付き合う前デートの場所や服装は?男性心理と付き合う前のデート心得

友達以上、恋人未満……。そんな関係の男性とのデートはとってもドキドキしますよね。相手のことをもっと知りたい、自分のことをもっと良く知ってほしい、その反面「嫌われちゃったらどうしよう」という不安もあります。そこで今回は、付き合う前のデートに関して、おすすめの場所や服装、また男性はどう思っているのか、その心理を解説します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
©gettyimages

1:付き合う前のデートはドキドキしますよね

付き合う前のデートは、これからのふたりの運命を決める大事なこと。デートがうまくいけば、そのままお付き合いに発展するかもしれませんし、その反対に、嫌われてしまうこともあるでしょう。

付き合う前のデートって、今後のふたりの関係を大きく左右するんです。ドキドキして当たり前ですよね!

 

2:付き合う前のデートでの男性心理3つ

(1)男性もドキドキで不安

デートをしているときは、なんともないように見えるかもしれませんが、ただそう振る舞っているだけで、男性だって内心不安とドキドキでいっぱいなのです。そしてデート当日だけでなく、数日前から「うまく会話できるかな……」「予約したお店のチョイスは大丈夫かな……」というふうに、ドキドキしていることも。

「ドキドキし過ぎてしまい、前日の夜は寝られない」なんてこともあるほどです。

(2)リードしたい気持ち

ドキドキを抱えて不安な反面、「カッコいいところを見せるぞ!」というふうに、意気込んでいるのも事実。また、告白をしようと思っている場合、告白をする場所のシチュエーションや、決めゼリフを念入りに練習している、なんてことも。

(3)舞い上がっている

気になる相手とデートができて嬉しいのは男性も同じ。「あの子とデートできる~!」という気持ちの高ぶりを抑えることができません。

「ドキドキと不安」や、「カッコいいところ、見せるぞ!」という気負い、そしてさらに舞い上がるような嬉しい気持ち。デート前の男性は、いろいろな感情が入り混じっているのです。

 

3:付き合う前のデートや2回目デートを成功させるハズさない服装は?ポイント3つ

(1)スカートやワンピースは鉄板

女性らしさを演出できる王道のファッションです。男性に良い印象をもたれやすいため、「付き合う前デート服」の定番中の定番と言えるでしょう。

事前に彼の好きな女性のファッションがわかっていれば、それに合わせるのも良いかもしれません。しかし、何も情報がないのであれば、手堅く無難にワンピースがいいでしょう。

(2)あえて普段通どおりの服装で親近感を演出

すでにある程度親しい関係性なら、いつもとそれほど変わらないのラフなファッションで行くのもアリです。デートだからってキメすぎない適度なゆるさが、お互いの緊張をほぐしてくれるでしょう。

ただし、服装で特別感をアピールできないぶん、会話の内容にはちゃんと工夫を凝らしたいところです。

例えば、普段は恋愛の話をしないのに、デートのときに「好きな人いる?」とか、「どんな人がタイプなの?」といった恋愛にまつわる質問をしてみたり、あるいは「○○みたいな人が彼氏だったらいいのにな~」というふうに、踏み込んだことを言っても良いかもしれません。

(3)場所と時間帯によってはオトナの色気を

雰囲気の良いレストランやバーでのディナーデートの場合、少しだけ大人っぽさを演出するのも良いでしょう。

しっかりメイクをして、うなじやデコルテがキレイに見えるようなドレッシーな服装にするのがおすすめです。特に、大人な年上の男性には効果的かもしれません。

 

4:手をつなぐのはあり?付き合う前のデートで脈ありか判断する方法3つ

(1)予定を確認してくる

「次はいつ会えそう?」とか「来週のこの日は空いている?」といった、次のデートの約束をしたがるのは、脈ありのサインと判断して良いでしょう。また会いたいということは、「興味がある」「もっとよく知りたい」という何よりの証拠です。

(2)手を繋ぐ

好意を示すわかりやすいサインです。男性の中には手を繋いだとき、「握り返してくれたら脈ありで、抵抗したりまったく握ってくれなかったら脈なし」というように、これで脈ありかどうかを判断している人もいます。なので、もし相手に対して好意があるなら、手を握り返してあげましょう。

ただし、付き合う前にも関わらず、手を繋ぐ以上のボディタッチをしてくる男性には、ちょっと警戒したほうがいいかも。

(3)ほかの男性を褒めるのをイヤがる

デート中、男友達の話をちょっとだけしてみてください。そこで相手の表情に注目。ちょっとイヤそうな顔をしたら、それは脈ありのサインかもしれません。

その表情は嫉妬からくるものであり、嫉妬は恋愛感情を抱いている相手だからこそわいてくる感情です。

「私の友達に、すっごいイケメンの人がいるんだけど~」というふうに、あえて男友達を大げさに褒めてみると良いかもしれません。でも、その人のことが好き、と受け取られてしまうと、相手にとっての脈ナシサインになる可能性もあるので、くれぐれもご注意を。

 

5:付き合う前のデートで告白!ベストなタイミング3つ

(1)帰り際

デートの帰り際、別れる間際というのは、告白するタイミングの定番なので、相手も期待している可能性が高いです。「今日は楽しかったね」といった帰り際の言葉を交わすときに、「一緒にいてすごく幸せだったし、もしよかったら……」というふうに、思い切って切り出してみましょう。

(2)デート後半、さりげなく伝える

帰り際はいかにも告白らしい告白になります。そこまでガチガチに固めず、さりげなく伝えてしまうのも、意外といい告白の方法です。

デートの後半に、日が沈み、ふたりの心の距離が縮まってきたのを感じたタイミングで、「私たち、けっこう波長合う感じするよね」という切り口から始めて、告白しましょう。

(3)帰宅後、LINEで告白

直接言うのがどうしても恥ずかしいという人は、帰宅後にLINEで告白するのもアリでしょう。ただし、日付をまたいでしまう前に、気持ちが高まっているその日のうちに伝えるのが良いでしょう。

LINEのメッセージで告白するのって、気持ちを伝える文章力が求められるので、意外と難易度が高いです。そのため、できれば電話で告白するほうが良いでしょう。それでも面と向かって言うよりは、緊張せずに伝えることができるはずです。

 

6:ドキドキはお互いさま

付き合う前のデートでは、男性だって緊張していますし、不安でいっぱいです。ドキドキしているのはお互いさまだとわかれば、少しはリラックスできますよね。

会ってすぐに「緊張しているから、変なこと言っちゃったらごめんね」というふうに、緊張していることを伝えてしまうのも良いかもしれません。

付き合う前のデートを楽しく終えて、無事に付き合えるといいですね。

✓ skyticketの格安航空券で年末はラブ旅に!