離婚後にすぐ再婚も?幸せな再婚ができる人とできない人の違い

あなたの周りに、離婚後にすぐ再婚したという人はいますか? 前婚からの期間があまりにも短いと「もう?」と驚いてしまうこともありますよね。そこで今回は、離婚後すぐに再婚するケースに注目! 離婚してからすぐに幸せをつかむ人には、どんな傾向があるのでしょうか。また、幸せな再婚ができる人とできない人の違いもお届けします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
©gettyimages

1:離婚後どのくらいで再婚する気になれるもの?離婚→再婚の期間は?

離婚してから再婚まで、どのくらいの期間をあけている人が多いのでしょうか。

政府が発表している「人口動態調査 人口動態統計」の「前婚解消後から再婚までの期間別にみた年次別再婚件数百分率-夫・妻-(各届出年に結婚生活に入り届け出たもの)」によると、2017年では、男性では離婚から10年以上をあけて再婚した人がもっとも多く、次いで1年未満が15.3%という割合に。

妻も同じく、10年以上をあけている人が最多で22.3%、次いで1年未満が13.0%という結果でした。

つまり、前婚から再婚までは、長いか短いかのどちらかに偏る傾向があるようですね。

 

2:同じ人という人も…離婚後すぐ再婚できる人の特徴5つ

世間には、一度も結婚できないと嘆いている人が多い一方で、離婚後にすぐ再婚できる人もいます。そこで、そんな人にまつわる特徴を5つご紹介します。

(1)気持ちの切り替えが早い

過去をいつまでも引きずっていては、なかなか前には進めません。しかし再婚までの期間が早いタイプの人には、どんなに離婚のダメージが大きかったとしても、「過去は過去」と、割り切るのが上手な人が多いでしょう。普段からあまりいろいろなことを引きずらない性格も。

(2)人生に前向き

「バツイチになっちゃった」「過去に失敗してしまった」などの思考から、離婚後の人生に後ろ向きになってしまうと、どうしても再婚にも及び腰になりがちです。

しかし、人生に対していつも前向きでいられて、離婚後の人生に大きな夢を抱いている人は、再婚が早いでしょう。このタイプは、相手の浮気や借金問題など、相手のせいで離婚になった人が多いのも特徴。「前夫(妻)がクズだったせいで離婚することになったけど、自分自身が結婚に向いていないわけではない」と自己肯定しやすいのです。

(3)恋愛にアグレッシブ

離婚したことが関係して、恋愛に臆病になったり意識的に避けたりといった状況になってしまえば、再婚までの道のりも当然遠くなります。

前婚からの再婚が早いタイプには、「バツイチは意外とモテ市場にある」ことを熟知していて、フリーになった途端、アグレッシブな態度で恋愛に臨む人も少なくありません。

(4)結婚に夢をもっている

結婚に失敗した意識が強くあると、「結婚というものに夢がもてない……」となってしまい、再婚が考えられなくなるというもの。

しかし、離婚をしていても「やっぱり幸せな結婚生活に憧れる!」など、結婚そのものに夢を持ち続けていれば、再婚が早くなる傾向もあるでしょう。

(5)モテる

前婚から再婚までのスパンが短い人には、なんだかんだいってモテるタイプが多いのも特徴です。

モテるだけに離婚後も引く手あまたな環境が生まれ、自然な流れで恋愛から再婚へと進みやすい面があるのは否めません。

 

3:子供は関係する?離婚して再婚できない人の特徴3つ

再婚したいのにできないと悩む人もいます。そこで、そんな人にありがちな特徴を3つご紹介します。

(1)失敗を引きずりがちな性格

再婚の意思がないわけでなく「したいけどできない」という状況に陥っている人には、過去について、根にもっているのが災いしているパターンも珍しくありません。

新たな恋愛に巡り合っても「前と一緒だったら、どうしよう」「今はいいけど、きっと結婚したら前夫(妻)とおんなじになっちゃうんだろうな」などと、過去を引き合いに出してしまうので、前向きな恋愛が育めなくなりがちなのです。

(2)完璧主義

完璧主義な性格の人は、過去の離婚を「失敗」だと捉えてしまいがち。そういう人でれば「次の結婚こそ、絶対に失敗したくない!」という気持ちが強くなってしまうのは当然のこと。

その気持ちがマイナスの方向に作用してしまい、再婚チャンスがあっても辛口ジャッジをしすぎてしまい、なかなか再婚に至らない人も多いです。

(3)子供がいれば幸せだと思っている

子供がいる場合、「もう、子供さえいれば私の人生は幸せ」という考えになることも、離婚後に多く見られるケース。そうなると、再婚のチャンスが訪れても、自分の気持ちを二の次にしてしまい、子供のことを最優先に。実際には良縁であってもなかなか踏み出せず、結果として再婚のチャンスを逃してしまうケースも散見されます。

また、再婚相手が子供を虐待するというニュースがあったり、相手と子供の相性がよくなったりで、結婚に踏み切れないという場合も。こうなると、「万が一再婚するとしても子供が成人してから……」となり、なかなかすぐに再婚とはいかないようです。

 

4:離婚後再婚して幸せになるためのポイント3つ

再婚で幸せになるためには、意識しておきたいポイントもあります。

(1)過去と比較しない

過去の結婚と今の結婚を比較するクセがあると、どうしてもケンカや不満のタネも増えてしまうでしょう。過去は過去と割り切り、新たな結婚生活では気持ちを新たにフレッシュな意思で臨むことも、円満な結婚生活を育むためには欠かせないコツでしょう。

(2)再婚であることを引け目に感じない

自分が再婚であることを引け目に感じると、そのネガティブな感情が態度や言葉にも表れがちです。過去のことを引け目に思わず、相手とは対等な立場で接することが、円満な生活への近道です。

(3)前向きに暮らす

過去の失敗のせいで、結婚生活そのものに後ろ向きになってしまうと、何かとトラブルも招きがちです。再婚したならば、過去は振り向かず、常に前向きな気持ちで家庭を育んでいくことも大切な心がけと言えるでしょう。

 

5:再婚だって珍しくない時代

離婚の話が珍しくない時代になっていると同時に、再婚も決して珍しくないと言える時代を迎えています。

再婚で幸せをつかむ人も多くなっている昨今ですから、離婚歴があっても結婚に前向きでいることが、幸せな生活を掴むコツとも言えるのではないでしょうか。

 

【参考】

前婚解消後から再婚までの期間別にみた年次別再婚件数百分率-夫・妻-(各届出年に結婚生活に入り届け出たもの)