既読スルーする男性心理って?好きな人に既読無視する男性の傾向と対策

LINEなど、メッセージを読んでいても返信しないことを「既読スルー」と言いますよね。返事を期待してメッセージを送っている立場からすると、いつ返事が来るのか、心配と同時に、なんで返事をしてこないのか不愉快にすらなります。どうして人は既読スルーをしてしまうのでしょうか。今回は、既読スルーする男性心理について考えてみましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:女性と男性で既読スルーの理由は違う?

既読スルーは、男子だけではなく、女子だってすると思います。男女で、そこに理由の違いがあるのでしょうか。残念ながら、いろいろ調べてみたのですが、その違いを明らかにした研究はありませんでした。

しかしながら、既読スルーされた側の受け取り方には、わずかですが研究があり、そこには男女共通した受け取り方があることがわかっています。

相模女子大学の加藤由樹氏が、「LINEの既読表示機能に関する基礎調査」というのを行なっています。それによると「既読スルーは読み手による意図的な無視であり、コミュニケーションのルールに反する行動という考え方があるのではないか」と指摘しています。また、その一方で、既読スルーをされた原因を、メッセージを送った自分自身の失敗にあるのではないかと考えて悩む人もいることを指摘しています。

スマートフォンは誰にとっても肌身離さず携帯しているものであって、メッセージを受け取ればすぐに見られるはずだと多くの人は考えている。そのため自分が送ったメッセージを読まないというのは、相手の意図的な“無視”ということ。そのために、既読スルーされると悩む人が多いということ。

たしかに、会話でも話しかけているのに無視されたら嫌な気持ちになりますよね。

 

2:LINEを既読スルーする男性心理

では、男性はどうして既読スルーをしてしまうのか考えてみましょう。これについても調べた研究がないので、あくまで仮説になってしまうのですが、紹介していきたいと思います。

(1)返事の必要性を感じない

男性で会話がヘタな人って、めずらしくありません。デートしているときを思い出してください。「ねぇ、ちょっと聞いてる?」と言った経験はありませんか?

男性には、「YESかNO」で答えるような会話しかできない人って、けっこういます。こういう会話の仕方をする人は、相手からメッセージが届いても、YESかNOで答えるものではないと、なかなか返事を返せなかったりします。

明確に返事が欲しいときは、それが必要だと思う文章を添えるようにしましょう。

(2)返事が面倒

YESかNOかで答える会話をする男性は、話題を発展させるような会話が苦手なことも多々あります。そういう男子は、YESかNOで答える以外の返事に、面倒さを感じます。

そうなると、もう読んだけど返事をしないという行動をとってしまいます。なので、必ずYESかNOで答える文章を最後に添えることが大事です。

(3)単純に忙しい

もちろん、単純に忙しいという場合もあります。車の運転中で、信号で止まったときにメッセージは読んだけど、返事をするほどの時間はないという場面は、筆者にもよくあります。つまり、無視をしているわけではなく、返信したいけど、諸事情で無理という状況は、必ずあります。

そして、かなりの確率で返事を忘れます。なので、返事がない場合は、改めてメッセージを投げかけてみましょう。

 

3:好きな人に既読無視する男性心理

では、好きな人であるにもかかわらず、既読無視をするのはどんな場合でしょうか。

(1)返事が必要ないと思っている

先ほども少し触れましたが、恋人から送られてきたメッセージに、返事が必要だと思っていない場合があります。繰り返しになりますが、男性とメッセージをやり取りをするときは、ちゃんと返事が必要とわかるように、メッセージを送りましょう。

(2)面倒

コミュニケーションが得意ではないということに共通するのですが、得意ではないからこそ、面倒になって返事をしないということも。そういう面倒くさがり屋な彼には、「返事はスタンプを送るだけでも大丈夫」ということを、さりげなく示してあげてはどうでしょうか。

(3)返信をする時間がない

これも繰り返しになりますが、立ち止まって返事を返したいと思いつつ、電車の乗り換えのタイミングだったりして、うまく返事ができないときがあります。そして、あとで返事しよう思っても、忘れてしまって、あっという間に数時間たってしまうことも。

相手の様子を推測して、「今の時間は返せないのかな?」と理解してあげられるといいかもしれません。

 

4:好きな人に既読無視されたら諦めるべき?

電話と違って、リアルタイムで返事をしなくてもいいのがLINEなどのメッセージツールのいいところ。既読無視されたからといって、悩む必要はないでしょう。

おおざっぱにいって、12時間(=半日)以上、返事がなければ、返信をせっついてもいいかもしれませんが、そうでなければ、気長に待つのがベターと思います。

筆者だって、大学の授業や会議などで、半日以上の時間が忙しくて、ついつい返信し忘れることがけっこうあります。それが、営業職のビジネスパーソンだったりしたら、なおさらではないでしょうか。

なにも、既読無視で嫌われたとか、私のこと好きじゃないんだなんて、悩む必要はありません。

 

5:諦めるのはまだ早い!既読スルーへの対応

とはいえ、既読スルーされたら、どうすればいいのか……と悩む人も多いかもしれませんね。そこで、どう対応したらいいのかを考えてみました。

(1)しばらくしてから同じメッセージを再度送る

すでにお伝えしたように、メッセージを読んだけど返信できず、忙しくてついつい返信を忘れていたということもあります。まずは、忘れていないかの確認も含めて、しばらくたってからもう一度、メッセージを送るようにしてみましょう。

(2)YESかNOで答えられる質問をメッセージする

繰り返しになりますが、話を広げるような会話が苦手な男子も多いです。なので、答えを求めるような会話、特に、YESかNOで答えるような会話を送るなどして、返事に苦労しないように工夫しましょう。質問を投げかけるメッセージであれば、彼も返信しやすいでしょう。

(3)話の流れを無視してでも、相手の好きなテーマでメッセージをする

最終手段は、一度話題を変えてメッセージを送ってみましょう。そういうときは、相手の好きなテーマで会話をふってみるのがポイントです。たいていの人は、自分の好きなものや自分が詳しいことについて話をふられると、話したくなるものです。

 

6:まとめ

男子からすれば、既読無視は無視ではないと考えている場合も多いです。既読無視されたかといって、あまり落ち込みすぎず、先ほど紹介した対処法などを試してみてくださいね。

 

【参考】

既読無視と未読無視 : LINEの既読表示機能に関する基礎調査

✓ skyticketの格安航空券で年末はラブ旅に!