ネアカはモテる!ネアカな人の特徴と魅力、ネアカになる方法               

ネアカ(根明)な人というと「リア充」や人生を楽しく生きている人というイメージがありませんか? 筆者は基本的に根暗なタイプで家にこもっているほうが好きなので、ネアカな性格の人にはちょっぴり憧れを持っていますが、みなさんはいかがでしょう。そこで今回は、ネアカな人の特徴や魅力、ネアカな人にはどんなメリットがあるのかをご紹介したいと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
©gettyimages

1:ネアカとは?ちなみにネアカールソンとは…

ネアカの正しい意味を知るべく、まずは辞書で調べてみましょう。

ね‐あか【根明】の意味

ねっから性格が明るいこと。また、そのさまや、そういう人。「根明な(の)お調子者」⇔根暗 (ねくら) 。

(出典:デジタル大辞泉/小学館)

「根暗」という言葉のほうが一般的に聞く機会が多いかもしれません。「根明」はその対義語ですね。

ちなみにカタカナで「ネアカ」と検索してみると、「ネア・カールソン」という言葉がヒットします。この「ネア・カールソン」とは「DEAD BY DAYLIGHT」というカナダの人気対戦サバイバルホラーゲームに登場するキャラクター。

身のこなしが軽い少女なので、逃げ回るのが目的のゲームにおいて人気がありますが、性格はネアカとはまったくかけ離れているようですね。このネアカと聞いて「ネア・カールソン」を思い浮かべた人は、なかなかのゲーマーかもしれません。

 

2:ネアカな人の特徴5つ

さて、話を本題に戻しますが、あなたの周りにいるネアカな人は、どんな性格でしょう。いわゆる「ネアカな人」の特徴をまとめました。

(1)いつも明るい

「根明=根が明るい」という意味のごとく、ネアカな性格の人はいつも明るい人が多いですよね。常にニコニコと笑顔を絶やさず、朝から元気に挨拶してくれたりと、なんだか周りまで元気になりそうな人ばかり。ネアカの人はムードメーカーな人も多いですよね。

(2)何事にもポジティブ

前向きでポジティブな考え方をすることは、ネアカな人に多く見られる特徴です。失敗してもくよくよ悩むことなく常に前に進むことを考えているので、ダメージも少なく挽回することができます。

一緒にいる人がポジティブな考えだと、周りまで前向きになれるので、とてもありがたい存在ですよね。

(3)自分を認めている

ネアカな人は、「自分なんか……」と自分を卑下するような言葉は使いません。どんなときも等身大の自分を受け入れて認めているため、小さな変化や成長にも敏感。自分のことをよく知っています。

そのぶん、周囲のネガティブな空気を理解できず、知らず知らずのうちに人を傷つけたり、浮き上がってしまうリスクももっています。

(4)空気を読まない

いつでも明るくてポジティブなネアカさんですが、そのためにマイペース人間だと思われてしまうこともあります。「こういったらこの人はどう思うだろう」「あの人はこんな痛みを抱えているかもしれない」といったことに気が回りにくく、前向きパワーで突進してしまうことも。

そのため、繊細な感受性が求められる組織などでは、空気読まないキャラに認定されてしまったり、そのために孤立してしまうリスクもあります。

 

(5)コミュニケーションをとるのが上手

ネアカな人は、誰とでも気さくにコミュニケーションをとり、人の輪の中に入るのが得意です。話し上手でなくても、挨拶や会釈などができたり、相手が誰でも態度を変えずに話したりと、場の雰囲気を壊さず上手にコミュニケーションをとることができます。

 

3:ネアカな人の魅力3つ

(1)一緒にいると元気になる

先ほども少し触れましたが、いつも明るい人といると、こっちまで元気をもらえます。たとえ自分が落ち込んでいても、ポジティブなパワーをもらえますし、ネアカな人と一緒にいるとなんだか悩みも小さくなりそう。

(2)楽しいことができそう

ネアカの人って、いつも楽しく過ごしているように見えませんか? 一緒にいると、こっちも楽しくいられそうな気がしたり、楽しいことが始まりそうな気がします。明るい人の周りに人が集まりやすいのは、こうした理由もあるのかもしれませんね。

(3)悩みを相談しやすい

悩みを抱えているとき、ネガティブな相手には相談したいと思いませんよね。

できれば明るく前向きな人のほうが悩みを打ち明けて相談しやすいもの。ネアカな人に悩みを相談すれば、なにか状況を変えられるようないいアイデアももらえそうな気がしますよ。

 

4:ネアカになる方法3つ

もしあなたがネクラなタイプで、少しネアカになれたらいいなと思うのであれば、次のような方法を試してみてください。

(1)気持ちを切り替える

嫌なことや悲しいことがあったとき、いつまでも嫌な気分や悲しい思いに浸っているのではなく、すぐに気持ちを切り替える習慣を身につける努力をしてみましょう。

ネアカの人は、ネガティブな気持ちを引きずらず、気持ちを上手にコントロールしてすぐに気持ちを切り替えています。

(2)マイナスなことをプラスに考えてみる

嫌なことがあったとき、ネアカの人はできるだけプラスに考えます。欲しいものが売り切れていたら「縁がなかったてことかな」と思うようにしたり、雨で出かけられなかったら「今日は読めていない本をゆっくり読んで、身体を休めよう」と考えたり。

決して「最悪だ〜、もう嫌だ〜」「予定が変わって落ちる〜、何もしたくない〜」と、マイナス思考に陥らないように心がけてみましょう。

(3)小さな成功体験を大切にする

上手にできたこと、うまくできたことがあれば、どんな小さなことでもいいので自分を褒めてみましょう。

「いつもより5分早く家を出ることができた」「終業時間きっかりに仕事を終えることができた」「人気のお店の予約を取ることができた」など、ささいな成功体験でもきちんと自分を褒めてあげることで、ポジティブで前向きな考えになれます。

 

5:暗いよりは明るいほうがいい!

ネクラであるかネアカであるかということは、性格やタイプがありますので、無理をして変える必要はないでしょう。

ただ、明るくポジティブなネアカな生き方には、悪いことも良い方向に向けられそうなパワーがありますよね。どちらがいい悪いという話ではないですが、ネクラの人は、ネアカの人のいい部分をうまく自分に取り入れてみてもいいのかもしれませんよ。