彼氏が忙しいときは放っておくべき?忙しい彼氏を上手に付き合う方法

仕事や友達付き合いなどに追われて「忙しい」が口癖の彼……。そんな彼をデートに誘っても「休みたいから」と素っ気ない返事がくるときも。そんなとき、「もしかしたらもう飽きられちゃった?」「まさか……浮気されているのかな?」なんて不安になってしまうこともありますよね。そこで今回は、忙しい彼氏との上手な付き合い方をご紹介します!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:彼氏が忙しいと寂しい…

「忙しいから会えない」と言われるばかりで、全然会えない……。せめて電話やLINEのやりとりだけでもしたいし、忙しさの理由は何か、そしていつまで忙しいのかといったことも教えてほしくなるのは当然のこと。

でも、「質問攻めすると、嫌われちゃうかも」というふうに考えて、不安になって聞けないという人も多いのではないでしょうか。

たしかに、忙しいときにあれこれ質問されると、ウザがられてしまうことも多いです。だから彼氏が忙しくしているときは、放っておくのがいいことも多いとも言えるでしょう。

 

2:忙しい彼氏は放置が正解!放っておくのがよい理由3つ

(1)集中させることができる

例えば社会人であれば、優先順位が高いのはやはり仕事になります。そのため、放置することで仕事に集中してもらい、まずは仕事を終わらせてもらうのがいちばんでしょう。

というのも、結局仕事を片付けないことには、彼にとってはいつまでも優先順位が上がらないことも。

もし、「息抜きにデートしよう!」といって、忙しくしている彼とデートをすることになったとしても、仕事のことで頭がいっぱい。「あなたの話を聞いても全然頭に入ってこない」「せっかくイメチェンしても、気がついてもくれない」なんていうことも十分あり得る話です。

心おきなくデートを楽しむためにも、まずは仕事をいち早く終わらせることが先決。思う存分集中できるよう、放置が得策なのです。

(2)八つ当たりやケンカを防ぐ

忙しいときって誰でも、気持ちに余裕がなくなってしまい、ふとしたことで怒ってしまったり、声を荒げてしまうなんてこともありますよね。

忙しい彼にLINEを何通も送ってしまったり、何回も電話やデートのお誘いをしてしまうと、イライラさせて八つ当たりされたり、ときにはケンカに発展してしまうかもしれません。

そうしたトラブルを回避するためにも、極力連絡をせず、放置するのが正解なのです。

(3)めんどくさい女と思われずに済む

男性の中には、一度彼女のことを「めんどくさい!」と思ってしまうと、そのイメージをなかなか拭うことができず、引きずってしまう人も多いです。

たった一度の「めんどくさい!」「ウザい!」という気持ちが、「別れたい」という気持ちになってしまうことだってあるんですよ。

 

3:仕事が忙しい彼氏にLINEを送る際の注意点4つ

(1)できるだけ簡潔に

「私の彼氏は、仕事が繁忙期になるとほとんど返信が来ないんですよ。そういうときにだらだらと長い文章を送ってしまったら、読むのも大変だし、めんどくさいって思われそうですよね。

だから、できるだけ短い文章にするのを心がけていましたね。内容は必要なこと以外は、応援したり、労うようなメッセージを送っていました。

実際、それがけっこう喜ばれたみたいで、繫忙期が過ぎて落ち着いたころに、“全然連絡できなくてごめん……。でも、LINEを見ていつも励まされていたよ”って言われたので、オススメです」(Nさん・24歳/事務職)

(2)「返信しなきゃ!」と思わせるような内容を送らない

「例えば、“今日ね、友達と渋谷のカフェに行って、おいしいケーキ食べたんだ!”といった、その日のできごとを報告するLINE。こういうメッセージが恋人から届いたらどうでしょう。そのままスルーするわけにはいかず、“いいな~!”とか、“ケーキの写真とかないの?”って返信しなきゃいけない感じがしませんか?

こういう、リアクションに期待している感のあるメッセージは避けるようにして。知ってほしいことがあっても、結論まで一気に言っちゃいます」(Tさん・25歳/カフェ店員)

(3) ネガティブなメッセージは厳禁

「彼が忙しいとき、“わたしだって仕事忙しいんだけどな”ってメッセージを送ったら、なにか彼の気に障ったみたいで、“俺のほうが断然忙しいから!”ってイライラしたメッセージが返ってきました。

私にはいっさいそんなつもりはなかったのですが、彼には“私も忙しい中、メッセージを送っているんだから、ちゃんと返信しろ!”って聞こえたみたい……。

たしかに、忙しいときって、気持ちに余裕がなくなって、ふとしたひとことで妙に腹を立てちゃうことってありますよね。だからネガティブな言葉全般は避けたほうがいいかも」(Mさん・31歳/営業職)

(4)かわいいスタンプは逆効果

「連日仕事で遅くまで頑張っている彼を癒してあげようと、かわいいスタンプを送ったんです。すると、“意味のわからないスタンプはやめて”とバッサリ。

普段はそんなこと言わない人なんですけど、忙しくて睡眠時間もかなり少ないせいか、イライラしていたみたい。“八つ当たりしないでよ!”と言い返したい気持ちでいっぱいでしたが、とりあえず謝りました(笑)。

忙しい男性には、かわいいスタンプってけっこう危険かもしれません」(Aさん・24歳/接客業)

 

4:「連絡くれる?」はあり?忙しい彼氏へ気遣いエピソード

「私の彼氏、忙しい時期に波があるんですよ。暇なときは17時くらいに仕事が終わるんですが、忙しいときにはとにかく余裕がないみたいで。デートできないのはもちろん、電話もできないし、LINEも既読無視……。最初は不安でしたが、最近はもう慣れましたね(笑)。

そんな私が身につけた、忙しい彼氏とうまく付き合うコツですが、“連絡くれる?”とか“元気にしている?”ってあれこれ彼に言うのではなく、気遣っているのを行動で示すこと。言葉じゃダメで、とにかく行動です。

例えば、忙しくて外食がちな彼のために、冷凍できるお惣菜を作り置きして、彼の冷凍庫に入れておいたり、もしデートする時間があるなら、外出せずにゆっくりできるおうちデートにする、といった健康や体調への気遣い。こういうのに弱い男性は多いので、おすすめです。

ほかにも、会ったときにマッサージをしてあげたり、栄養ドリンクやホットアイマスクなどの差し入れをするのもいいかも」(Uさん・28歳/看護師)

 

5:忙しい彼氏との結婚…その現実

いつも忙しい彼との結婚って、ちょっとためらってしまう人もいるのでは? 「結婚しても忙しいままで、家庭を大事にしてくれるのかな……」とか、「家事も子育ても全部私がやるのかな? 私も働いているのに……」といった不安な気持ちになりますよね。

他にも結婚には、式場打ち合わせ、衣装合わせ、写真の前撮りといったこともありますが、「忙しいから」という理由で彼は、その多くを彼女任せにしてしまうかもしれません。

忙しい彼氏と結婚するということは、そういった理不尽な思いをすることがあるかもしれないという覚悟が必要でしょう。

ただ、これって、やりたいようにできるというメリットでもあります。

結婚式をすべて自分の理想どおりの式にしたり、普段彼が忙しいときには、習いごとや友達との食事など、自分の自由な時間として有意義に過ごすことができるおで、。

しかし、忘れてはいけないのが、心のつながりです。

一見、「お互い干渉し合わない関係」とも言えますが、そこに愛がなければ、知らず知らずのうちに距離ができてしまい、離婚の危機に陥ることもあります。

普段から「好き」と伝えたり、ちょっとしたものでいいので、記念日にはプレゼントを買ったり、そうした相手への思いやりを忘れてはいけませんよね。

 

6:忙しい彼氏が結婚したくなる女性の特徴3つ

(1) 優しくて気がまわる

「数年前、昇進できるかどうかの大事な時期で、仕事に没頭していました。そのせいで彼女と疎遠になってしまったんです。

彼女とは半同棲状態って感じで、合鍵も渡してあったんですけど、あまりにも忙しくしていたのを感じて気を遣ってくれたのか、しばらく家に来なくなり……。

でも、ある雨の日に仕事から帰ってくると、外に干しっ放しだった洗濯物が取り込んであったんです。しかも、すごくキレイに畳んであって。テーブルを見ると、“いつもお疲れさま。頑張ってね”と彼女からの手紙が。

たったそれだけのことって思う人もいるかもしれませんが、この気遣いに感動しちゃって、思いっきり泣いてしまいました(笑)。彼女のことを一生大切にしたいって、心から思いましたね」(Yさん・34歳/コンサルタント)

(2)家庭的

「僕の仕事、繁忙期は毎日終電か、最悪の場合、会社に泊まることもあるんです。24時間仕事のことしか考えられず、食事はずっとコンビニで、部屋の掃除もいっさいできなくて。

そんな超多忙な日々がひと段落したとき、久しぶりに彼女から“今度、家に行ってもいい?”と電話が。ずっと連絡できていなかったし、“ひょっとしたら別れ話かも……”というふうに不安でした。

そんな不安でいっぱいだったんですが、彼女がうちに到着すると、“やっぱり散らかっているね。掃除しよう!”と言って、テキパキと部屋の掃除を始めて……。疲れている僕を気遣って、家事をしに来てくれたんです。そのあと料理もつくってくれて、片付いた部屋で食べた彼女の手料理は、多忙な日々の疲れを吹き飛ばしてくれました」(Wさん・26歳/IT)

(3)ストレートに指摘してくれる

「仕事に追われているとき、プライベートの時間がほとんどありませんでした。自分の趣味も彼女とのデートもいっさいできず、口癖のように“忙しい”と言っていたんですが、ある日彼女から、“足りないのは時間じゃなくて、工夫なんじゃないかな?”と言われたんです。

正直、言われたその瞬間はすごいイラっとしました(笑)。でも、まったくそのとおりで、時間や人の使い方を見直すことで、かなり時間に余裕が生まれたんですよ。

忙しい彼を気遣うのも大事ですが、それだけじゃなくて、改めたほうがいいと思うところはビシッと指摘してくれる人って、すごくすてきです。

ただ、僕の彼女みたいなキツい言い方だと、正直イラっとされることもあるだろうから、指摘するときには、オブラートに包んで伝えたほうがいいかも(笑)」(Sさん・25歳/証券会社)

 

7:相手本位で物事を考えよう

忙しい彼氏とうまく付き合うのは、苦労することや、不安になることも多いでしょう。でも、相手本位で物事を考えて、気遣ってあげることが、結果としてはいい方向に転ぶことも。

また、相手ばかりが忙しいのではなく、ときには逆転して、自分自身が忙しくなることもあるでしょう。そんなときのために、忙しくなったときのやりとりや配慮について、どんなことをしてほしいのかをシェアしておくのもいいかもしれません。

✓ skyticketの格安航空券で年末はラブ旅に!