほうが無難かも。また、性格が悪い人が多いと思う県を独自アンケートで調べましたので、そちらも発表します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:性格が悪いって悪口ですよね?

「アンタ、性格が悪いね!」なんて言われたら、誰だって傷ついてしまいますよね。これは立派な悪口。ただし、性格が合わないだけで、性格が悪いと表現されてしまうこともありますので、気にしすぎるのはよくないでしょう。

また誰かのことを「性格悪い」と思ったとしても、それを口に出して、本人にいうとトラブルの原因に。そっと遠ざかるのが無難な対処法です!

 

2:性格が悪い男の特徴5つ

性格の悪さを前面に出しているならば、わかりやすいのですが、そうはいかないですよね。巧みに性格の悪さを隠している人がいるのも事実。

いい人だなと思って付き合ったあとに、性格の悪さが露呈……なんてこともあるでしょう。ここからは性格が悪い男性にありがちな特徴をご紹介します。もちろん、当てはまるから必ず性格が悪いとは言い切れませんので、ご参考程度に!

(1)店員さんに横柄な態度をとる

お店の店員さんやタクシーの運転手さんなど、目下の人に横柄な態度をとるのも特徴のひとつ。逆らえないという立場を利用して、横柄な態度をとるというのはまさに性格の悪さのあらわれ。親密な関係になったら、あなたにもその態度をとる可能性があると思っておいたほうがいいでしょう。

(2)ぽろぽろと口が悪さが出る

普段はスマートに振る舞っている人で、ポロッと口の悪さが出る瞬間ってありますよね。例えば車の運転中に他の車に文句を言ったり、テレビに出ている有名人を、よく知らないのにディスったり。性格の悪さがチラ見えしている可能性があります。

(3)マウンティング

すぐに何かとマウンティングをとりたがる人にも要注意。どんな話をしても、「結局は自分のほうがすごい!」という結論に結び付ける技は一級品。そんな男性は、たとえ彼女であっても、マウンティングしてくる可能性もあります。

(4)自分の非を認めない

自分が間違っていたり悪かったことを素直に認められず、謝ることもできないというのも性格の悪い男性の特徴のひとつ。

そんなに意固地にならなくても……と思うような小さなことでも、絶対に非を認めたがらない。そんなところが垣間見れたら、性格の悪さを疑ってもいいでしょう。

(5)都合が悪いことから逃げる

都合の悪いことがあった場合に、誠実に対処せず逃げてしまうのも特徴のひとつ。逃げる以外にも、逆ギレするなどで相手をねじふせようとする行動も。

 

3:性格が悪い県ランキングTop3

都道府県によって、性格の悪さに差があるのでしょうか。もちろん明確なデータがあるわけではなくただの印象だったりするのですが、気になる人もいるはずです。

そこで今回は『Menjoy!』独自に「性格が悪い人が多いと思う県」について聞いてみました。そのアンケート結果をもとに、ランキングにしてみたのでご覧ください。

3位:大阪府・・・16.2%

大阪が3位という結果に。

人口の多い大阪は、性格が悪い人も必然的に増えてしまいがち。口が悪い、気性が荒いなんていうイメージがあったり、大阪弁が、普通に話しているつもりでも、大阪弁は怒っているように聞こえる……なんていう意見も。

でも、明るく楽しい、すてきな性格の大阪の人が多いのも事実ですよね。

2位:京都府・・・16.6%

京都が2位にランクイン。

京都といえば思い浮かぶのは京都弁。そして、裏表があるというのは有名ですよね。たとえば「ぶぶ漬け(お茶漬け)はいかがどすか?」と言われれば、それは「早く帰れ」ということ、というのは有名な話。

そういった嫌味が得意なイメージから、上位にランクインしたことが考えられます。

1位:東京都・・・22.6%

そして圧倒的な1位に輝いてしまったのは、やっぱり東京都。上京してきた人が「東京の人は冷たい」なんていう印象を覚えるのも定番ですし、「都会の人=性格が曲がっている」なんて勝手なイメージがあるのかもしれません。

ただし、たくさんの人がいろいろな都道府県から集まってくるところで、人口も多い場所。さまざまな人がいるからこそ、嫌な人に当たる確率が高いということもいえるかもしれませんね。

 

4:性格が悪い自分を直したい…その方法3つ

自分の性格が悪い自覚があって、それで悩んでいる人もいるかもしれません。ここでは、性格が悪い自分を改善していくためのアイデアをご紹介します。

(1)本音を言ってくれる人を大切にする

自分の欠点を指摘してくれるような相手は貴重です。

本音を言ってくれる相手と話す機会を増やし、まずは受け入れてみましょう。もちろんひとりだけだと意見が偏ってしまうので、数人から意見を聞けるといいですね。

そんな友人がいない……という場合は、辛口で有名なマスターがいるバーなどへ飲みに出かけちゃうのもおすすめ。

(2)性格が悪い部分を書きだす

なんとなく自分の性格が悪いと感じていても、具体的にどんなところかまでは把握できていないことが多いのではないでしょうか。そんな場合は、まずは紙に書きだして、把握することが大事。

そして、それは本当に直すべきなのか?と自問自答しましょう。そこで本当に改善したいと思った部分をまずは意識して生活を送ってみましょう。意識することで自然と行動が変わるはずです。

(3)自分に自信を持つ

性格が悪いと思い込んでいる場合もあるでしょう。本当はいい性格なのに、自分に自信がないために「私なんてダメだ……」「私って、なんでこんなに性格が悪いんだろう」なんてネガティブな思考に陥っているパターンも。

そういう人は、自分を好きになり、自信を持つことで心のありようを変えていきましょう。

 

5:職場の性格が悪い女への対処法は?

職場の人間関係は、苦手だからといって簡単には避けられないものですよね。性格が悪い人がいたとしても、上手に付き合いを続けていかなければなりません。

職場の性格が悪い女との対処法としては、なるべく距離感を保って接すること、相手を褒めること、気に障ることを避ける、などがあります。

性格が悪い女と、真正面から正直に付き合っていくと消耗してしまうばかり。「そういう人なんだ」と受け入れ、仕事をしていくうえで支障がない程度のお付き合いをするのがいいでしょう。人の性格はなかなか変えられないので、「なんとかしたい」と頑張らず、上手に機嫌をとって、仕事をスムーズに進めることを優先させましょう。

ただし、うまく合わせることで「この人は自分の理解者だ」と思われると、プライベートな時間まで奪われかねません。ちょうどいい距離感を意識して接しましょう。

 

6:まとめ

性格が悪いと感じる相手がいるのは仕方はないことです。

繰り返しになりますが、そんな相手とは適度な距離感を大切に。そして恋愛対象となる人の性格が悪いかどうかは、なかなか判断しにくいかもしれませんが、一緒に時間を過ごす中で、慎重に見極めるようにしましょう。