生理とデートが被っちゃった…彼氏の本音と生理中デートの場所・プラン・服装

生理とデートが被っちゃうと、とたんにユーウツな気分になる女性も多いですよね。ドタキャンするのも悪いし、かといって生理だから気分も乗らないし……となる女性も多いでしょう。そこで今回は「生理中のデート」について特集! 生理デートへの彼氏の本音や、生理中デートに適した場所やプラン、服装などを一気にお届けします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
©gettyimages

1:初デートと生理が被った…

初デートと生理が重なってしまうと困りますよね。たとえお泊りの予定がないデートであっても、生理が重ければ、お出かけするのも億劫になり、ブルーに感じることも多いと思います。

「いっそのことドタキャンしたい」と考えてしまってもおかしくはないですが、彼の性格や、どのぐらいぶりのデートかなどで、そう簡単にもいかないことも……。ますますブルーになってしまうかもしれません。

 

2:彼女が生理だとデートを断る男性心理3つ

(1)エッチできないから

「僕は彼女がデートの日に生理だからって言われたら、じゃあその日は会うのやめとこうって言います。いや、カラダ目当てなわけではないけど、彼女と会ったらエッチしたくなっちゃうから……。

エッチが絶対にできないってわかってるデートって、なんか燃えないんですよ。それなのにデートして、彼女がこっちに気を遣わせるのものイヤなので、自粛します」(32歳男性/飲食)

(2)身体への負担を考えて

「彼女は生理中、お腹が痛くなるだけでなく、貧血っぽくて具合が悪くなったり、ひどい頭痛になったりするんです。

なので前々からデートの約束をしていても、生理になったと聞いたら、家でゆっくり休みなって言います」(35歳男性/商社)

(3)気分の浮き沈みがありそうだから

「つまらないケンカはいつも、彼女が生理中のときにおこるっていう法則を発見してからは、生理中のデートは控えるようになりました。

彼女が普段より攻撃的になるので、どんなに気をつけていても言い争いになっちゃうんです。それでお互いに相手のことを嫌いになったら最悪じゃないですか。だから会わないほうが無難なんです」(31歳男性/不動産管理)

 

3:彼女が生理でもデートOKな男性心理3つ

(1)カラダだけが目的じゃないから

「うちの彼女は生理が軽いほうなので、生理でもデートはします。まあ遠くへのお出かけとかはスケジュールを変更したりしますけど、カフェでお茶したり、おうちデートをしたりして、必ず会いますね。

エッチはできないけど、会えるだけで満足。だって好きですから」(34歳男性/PR)

(2)親密な感じがしていい

「彼女が生理なことを知っているのって、彼氏こそじゃないですか? 特別に思ってくれている気がして嬉しいですよね。なので、生理で体調が思わしくないなら、それなりにまったりとしたデートをすればいいだけだし、キャンセルまではしません。

むしろ、生理中の彼女を労わりながらデートするのは、親密な感じがしていいですね」(38歳男性/サービス)

(3)仕方ないと割り切っているから

「生理のたびにデートをやめていたら、毎月、最低でも1回は必ずデートを取りやめることになってしまいます。

女性には生理があって当たり前だし、そういうものだと思っているので、デートに生理がぶつかったとき、こちらが動じても仕方ないと割り切っています」(41歳男性/マスコミ)

 

4:生理中のデートプランでおすすめの場所3つ

生理のときには、体への負担を減らせるデートプランがおすすめです。そこでおすすめプランを3つご紹介します。

(1)彼女の家でお家デート

生理中には、トイレに行く頻度や下着の汚れなど、さまざまなことが気になる女性も少なくありません。そのためお互いがひとり暮らしの場合、お家デートがもっとも安心感が高いデート場所となりやすく、さらには彼の家よりも、自分の家のほうが過ごしやすいといえるでしょう。

(2)カフェ

気になったときに、すぐにトイレに行くことのできるカフェデートも、生理中のデートスポットとしておすすめです。

生理痛などにより、長時間歩くのがシンドイ女性でも、カフェならばゆったりとした気持ちでデートを楽しみやすいでしょう。

(3)軽いお散歩

生理中には、動きたくない……という女性も少なくありません。

しかしゴロゴロダラダラしているのも、せっかく彼氏と一緒にいるのにつまらない!という気持ちになるもの。そういうときには、近所や近くの公園などを散策するような、のんびりお散歩デートがおすすめ。ポカポカ日和ならブルーな気持ちも晴れていくでしょう。

 

5:生理中のデートの服装

生理中のデートには、汚れても目立ちにくいダークカラーのボトムを選ぶと、安心感が高まるでしょう。また、トイレに行ったときに着脱しやすいことも、デート中にモタつく時間を減らすための工夫に。

さらに、ウエストの締め付けが少なく、ベルトがゴムになっているボトムスや、お腹をふんわり包むフレアスカートなどを選ぶことにより、外出先で不意の体調不良を招きにくくなるでしょう。

 

6:生理でデートを断りたい…ガッカリさせない断り方3選

生理を理由にデートを断るときに、相手をガッカリさせにくい断り方を3選ご紹介します。

(1)「体調不良」を使う

まだ素直に生理を伝えるのが恥ずかしい間柄にある彼氏なら「体調不良」という言い回しを使ってデートを断ると、角が立ちにくいでしょう。

体調不良を理由にするときには、具体的に不調を伝えたほうが信ぴょう性が高まるため「腹痛」や「頭痛」など、生理に関連して生じている実際の不調も盛り込むと、より理解してもらいやすくなります。

(2)ストレートに「生理で」と言う

すでに深い仲になっている彼氏が相手なら「ごめん! 生理になっちゃって」と素直に伝えるのがベターな方法です。

しのごの言い訳されるよりも「生理ならしかたないな」と思う男性も少なくないために、角が立ちにくい断り方と言えるでしょう。

(3)代替案を出す

デートを断るときには、ただ断るだけで終えてしまうと「次」がなくなってしまうこともあります。

そこで、相手をガッカリさせないためにも「今日はダメだけど、明後日はどう?」という具合に、直近の候補日を挙げつつ代替案を出すと、角が立ちにくくなります。

 

7:生理中のデートはブルー

生理の重いor軽いにかかわらず、生理ではない日に比べると、生理中のデートは億劫に感じがち。

生理中のデートは、どうしてもブルーな気分になりがちなことをあらかじめ彼理解してもらっておくと、デートで生理になったときのユーウツを軽減できるかもしれません。