ケチな人診断!倹約家とは大違いのケチな人の特徴7選

ケチな人について、どう思いますか? 人によっては、それを倹約家と主張する人もいるでしょう。しかし、どこからが倹約家で、どこからがケチな人になるのでしょうか。その境界線は気になります。そこで今回は、ケチな人の特徴を紹介しつつ、ケチな人についてのスピリチュアルな診断をしていきましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:絶対に結婚したくない!ケチな人の特徴とは?

結婚したくない人の特徴と筆者の友人に聞いてみると、「浮気する人」や「愚痴が多くネガティブな性格」といったものの中に「お金」に関する特徴もありました。「浪費家」や「ケチ」な人は敬遠されてしまうようです。

ではケチな人って、どんな特徴があるのでしょうか。

 

2:ケチな人診断!倹約家とは大違いな「ケチな人」の特徴7つ

「ケチな人」って「倹約家」とはまた違いますよね。どんな人が「ケチな人」と思われるのか? その特徴を居酒屋などで知り合った男女に聞いてみました。

(1)自分のことにしかお金を使わない

「自分のことにしかお金を使わない人っていうのはケチっていうイメージがありますね。

ある男性と付き合ってたときに、その人への誕生日プレゼントは3万円くらいのお財布をプレゼントしたんです。でも私へのプレゼントは、1,000円くらいのぬいぐるみとかでしたね」(Eさん・25歳女性)

(2)奢ってもらえるときだけ高いお店

「奢ってもらえるときだけ高いお店を選んでくる奴っていませんか? 同僚にいるんですよ、そういう奴が。いつもは安いざるそばを食っているけど、上司から奢ってやるよって言われたときだけ、すげー高いものを選んだり、“あの店に行きましょう”とかいって鰻屋とか高い店を選ぶ。そのくせ自分は後輩に一切奢らない」(Wさん・34歳男性)

(3)損得勘定がスゴイ

「サークルの飲み会で、すごい男がいましたね。サークルなんで飲み代は割り勘なんですよ。それは別にいいんですけど、1円単位まで計算するんですよね。

で、“10円足りない。払ってない奴誰だ!”みたいな。見苦しいから、足りない端数はいつも私が出してましたね」(Iさん・22歳女性)

(4)無料のものを持ち帰る

「私がケチだなって思った人、ひとりいます。デートでカフェに入ってくつろいでたんですよ。コーヒーとか注文すると、ポーションとかスティックシュガーって無料でもらえるじゃないですか。

“ご自由にお使いください”みたいな棚があったりする。その人はそれを大量に持ち帰ろうとしていたんですよ。恥ずかしいからやめてってお願いしました」(Hさん・25歳女性)

(5)割り勘のときだけ大食い

「飲み会とかで割り勘になることって、珍しくないじゃないですか。お酒も入ると誰が何を食べたとかで、別会計とかはやりにくいし。でも、そういうときだけめちゃくちゃ食う奴がいます。そいつ、別会計になるようなファミレスだと、めちゃくちゃ小食なんですよ」(Aさん・28歳男性)

(6)途中参加で払わない

「飲み会に途中参加すると、割り勘にするのってちょっと気が引けるじゃないですか。その人だけ“1,000円でいいよ”みたいになる。それに味をしめたのか、飲み会にいつも途中参加してくる人がいましたね」(Yさん・25歳女性)

(7)奢った金額を覚えている

「付き合っていた男性がいて、その人と別れることにしたんです。そしたら“今までこれだけの金額を奢ってあげたから、別れるなら返してもらえる?”って言われたんですよね。

さすがにケチだなって思いましたね。しかも、私が奢った金額を引けばトントンくらいになるはずなんですよ。腹が立ったから言い値で払って、LINEをブロックしましたね」(Aさん・27歳女性)

 

3:ケチな人ほど損をする?ケチな人のスピリチュアル診断3つ

ケチな人って、結局のところ損をしているように感じることってありませんか? どうして損をするのでしょうか? 占い師の草薙つむぐさんにお話をうかがいました。

(1)人から嫌われる

草薙:大前提として、人との縁というのは、人間が感じる幸福に大きく関わっています。これはおわかりいただけることでしょう。上司や同僚、仕事仲間との人間関係が最悪だと、「仕事を辞めたい」とか「変えたい」という気持ちになる人もいるはず。

上の章でケチな人の特徴が紹介されていますが、要するに他人にはお金を使わず、自分のことにしか興味がないという人がケチ。逆に自分に関するお金を極力使わない人を見ると「節約」していると感じるのでは?

節約と違ってケチな人は人から嫌われてしまいがちです。人間関係の悪化は幸福感が下がりますから、結果的に損をするということになるでしょう。

(2)儲け話がめぐってこない

草薙:ケチな人は他人から嫌われるという話はすでにしました。そうなると今度は、儲け話などのいい話がめぐってこなくなってしまいます。身近な例で言えば、「パチンコで勝ったから奢ってやるよ」といった感じ。

人からの誘いが減ってしまい、出会いも少なくなって結果的に損をすることにつながるという考え方です。逆に、他人の幸せのために汗を流せる人は、いい出会いがまわってきたり、ピンチのときに周りからの援助が得られることも少なくないでしょう。

何かをやろうと思ったときにこれは大きな損失でしょう。

(3)経験を得られない

草薙:ケチな人は、他人との出会いが少なくなることは説明しました。その結果、恋愛をするチャンスが減ってしまったり、友人との遊びに誘われなくなってしまったりと経験を得られなくなってしまうことにもつながります。そうすると、楽しいことが減ってしまう可能性も。

例えば、ツテがあったから、今よりも条件のいい仕事に転職できたといったようなチャンスが減ってしまうというわけです。

 

4:まとめ

今回はケチな人をテーマにご紹介しました。ケチと倹約家の境界線はわかりましたか? お金の使い方で他人に与える印象はガラッと変わります。

お金は大事ですが、お金を使わないようにするなら、ケチな人と言われるよりも、倹約家と言われたいですよね。