別れたほうがいい彼氏とは?みんなの彼氏と別れた原因・理由と別れた後の過ごし方

どれだけ好きな相手との恋だって、いつか別れが訪れます。もしかしたら、好きだけど別れを選択することもあるかもしれません。では、みんなが別れを決断するときはどんなときなのでしょうか? そこで今回は『Menjoy!』の独自アンケートでわかった、彼氏と別れた原因・理由、また別れた後の過ごし方についてご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
©gettyimages

1:別れたくないけど別れたい…複雑!

「別れたくないけど、別れたい!」という複雑な感覚を経験したことがありますか? 嫌いになったわけじゃない、でも好きかと言われればわからない……。一緒にいる理由もなければ、別れる理由もない。

「これって別れたほうが良いの!?」と悩むこともあるでしょう。

そんなときは、どうするのがいいのでしょう。そして、女性はどんなときに「別れ」を決意するのでしょうか?

 

2:別れたほうがいい彼氏とは?みんなの彼氏と別れた原因ランキング7

今回は、20代~30代の女性300名に『Menjoy!』が独自アンケートを実施! 「彼氏と別れた原因を教えてください(複数回答可)」で回答を求めました。その結果をもとに、世の女性たちが彼氏と別れた原因や理由を詳しく見ていきましょう。

7位:なんとなく・・・45人(15.0%)

ただなんとなく別れを選択したという声も。この「なんとなく」には、きっといろいろな要因が含まれていますよね。

さまざまな要因が重なって「なんとなく好きじゃなくなった」ということも、あるのかもしれません。

6位:相手の浮気・・・53人(17.7%)

300人中53人もの人が、相手の浮気が原因で別れているという結果をみなさんはどう受け止めますか? 筆者の感覚としては「多い!」と感じてしまいましたが……。

大きく相手を傷つける浮気という行為。それをどこまで許容できるかは人それぞれです。

5位:許せない欠点があった・・・57人(19.0%)

恋愛の初期、共通の話題や好きなものがあれば、話が盛り上がりますよね。しかし付き合いの中で重要になってくるのは「お互いの許せない部分」を知ること。

例えば「シャワーを浴びずベッドに上がられるのが絶対に許せない!」と思っている彼女と、仕事から帰ってきて「そのまま服だけ脱いでベッドで寝たい」と思っている彼氏であれば、うまくいくはずがありません。

許せない「欠点」はもちろんのこと、このような自分の絶対許せないことを相手がしてしまうというのも、別れの原因になります。

4位:ほかに好きな人ができた・・・58人(19.3%)

「女性が別れを切り出すとき、ほとんどの場合、ほかにいい人がいる」というような話を聞いたことがありませんか?

実際、筆者や筆者周辺で、自分から別れを切り出した女性は、特別な場合を除いて「別れを切り出すとき、実はほかにいい人がいる」というケースが多いような印象があります。

まさに「男性は名前を付けて保存、女性は上書き保存」の恋の法則です。

彼とうまくいっていない時期やつらいことがあったときに、彼氏以外の人から優しくされて、いつの間にか好きになってしまった……。またはマンネリ化している状態のときに、好みのタイプの人に出会ってしまった……。そんなことは珍しいことではありませんよね。

3位:ときめかなくなったから・・・63人(29.7%)

関係がマンネリ化してしまい、相手に対して「愛情が徐々に薄れていき、情だけになってしまう」となるのは、ある程度は仕方のないことですよね。

付き合いが長くなれば、出かける頻度が少なくなるなど、さまざまな理由があると思います。

「素」を出す時間が多くなるほど、最初のような「ときめき」は減っていきます。

とはいえ、「ときめかなくなった」と回答した人が4人に1人以上いるという結果から、いかに女性は恋に対して、ときめきを多く求めているかがわかりますよね。

2位:将来が見えないから・・・89人(36.0%)

「好きだけど別れを選択する」理由の多くは「彼との先が見えない」という現実。

自分は結婚願望があっても彼には一切なかったり、出口のない不倫関係だったりなど、「付き合う」の先を考えている女性にとって、先が見えないというのは別れの原因になるのではないでしょうか。ずるずると別れられずに後悔した、というケースも多いですよね。

「いつかきっと……」そんな期待を彼に託しながら待っていたけれど、気づけば周囲はみんな結婚している……。もし、そのとき少しでも後悔するなら、「好きでも別れを選択する」というつらく悲しい決断をせざるを得ないということでしょうか。

1位:性格や価値観の不一致・・・108人(36.0%)

実に全体の3割以上の女性が、性格の不一致が原因で別れたと回答しています。

性格や価値観が違うのは当たり前。その違いを理解して、ケンカをしつつも愛を深めていくのがカップル。ですが、その違いを受け入れられなかったり、もしくは受け入れようと思えなかったり(それほど好きではなくなった・好きになれなかった)ということが別れにつながっているといえます。

また、見過ごせない回答しては、「暴力やハラスメント」という答えが、300名のうち19人、割合でいうと6.3%もありました。

殴られたり、言葉の暴力を受けたり……でも謝ってくれた、やっぱり好き。こうなってしまうと負のスパイラルに陥ります。暴力やハラスメントに悩んでいる人は、早い段階で周囲の人に相談することが重要です。

 

3:別れたあとどうしてる?彼氏と別れたあとの過ごし方5つ

自分から別れを告げた場合も、彼から別れを告げられた場合も、一定期間は落ち込むものです。続いては、みんなの別れたあとの過ごし方をご紹介します。

『Menjoy!』の過去記事「別れたあとの男女の違いとは?別れたあとの関係と連絡の」の記事の「男性の場合」と比較しながら見ていきましょう。

(1)女友達に話を聞いてもらう

男性は別れたあと、同性よりも女友達に相談に乗ってもらう傾向があります。一方の女性はというと、女子会を開いて、女子同士での会話の中で恋を清算しようとします。

その会話の中には、具体的な解決策が含まれていることは少なく、「ただ自分に共感してもらいたいだけ」という場合が多いです。でも、それでいいのです。別れたあと、話をただ「うんうん」と聞いたり、「ありえなーい!」と元彼の悪口大会になったりして、グダグダとお酒を飲む……。それが失恋から立ち直るための重要な期間なのです。

(2)自分磨きを頑張る

インスタグラムのストーリーやツイッター上にはよく「失恋したのでダイエットします!」などと宣言しているアカウントがあります。

失恋をきっかけに「別れた彼を後悔させてやる!」「もっといい人を見つけてやる!」という自分磨きの期間として、別れたあとの期間を過ごすという人も。

男性は別れると女遊びに走るか、仕事に走るか……という傾向にありますが、女性は自分の外面を磨くようになります。

(3)自分に好意があると思う男性に連絡する

女性はしたたかな生き物です。

自分が失恋して落ち込んだとき、人気漫画『花より団子』に出てくる花沢類のような「自分に好意があるからこそ、自分を慰めてくれる異性」に助けを求める傾向にあります。

「人の好意を利用する」ということになりますが、無意識のうちにこれをやってしまう女性は多いもの。でもその男性と付き合うのかというと……!? こういう女性は立ち直れば「〇〇くんのおかげ!」などと言いつつ、すーっと別の男性の所にいってしまうのがオチ。

結局ただの友達どまりか……と思った男友達は、きっと夜な夜なback numberを聴いて、枕を濡らすことでしょう。

(4)彼との思い出の品を整理する

「好きだけど別れを選択した」という人は、思いを断ち切るための行為に出ます。

それが「思い出の品を整理する」ということ。

もちろんLINEも消します。

男性はなかなか元カノとの思い出を消せないで残しておく傾向がありますが、女性は別れた段階で未練があろうとなかろうと、早めの断捨離を決意する傾向があります。

(5)自分から別れを告げたらあっさりと次の恋へ

そして別れたあとの過ごし方、というよりも、別れこそが次の恋のスタート!

特に、彼氏が途切れないモテ女は、落ち込む暇なくあっさりとネクストステージへ……。

失恋すらも楽しんでしまうくらい、タフで美しい女性もいるものです。

 

4:別れには必ず原因がある

今回は、世のカップルが別れた原因をご紹介しました。

ご紹介したように、別れには必ず原因があるものです。原因がわかれば、次の恋はもっといい恋になるはず。失恋はつらいですが、必ず時間が解決してくれます。

「彼と別れたら、多少は引きずりつつも、別の恋を探す!」

そんな気持ちで、次の恋のステージに向かいましょうね。

✓ skyticketの格安航空券で年末はラブ旅に!