箱入り娘とは?箱入り娘が男性から好まれる理由と箱入り娘との結婚失敗談

友だちから「箱入り娘だね」と言われたらうれしいですか? ちょっと複雑な気持ちになる人も多いのではないでしょうか。ただし「箱入り娘」と聞くと、男性からの印象がいいイメージもあります。そこで今回は、箱入り娘が男性に好かれる理由や、箱入り娘あるある、さらには箱入り娘との結婚で失敗したエピソードを紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:箱入り娘の意味は?

箱入り娘とは、

めったに外へも出さないようにして、家庭の中で大事に育てられた娘。

(出典:デジタル大辞泉/小学館)

という意味になります。

ですが、実際に使われるときには、こういった正式な意味をふまえた上で、「世間知らず」という悪い意味合いも含んでいることが多いですよね。

「箱入り娘だねぇ」と友達に言われた場合、それはもちろん育ちの良さを褒められている可能性もありますが、嫌味が入っている可能性もあるので注意が必要です。

 

2:箱入り娘とは?箱入り娘あるある5つ

それではまず、箱入り娘あるあるから見ていきましょう。一般的に言われている「箱入り娘」の実態について5つ紹介します。

(1)送り迎え

箱入り娘たちは、学校への送り迎えや、遊びに行くときの送り迎えなどに親が来てくれることがあります。中には電車に乗ったことがほぼなく、タクシー移動がメインという人も。

外を長い距離歩かせるなんてかわいそう、危ないと思われているようです。

(2)家族の仲が良い

めったに外に出さないほどかわいがられている箱入り娘。もちろん、家族との仲はすごく良いでしょう。普通なら大人になれば独立して、ひとり暮らしをしたいと考える女性も多いですが、それを許してくれないという家も。

本人としても、自分ひとりで身の回りのことをするよりも、家族と一緒に暮らしていたほうが何かと便利だと思っていることもあり、親元を離れるつもりがない場合も多いでしょう。そして何か問題があるとすぐに親などに相談をするのも特徴です。

(3)プレゼントが豪華

箱入り娘な女性たちは、誕生日にもらうプレゼントが豪華なことが多いです。親からブランド物のバッグや服などを買ってもらうのが、小さいころから当たり前で育っています。

もしかしたら一緒にショッピングに行ったときなど、金銭感覚のズレを感じてしまうかもしれません。ですが、本人には自覚症状がないことが多いので、責めても意味はありません。

(4)女子校育ち

箱入り娘を育てるくらいの親ですから、子どもには悪い虫がつかないようにと気を使います。学校選びは重要で、中学、高校、大学と女子校という人も多数。

思春期に男性が周りにいない環境で育つことで、男性に対しての免疫がなく、男性と話すことすら恥ずかしいという感覚になっていることもあります。

(5)門限がある

箱入りというくらいですから、夜遅くまで外で遊ばせたりはしません。中学、高校くらいで門限があるのは普通ですが、大学や社会人になってまで門限があるというのも、箱入り娘ならではのライフスタイル。

それも終電の時間ではなく、それよりもっと早い時間。夜10時くらいを門限と決められている人もいます。

 

3:箱入り娘がモテる理由5つ

恋愛においては、ハードルを高く感じることもある、箱入り娘の女性たち。でも一部の男性にはモテるんですよね。その理由を見ていきましょう。

(1)ウブ

箱入りとして大事に育てられた女性たちは、男性経験が少なくウブです。男性のウブ好きは説明するまでもありませんよね。

下ネタなどにも慣れておらず、そういったことに触れたとき、恥ずかしそうにする仕草が男をドキドキさせます。

(2)行儀が良い

箱入り娘な女性は、お金持ちの家庭なことも多く、挨拶や食事の仕方などの礼儀をしっかりと教え込まれています。

品がありマナーなどにも精通している女性は、男性たちが放っておくわけがありません。

(3)おとなしい

あまり俗世間との関りをもたず、問題が起これば親が解決してくれるという環境で育った箱入り娘。感情を露わにして怒る理由などがあまりなかったせいか、おっとりしていて、比較的おとなしい性格なことが多いんです。

女性に癒しを求めている男性たちにとって、こういう人はオアシスのような存在。そばにいてほしい、守ってあげたくなる対象になります。

(4)結婚を考えやすい

年齢が上がってくるにつれて、「付き合う=結婚」と意識する男性たちもいます。こういう男性にとって、軽いお付き合いや遊びのお付き合いはあまりよしとせず、付き合うならば最初から結婚前提と思っているの箱入り娘は相性ピッタリです。

(5)浮気の心配がない

両親からたっぷりの愛情を注ぎこまれて育った箱入り娘は、人を愛するときにも一途な気持ちを持ちやすく、浮気なんて考えません。

自分のことを心の底から大事にしてくれる女性に出会えたら、男性たちが手放したいと思うはずはないですよね。

 

4:箱入り娘と結婚して失敗したエピソード2つ

そんな男性ウケも勝ち取れる箱入り娘ですが、もちろん中には結婚して失敗した……ということも。最後はそんな失敗エピソードを聞いてみました。

(1)習い事に連れてって

「今はもう違いますけど、結婚した当初は、どこに行くにも車で送ってくれないと嫌だと言われていました。趣味の習い事にもひとりでは行けないと言って、毎回送り迎えをさせられていました」(Yさん・46歳)

(2)両親と仲が良すぎる

「付き合っていたころから、しょっちゅう嫁は実家に帰ってて、結婚したらさすがに減るだろうと思っていたのに、全然減らなくて。毎週末のように実家に帰って食事会をするんです。僕も行かないわけにいかないんですけど、家柄がいいこともあって落ち着かず、堅苦しくて苦手です」(Kさん・35歳)

 

5:箱入り娘はモテる?

箱入り娘のモテる理由などを紹介しましたが、男性の中には箱入り娘は手がかかりすぎて好きではないという人もいます。

とはいえ、やはりスレてなくて、愛情をいっぱい注いで育ったまっすぐな女性は魅力が多そうですよね。

✓ skyticketの格安航空券で年末はラブ旅に!