ビッチの特徴は?一見そうは見えない隠れビッチをどう見抜いているかを検証

あなたの周りにビッチはいますか? ビッチとは女性をけなす言葉であり、あまり口に出して言うべき言葉ではありませんよね。しかしその一方で、ビッチな女子の周りには男が絶えません。果たしてビッチは嫌われ者なんでしょうか。そこで今回は、ビッチについて考察していきましょう。隠れビッチの見極め方などもご紹介しますよ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:ビッチって何?口にしてはいけない言葉です

ビッチとは、あばずれなどの言葉と類義語で、男性に対してだらしない女性のことを指す言葉です。

「男に対して簡単に股を開く」といった皮肉の意味が込められており、女性を最大級に貶める言葉になります。

今回はそんな軽い女性について、男性にそう見られてしまう特徴などをご紹介。また、男はビッチが嫌いなのでしょうか。その本音を探ってみたいと思います。

 

2:男性はここで判断している!隠れビッチの特徴5つ

見た目は真面目そう、身持ちが堅そうなのに、実際は男にだらしのない女性のことを「隠れビッチ」といいます。そんな隠れビッチは、どうやって判別できるのでしょうか。

(1)ボディタッチが激しい

 

「不用意に体を触られると、ビッチだなぁと思いつつも、イヤな気持ちはしないですよね。やっぱり女性から触ってもらえるのは嬉しい(笑)」(Kさん・22歳)

ボディタッチが激しい女性に対し、男性は「男慣れしてんな~」と感じるよう。けれど、触られてまんざらでもないのが男性なのです。

(2)お酒好き

「お酒が好きな人って、だいたいセックスも好き。お酒を理由に女性のほうから誘ってきたりするタイプは少し厄介なビッチですよね」(Tさん・35歳)

お酒を好む女性は、日々のストレスをお酒で発散するという人も多いです。そして、溜め込んだ性欲も、お酒で発散!というタイプも。なので、お酒が好き=隠れビッチ認定されがちなのです。

(3)軽そうな大学生

「大学生って、まだ真剣に結婚とかも考えてなくて、社会人として守るべき立場もないので、簡単に体の関係にもっていきやすいんです。偏見ではありますが、そのくらいの子はみんな遊んでいるイメージですかね」(Tさん・35歳)

大学生という肩書きだけでビッチと思われるなんて心外ですよね! でも「若いうちにいっぱい遊びたい」という感覚の女子大生は少なくなく、全員パリピでパパ活で承認欲求の強いビッチだと本気で思っているという男性も。

(4)寂しがり屋

「寂しがり屋のかまってちゃんタイプ。そういった女性はかまってくれる人であれば誰でもいいように感じます。

実際に“可愛いね”とか言って口説けば、簡単に落ちますし、誰にでもついていくわけでしょ」(Oさん・32歳)

寂しがり屋の女性は、かまってくれる男性ならついていきやすいという理由で、隠れビッチの烙印が押されてしまいます。

(5)量産型系女子

「量産型系女子って、みんな同じパターンで簡単に口説き落とせるんですよ。

見た目も同じだけど、考えていることも同じなのかなぁ。最初は素っ気ないんですけど、真面目なフリをして何度か口説いたら、すぐに落とせる」(Tさん・35歳)

特にこだわりもなく、みんなと同じような恰好をし同じような行動をとる量産型系女子。ひとり釣れれば同じ餌で全員釣れると思われているのでご注意あれ。

 

3:ビッチに学ぶモテ研究!ビッチが男を切らさないテクニック5つ

ビッチとは女性をけなす言葉ですが、なんだかんだ、男はビッチという生物が大好き。男を切らさないほどモテるビッチのテクニックとは、どんなものなのでしょう。

(1)床上手

男性とそれなりに経験があるために、ビッチはセックスがうまい傾向にあります。ビッチだとは思いつつ、そのテクニックに魅了されてハマっていく男性も少なくないのでしょう。

(2)あざといボディタッチ

ボディタッチは男性の願望。むしろあざとい程ボディタッチをベタベタしてくれるくらいが、草食系男子にはちょうどいいのです。

(3)引き付けるのがうまい

ビッチは他人にかまってもらいたいがために、人を引き付けるのがうまいです。そして最初はかまってあげているつもりだったのに、いつしか目が離せなくなるのがビッチの持つ吸引力なのです。

(4)ライバルが多い

ビッチというのは、基本周りに男が絶えません。そのことは、男性の狩猟本能をかき立たせます。敵が多いほうが燃えやすいといった男性の本能を刺激するので、ビッチはモテるのです。

(5)スリルがある

純情で真面目タイプの女子と比べると、何をしでかすかわからないのがビッチの生態。そのため、恋愛にはスリルがつきまといます。好奇心旺盛な男性からすると、この手の女性のほうが魅力的に映るのです。

 

4:夜だけビッチとの艶っぽい体験談3つ

昼間とは一転、夜になるとエッチが大好きなビッチに豹変してしまう女性とのエッチな体験談。ホラ、やっぱりビッチが大好きなんじゃん(笑)!

(1)キレイすぎる裸体

「クラブで誘ってきた女子とのワンナイト。とにかく彼女の体はパーフェクト。普段から人に見られることで体に磨きがかかるのか、まるで絵に描いたような裸体でした」(Aさん・26歳/会社員)

(2)神テク

「今の彼女は隠れビッチでした(笑)。純粋そうな見た目なのに経験人数は多いようで、今までに感じたことのない快楽をセックスで教えてくれました。過去の男性に嫉妬してしまいますが、彼女のテクニックを失うことは考えられません」(Cさん・29歳/会社員)

(3)エッチがとにかく大胆

「僕のセフレは本当にエッチが大好き。向こうから複数プレイのお申込みもあるくらい。ある日、女子ふたりでいきなり部屋に押しかけてきて、そのままエッチな関係に。その大胆さには驚くけど、刺激的で最高。本命としては考えづらいけどね」(Mさん・26歳/大学生)

 

5:まとめ

ビッチは、女性をけなす言葉。だからビッチは嫌われ者かと思いがち。ですが、意外や意外? 男性はビッチが大好きなんです。

不特定多数の男性に好かれたいのであれば、あざといビッチになることをおすすめします。ただし、本命にはなりにくいので、誰かの本命になりたいのであれば一途にひとりの男性を愛することを忘れないように。

✓ skyticketの格安航空券で年末はラブ旅に!