女性が好きな男性にする行動とは?職場女性の「好きサイン」15選

女性が好きな男性にする行動には、どういったものがあるのでしょうか。好きな相手にしか取らない行動や好きな人だからこそ見せる一面は、いわば脈ありのサイン。それを気になる人に当てはめてみれば、その人が自分のことをどう思っているのかがわかり、告白するかどうかの判断材料にも。そこで今回は、職場で女性が出す好きのサインについて調べてみました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:これが女性の好きサイン!女性が好きな男性にする行動とは?

女性が好きな男性にだけにしてしまう行動ってあるのでしょうか。実際に居酒屋などでお話を聞いてみると「ある」とのこと。例えば合コンなどで、いいなと思った男性がいたら、ついつい質問攻めにしてしまったり、「カッコいいからモテるんじゃないですか?」と相手を褒めたりするようです。

確かに、そういったシーンは筆者も目にしたことがあります。

 

2:無意識でやっちゃう!職場で女性が好きな男性にとる態度・行動7つ

今度は職場で女性が好きな男性に取ってしまう態度や行動について、居酒屋などで知り合った男女にお話を聞いてみました。

(1)相手を見ちゃう

「職場で好きな人ができたときは、ついつい無意識的にその人のことを見ちゃうんですよね。だからよく目が合って、合うと慌ててそらすといった感じでした」(Sさん・26歳女性)

女性が気になる男性をつい見てしまうということは、男性側としては「よく目が合うなぁ」という印象を抱くのではないでしょうか。そしてこの、慌ててそらすというのがポイントかもしれません。好意があることを気づかれたくないという気持ちが伝わってきます。いわば好き避けの一種でしょうか。

(2)プライベートな話題を振る

「好きな相手には、“この前の休日は何してたの?”とか、“趣味は何?”とか、普通の会話では出てこなさそうなプライベートのことを、根掘り葉掘り聞きたくなっちゃいますね」(Kさん・28歳女性)

仕事中なのにもかかわらず、プライベートな話題を振ってしまうといった女性もいるようです。それは相手のことを知りたいという気持ちの表れでしょう。特に利害関係がなさそうなのに、「彼女いるんですか?」などの質問を女性からされたら、脈アリである可能性も。

(3)リアクションが大きい

「同僚の女性が上司に話しかけられたときは、嫌そうな感じで“何ですか?”って言っていたのに、イケメンの先輩に話しかけられたときは、“話しかけてくるなんて珍しいですね! 何ですか?”って反応してて、あまりのギャップにビックリしました」(Uさん・25歳男性)

ビジネスライクな淡々とした付き合いを心がけていても、好きな人には自然とリアクションが大きくなってしまうといった人も。ついついテンションが上がっていると、好意があるんだなって周りも気づきそうですよね。

(4)伝言メモに可愛いイラスト

「好きな人へのメモには、顔文字みたいな絵を添えちゃったりしますね。本当にさりげないアピールといった感じです」(Kさん・24歳女性)

社内ではメモを使ったやり取りをしているという人も多いのではないでしょうか。そのメモについつい可愛いイラストを添えたりしてしまうという女性もいました。例えば、「(>_<)」だったり「(^.^)」だったりなど、文末にワンポイントで感情の絵文字を添えてしまうようです。

(5)差し入れ

「旅行から帰ってきたときに職場へのお土産を持って行くんですけど、好きな人には特別に、別の物を用意したことがありますね」(Hさん・27歳女性)

好きな人にはつい差し入れをしてしまうといった女性もいるようです。例えば、残業を余儀なくされたとき、缶コーヒーなどを「お疲れさまです」と差し入れしてくれるといった感じ。バレンタインデーなど、自分だけチョコが違うといったときも脈ありかも。

(6)飲みへの誘い

「飲みへの誘いはしますね。年下なら“奢ってあげようか?”とか、年上なら“おいしい店に連れて行ってくださいよ”みたいな感じでさりげなく」(Yさん・30歳女性)

好きな人と手っ取り早く距離を縮めるには、ふたりで飲みに行くことでしょう。そこで「好きな相手には、金夜だし飲みに行く?」とさりげなく飲みに誘ってみるという人も。逆に金曜日の夜に一緒に飲みに行ったら、それがきっかけで好きになってしまったといったパターンもあるようです。

(7)帰る時間を合わせる

「気になる人ができたら、その人と帰りの時間を合わせてみたりしますね。同じ電車を利用している人とかだと、それがきっかけで仲良くなれるんですよ」(Oさん・28歳女性)

帰る時間を合わせて、一緒に帰れるタイミングをはかるといった人もいました。駅までの道を一緒に歩くことを習慣にすると、相手から「メシでも食っていく?」と誘いがかかることもありますもんね。また「一緒に帰るようにしてたら残業を手伝ってくれるようになった」という人もいました。

 

3:職場で既婚女性が好きな男性にとる態度5つ

今度は、既婚女性が、好きな男性に取る態度や行動をご紹介します。

(1)指輪を外す

「知り合いの女性は結婚しているのですが、今、気になる人がいるみたいで、その人の前では指輪を外すっていってましたね」(Hさん・32歳男性)

既婚者の象徴といえば、左手薬指の指輪です。そのため、好きな人の前ではその指輪を外して、相手に結婚していることを意識させないという人もいるよう。とはいえ、日常的に指輪をつけている人は指に跡がついていたりするので、指輪を外してもわかってしまうことも。

(2)旦那との不仲アピール

「会社内で不倫していた人は、不倫が始まる前は職場で旦那さんの悪口ばっかり言ってましたね。好きな人に対してのアピールだって丸わかりでした」(Eさん・35歳女性)

既婚者であることを周囲に知られている場合、旦那さんとの不仲をアピールしてアプローチをかけやすくしている人もいるようです。また、好きな相手に「旦那とうまくいっていない」などと相談して距離を縮める人もいるのだとか。

(3)ふたりきりだと女性らしくなる

「ずっと前に、会社内の既婚者女性に言い寄られていた時期がありました。普段は素っ気ない人なんですけど、ふたりきりになるとやたらとボディータッチしてきたりしましたね」(Kさん・31歳男性)

普段は会社の人とサバサバとした付き合い方をしていても、ふたりきりになると女性らしさをアピールする人も。筆者の知り合いには「●●さんのためならこのあと、時間空けられます」と既婚者女性からストレートなアプローチを受けたことのある男性もいました。

(4)プライベートな話をしてくる

「好きになった人にはプライベートの詳しく話しちゃいますね。旦那は聞いてくれないので……。自分のことを理解してもらいたくていろいろ話しちゃうんですよ」(Hさん・32歳女性)

既婚者の人は、子どもの話や家事の話などをすることもあるでしょう。しかし、それが妙に細かい場合、脈ありサインかもしれません。好きな相手との会話では、旅行した話や自分の好みの話など、プライベートの話が多くなる傾向があるようです。

(5)不倫話をしてくる

「“あの人が不倫をしてる”っていう噂話から“不倫ってどう思う?”とか“子どもがいなければアリじゃない?”っていう話をやたらしてきた女性がいたんです。そうしたら、ある日突然、告白されました。ああ、俺と不倫したいのかってそのときわかりました」(Wさん・35歳男性)

関係をより深めたいと思った場合、不倫を正当化するような話をしてくることもある様子。ただし不倫は慰謝料請求など、大きなリスクを伴うということも、理解しておいたほうがいいかもしれませんね。

 

4:年上女性が好きな男性に出すサイン3つ

今度は年上女性に的を絞って、その脈ありサインをご紹介しましょう。実際に年下男性を好きになったときのことを、居酒屋で知り合った人に聞いてみました。

(1)世話を焼く

「好きな年下くんには、世話を焼きたくなっちゃいますね。例えば飲みに行くときとか、お店の予約をしてあげたり、集合場所を彼の家の近くにしてあげたり。一緒に街を歩いていてゴミが出たら、そのゴミを受け取って私が捨てたりもします」(Iさん・27歳女性)

こういった年上女性の世話焼きにより、年下の男性の甘えがどんどんエスカレートしてくといったパターンも。

(2)からかう

「上から目線でからかっちゃうっていうのはありますね。“週末、どうせ暇でしょ? 私が相手してあげよっか?”みたいな。あんまりイメージ良くないのはわかってるんですけどね」(Rさん・32歳女性)

ついついお姉さんキャラを演じてしまうという人もいました。好きな人の気を引きたくてちょっかいを出したくなる心理ですね。

(3)割り勘

「好きな男性が年下の場合は、デート代を割り勘にしたり、奢ってあげたりしちゃいますね。私のほうが給料がいいからっていうのもあるし、おばさんを相手にしてもらってるっていう自虐的な気持ちもありますね」(Nさん・32歳女性)

年下の男性を相手にすると「割り勘でいいよ」といった気遣いをする女性もいるようです。「今回奢ってあげたから、次回は君がお店を選んでね」といったように、次のデートに誘いやすいことも理由のようです。

 

5:男性が無意識のうちに好きな女性にとる態度5つ

今度は逆に、男性が女性に取ってしまう脈ありサインをご紹介しましょう。

(1)LINEの返信は怠らない

「LINEの返信は怠らないですね。好きな人なら多少遅くなることはあっても、絶対に返信しますね。既読スルーとかは絶対にしない。好きな漫画の話とかして“今度、貸すよ”って会う口実を作ったりしますね」(Mさん・25歳男性)

(2)誘いを断っても別日を提案

「女性から誘いを受けたとき、仕事が入っていたり予定が塞がってたりするときは、“その日はダメだけど、再来週はどう?”とか、必ず別日を提案しますね。逆に好きじゃない人にはそういうことしないかもしれないですね。会うこともめんどくさいので」(Gさん・28歳男性)

(3)些細な変化に気がつく

「些細な変化に気づくようになりますね。それが女性心をつかむテクニックってネットで見かけたことがあるので。“髪型変えた?”とか“その靴初めて見た!”とか……。そういったところから、会話に入るようにしたりします」(Yさん・25歳男性)

(4)手を出さない

「好きな人相手とは、ワンナイトラブは絶対にしないですね。逆に“もうそろそろ終電じゃない?”とか“家まで送るよ”とか、かなり気を遣います。家まで行っても絶対に上がり込まないで、いい人を演じきります」(Oさん・23歳男性)

(5)自慢話が多くなる

「好きな人には、気を引きたくて自慢話をしちゃいます。僕はクライミングをやってるんですけど、この前大会に出て3位になった話とかを語っちゃいますね。で“今度教えて上げるよ”みたいな。プライドの高い女性にはうっとうしがられますけど」(Dさん・26歳男性)

 

6:まとめ

今回は、主に女性が好きな男性に見せる言動などをご紹介しました。好きな人にはやはり特別な接し方をしてしまうようです。

そういった機微に疎い男性からすると、全然わからないといったこともあるかもしれません。そんなときは、周りの人に聞いてみましょう。案外本人よりも、周りの人のほうがわかるものなのです。

✓ skyticketの格安航空券で年末はラブ旅に!