末っ子あるある10個!末っ子男女の性格や恋愛傾向とあなたの末っ子度診断

きょうだい編成を聞いて、「末っ子」だと知ったとき、どんな印象を受けますか? 「甘えん坊」「わがまま」などが思い浮かぶかもしれません。性格というのは遺伝もありますが、後天的につくられる部分もあります。そこで今回は末っ子男女の性格・恋愛傾向や、末っ子度診断など「末っ子」にまつわるアレコレを大特集します!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:末っ子と長男・長女は全然違う?

最近では、長子・中間子・末っ子・一人っ子によって性格のタイプが違うという説もかなりメジャーになってきましたよね。

特に、末っ子と長男・長女であれば、その性格や考え方を比較してみると、かなり大きな差が見られるということもめずらしくありません。それがカップルだったりすると、その性格の違いでケンカやすれ違いに発展するという可能性も……。

 

2:末っ子の性格ってどんな?末っ子あるある5選

そこでまずは、末っ子として生まれた人にありがちな特徴を5つご紹介します。

(1)甘え上手

末っ子として生まれると、両親から溺愛され、また上のきょうだいにも面倒をみてもらったり可愛がられる場合も多く、甘やかされて育つ人も少なくありません。

その影響から、社会に出てからも他人に頼ったり甘えたりするのがとてもスムーズにできてしまうような、甘え上手タイプが多くなる傾向があります。

(2)世渡りがうまい

末っ子は、上の兄弟姉妹が、両親に怒られたり、他者との人間関係に揉まれている姿を見て育つため、「同じ過ちはおかすまい」と考えるチャンスが小さいころから多いです。

その結果、人間関係をうまく構築していくスキルを身につけやすい性格の人が多いと言われています。そして社会人となると、次第に「世渡り上手」と言われることも。

(3)自己中心的

甘やかされて育った末っ子の場合には、大人になってからその背景が悪い方向に強調されるケースもあります。

そういったタイプの場合、周囲から「自己中な人」のレッテルを貼られてしまうこともしばしばです。ただし悪い影響だけでなく、オラオラ系男性が好きな人やツンデレ系の女性が好きな人からは絶大な人気を誇る、モテポイントにもなりえます。

(4)人に頼りがち

末っ子は、親や上の兄弟姉妹がアレコレと世話を焼いてくれて育つことも多いため、自分では「何もできない・やらない」というスタイルが染み付いてしまっている人も珍しくありません。

そのため、自ら動くよりも、人を動かすスキルに長けているとも言えるでしょう。

(5)負けず嫌い

末っ子には、末っ子として常に上の兄弟姉妹に負かされて育っている経験から、社会に出てからは、極端な負けず嫌いになっている人も散見されます。

他者と張り合わなくていい部分でまで、やたら張り合おうとする厄介なタイプも珍しくありません。

 

3:末っ子男女の恋愛傾向5選

末っ子として育った男女の恋愛傾向にも、末っ子ならではの特徴があるようです。そんな傾向をご紹介します。

(1)長男・長女をパートナーに選びがち

末っ子で生まれた人は、長男・長女として生まれた“しっかり者タイプ”をパートナーに選びやすい傾向にあります。

甘えられる相手や頼れる相手と一緒にいることを心地よく感じるため、無意識に長女や長男をパートナーに選ぶのでしょう。

(2)末っ子同士だと「似た者同士」でけんかが絶えない

末っ子同士で交際、結婚に至ったカップルの場合には、「似た者同士」の関係になりがち。似た者同士であるがゆえに衝突が増え、けんかやトラブルの多いカップルになってしまうでしょう。

ただし、けんかが多いのは、決して悪いことだけではありません。「雨降って地固まる」というように、細かいけんかを繰り返しているカップルのほうが、強固な絆で結ばれるという面もあります。

(3)嫉妬深い

親きょうだいの愛情を受け、甘やかされて育ってきた末っ子ほど、愛する相手を自分のものだけにしたくて、嫉妬深くなってしまう傾向も。

パートナーの一挙手一投足が気になり、常に連絡をとっていないと気が済まないという、ちょっと重めな恋愛を繰り返してしまう末っ子もいます。

(4)甘えられないと不機嫌になる

末っ子は「自分が甘える立場にあって、当たり前」的な環境で育ってきた人も少なくありません。

そのため、パートナーに対しても、自分が甘えたいときに自由に甘えられないとなると、それだけで不機嫌になってしまうケースも珍しくないでしょう。

(5)思い通りにならないと不機嫌になる

わがまま放題で育ててもらった末っ子ほど、「世の中は自分の思い通りに動いて当たり前」。

パートナーに対しても、自分の思い通りにならないと急に不機嫌になることが少なくありません。

 

4:あなたはどのくらい?末っ子度診断項目10のリスト

さて「あの人って、いかにも末っ子っていう感じだよね!」と言われる人には、それなりの理由があります。また、末っ子であっても、末っ子らしくない人もいますし、実際には末っ子でないのに、「末っ子っぽい」って言われることも。

そこで、末っ子度を診断する項目をご紹介します。当てはまるものが多いほど、末っ子度が高めと見ていいでしょう。

(1)甘えん坊気質

甘えん坊な気質が強い人は、周囲から「末っ子っぽい!」と思われがち。しっかり者タイプが多い長男・長女タイプと比較すると、そのコントラストはかなり強いものになりやすいでしょう。

(2)多少のわがままなら通せる自信がある

わがままを言うのが得意な人も「末っ子っぽいよね〜」と評価されやすいです。末っ子は、基本的に両親から甘やかされて育つ人が多いため、どうしてもわがままな性格になりやすいというイメージが関係しているでしょう。

(3)考え方が比較的に若い

末っ子は、常に上の兄弟姉妹に頼っても許される環境にいるために、とかく「年齢のわりに考え方が幼い」と思われてしまう言動をしがち。良くも悪くも、大人になりきれない少年・少女のような面を持ち合わせている人も珍しくありません。

(4)中古品に抵抗がない

末っ子は、幼いころから上の兄弟姉妹のおさがりを使うことに慣れているため、古着などのヴィンテージアイテムを使うことに、あまり抵抗を示さない人も多いでしょう。「新しいものを買うよりも、お古を使うほうがお得だし!」と何の抵抗もなく、誰かのお古を愛用できるのは特技といえるかもしれません。

(5)我慢するのが苦手

長男や長女として育った人は「あなたは、お兄ちゃんだから我慢して」「あなたは、お姉ちゃんなのだから」と我慢を強いられてきた経験が多くなりがち。

でも、末っ子は我慢をする必要に迫られてこなかった人も多い傾向にあります。そのため大人になっても、我慢ができない性分になっている人も少なくないでしょう。そして、その感情をストレートに出してくることも……。

(6)人間観察が得意

幼いころから、姉や兄たちが親や第三者と接している姿を観察してきた環境におかれてきたため、人間観察を得意とする末っ子も珍しくありません。

身近なきょうだいの行動を見て、自分の処世術に活かしてきた経験が、「あの人に対してこんなふうに接するといいんだな」「あの人はこういことを言うと怒るんだな」などというように、社会になっても活きている人が多いのです。

(7)人のせいにするのが得意

幼いころ、親に怒られそうになったときに、とっさにきょうだいのせいにするのが得意だった末っ子も少なくありません。そんな経験から、大人になっても、何かが起きたときに、自分の責任をするりと回避し、いつのまにか人のせいにしてしまうことも。

(8)かまってちゃん

小さなころから親にチヤホヤされて育ってきたり、ひとりっきりで過ごす時間が少なかった末っ子タイプのは、誰かがチヤホヤしてくれないと途端に寂しくなってしまう傾向が強いです。

誰かがかまってくれないと、拗ねてしまったり、つねにかまってくれる人を周囲におきたがる傾向も。

(9)マネが得意

子どものころから上の兄弟姉妹のマネをして育ってきた末っ子。大人になってからも、そのスキルを発揮し、誰かのマネをするのが得意な人も多い傾向にあります。

(10)自分では何もできない

親や上の兄弟姉妹がいつもお世話をしてきてくれた末っ子ほど、大人になっても、自分では何もできない人になってしまっている面も否めません。

 

5)こだわりが強くて不器用?長女あるある

『Menjoy!』過去記事「長女あるある13連発!長女の性格・恋愛・相性の特徴と血液型による違いも分析」によると、長女として育った人にも特有のあるあるが存在する様子。

一般的によく言われているのは、責任感が強くならざるをえない立場に置かれるため、恋愛や仕事でもその責任感の強さが良くも悪くも影響しやすいという点。

ただし、ひと口に「長女」と言っても、男兄弟のいる長女といない長女、一人っ子として育った長女など、その環境の違いによっても、恋愛や人付き合いへの傾向は異なるとのこと。

 

6)マザコンが多めなの?長男あるある

長男として育ってきた男性にも、固有のあるあるが存在します。『Menjoy!』過去記事「長い男の性格をまるっと解説!長男と相性の良いのは長女?末っ子?」によれば、長男には責任感と俺サマ気質が強い男性が多く、またマザコンが多いとよく言われています。また、競争意識の少ないおっとりタイプの人も少なくないよう。

恋愛においては、わりと自分勝手にふるまう男性が多く、ふたりきりになると豹変するタイプの男性も珍しくないとのことです。

 

7)こじらせた末っ子は厄介な存在に…

ひと口に「末っ子の特徴」と言っても、強く出ている性格には、個人差があるものです。ただし末っ子の末っ子らしさをこじらせてしまうと、甘えん坊な気質やわがままな性分ばかりが強調されやすいために、厄介な存在として扱われやすいのも実情でしょう。

ネガティブな末っ子感は控えめに、愛され末っ子感を手に入れることができれば、モテへの近道になるのは間違いありません!