仕事が忙しいを言い訳にさせない!忙しい彼氏とイライラせずに付き合うコツ

「仕事が忙しい」と言い訳ばかりしてくる彼氏。彼女からするとなかなか会えなくて、イライラしてしまうかもしれません。そんなときは、どんなふうに対応したらいいのでしょうか。そこで今回は、忙しい彼氏と上手に付き合うコツやその対処法をご紹介します。また、仕事が忙しいから彼女いらないという男性を振り向かせる方法も一緒に見ていきましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:英語で仕事忙しいアピールをするには?

仕事が忙しい人というのは、世界中どこの国にでもいるでしょう。しかし、家族やプライベートと仕事との比重は、国によっても考え方が違います。

ちなみに英語で仕事が忙しいことをアピールするには、「I’m caught up in work everyday.」や「I’m up to my neck in work every day.」などと表現できるでしょう。

「be caught up in〜」 は、 「〜に追われている」なので、「〜で忙しい」というニュアンスになります。

また、「up to my neck in〜」というのは、「〜に溺れている」なので、まさに仕事に溺れてしまうほど忙しいという意味合いになります。

 

2:仕事で忙しい!会えない!そんな彼氏とイライラせずに付き合うコツ5つ

あまりにも仕事が忙しく、なかなか彼氏と会えないとイライラすることも。そんな彼氏と穏やかな気持ちで付き合うには、どうしたらいいのでしょうか。

(1)彼氏中心の生活をしない

仕事が忙しい彼氏にイライラしてしまうのは、頭の中が大好きな彼氏のことでいっぱいだから。しかし、仕事に忙しい彼氏の頭の中は、常に彼女のことではなく、仕事のことでいっぱい。疲れ果ててしまっている可能性も高いでしょう。

だからこそ、自分の気持ちに応えてくれない彼氏にイライラしてしまうのです。彼氏のことを考えてしまうような時間をなくし、彼中心ではなく、自分中心の生活を送るように心がけましょう。

(2)趣味を増やしてプライベートを充実させる

仕事が忙しい彼氏のことを考えてイライラしてしまう日々を変えるには、プライベートの時間を彼氏以外のことで充実させるようにしましょう。新しい趣味など、今までに自分がやりたいと思っていたことを行動に移すことで、仕事に忙しい彼氏を待っているような時間はなくなっていきます。

「死ぬまでにしたいことリスト」などをリストアップしてみて、やりたいことを整理してみるのもおすすめです。

(3)資格取得などの勉強時間を増やす

仕事や将来について、人生計画を立ててみるのも効果的。将来的にはどんな自分になりたいのか、どんな生活をしたいのかをイメージして、そこから生まれた資格取得などといった目標に向かう勉強時間を増やすのです。

勉強をすればするほど、学ぶべきことは多いと気づくでしょう。そうしているうちに仕事で忙しい彼氏のことを考える余裕がなくなってきます。

(4)ケータイやSNSをチェックしすぎない

仕事が忙しい彼氏に会えないからとイライラしてしまうのは、彼氏から電話やLINE、メールなどの返事や連絡がないからかもしれません。デートはしてくれないのに、SNSでは楽しそうな投稿をしていたら、余計にイライラしてしまいますよね。

ケータイから得られる情報は、瞬間的に気を紛らわしてくれますが、同時に彼氏から連絡がないことを意識しつづけなければなりません。いっそのこと、ケータイを放置するくらいにしたほうが、イライラも減っていきます。

(5)彼氏がいないものとして過ごす

すぐに実践できることとしては、彼氏はいないものとして過ごすことです。次のデートまでの間は、彼氏のことを考えず、自由に独り身の人生を謳歌してみましょう。

そうすることでひとり時間を上手にやりくりできるようになっていくもの。わざわざ彼氏に宣言することもせず、彼氏に会っていない間は彼氏のことを忘れるように努めましょう。

 

3:仕事が忙しいから彼女いらない…そんな男性を振り向かせるには?

仕事が忙しいから彼女がそもそもいらないという人もいますよね。でもそんな人ほど魅力的に思えてしまうもの。そんな男性を振り向かせるには、どうしたらいいのでしょうか。

(1)胃袋をつかむ

仕事が忙しい男性のことを好きになってしまったら、意識したいのは「忙しいし疲れているけれど、彼女のもとには帰りたい」と思ってもらえるような存在になること。

そのためには、忙しくても彼女の手料理を食べたいと思ってもらえるようになることが近道です。いきなり手料理をふるまう機会はないかもしれないので、差し入れにサンドイッチやスイーツなど手軽においしそうなものを渡したり、おいしそうな食事の写真をSNSやLINEにアップして、手料理を食べてもらうチャンスをうかがいましょう。

(2)マッサージをしてあげる

忙しい男性は体が凝っている場合が多いです。全身マッサージをすることは難しくても、肩や腕、手などのマッサージすることはできるかもしれません。

「体がガチガチだね。お仕事大変そう……」などと声をかけながら、体をほぐしてあげましょう。仕事に忙しい男性は、仕事優先の生活を送りながらも、どこかで癒やしを求めています。彼女はいらないというのは、彼女をつくることによって生じる面倒くさい部分はいらないという意味。一緒にいて元気になれるような存在なら、心から欲しているかもしれませんよ。

(3)聞き役に徹する

仕事が忙しい男性は、仕事をしている時間がかなり長く、ストレスもかなり溜まっているでしょう。がんばっているのになかなか認められなかったり、自分が思うようにならなかったりすることも多いのです。

そんな不満や愚痴、自慢話などを聞くだけでも、彼の気持ちはずいぶんと軽くなります。仕事が忙しい男性とデートのときには、意識的に彼の話を聞くようにしましょう。そのときは、ただ「ふーん」「へー」と聞くよりも、「さすがだよね」「すごいよ」など、彼のことを褒めて認めながら聞くのがおすすめです。

(4)彼の仕事を徹底的にリサーチする

仕事が忙しい男性は、もし付き合うことになってもずっと仕事が忙しい可能性が高いです。なぜそんなに忙しいのかということをしっかりリサーチしておきましょう。彼の仕事や会社のこと、どんなことに関心があり、何を勉強しなければいけないのかなどを知っておきましょう。そうすることによって、彼の忙しさに対しての理解も深まります。

(5)あまり多くを期待しない

仕事が忙しい男性は、もし彼女ができても仕事よりもプライベートを充実させることは難しいかもしれません。デートの回数や連絡頻度などが少なくても、どうすることもできないということをあらかじめ理解しておきましょう。

期待しすぎないことにより、付き合うことになったあともイライラすることも減ります。さらに仕事の忙しい男性も「この人となら付き合っていけそう」と思ってくれるかもしれません。

 

4:仕事が忙しい彼氏の負担にならないLINEってどんなの?

仕事が忙しい彼氏の負担にならないLINEは、どんなものなのでしょうか。

(1)挨拶程度にとどめておく

仕事が忙しい彼氏は、ケータイを見ている時間はあっても、彼女のことを考える余裕が頭の中にはない場合も多いです。そのたま、「お疲れさま」や「ありがとう」などの挨拶程度のものにしておくと、彼氏の負担にはなりません。

逆にあまりにも長文のLINEは既読スルーされてしまう場合もあります。

(2)必要な連絡のみ

デートの予定や待ち合わせに遅れるなどの、必要な連絡のみをするように心がけましょう。LINEでの会話を楽しむことを求めるのは、正直なところ難しいです。電話を取るのも難しいかもしれないので、どうしても知らせておきたいことだけを伝えるようにしましょう。

(3)返信を催促しない

彼氏との返事を催促するような質問ばかりで終わるLINEは避けましょう。何気ない近況報告をどうしてもしたい場合でも、返事を催促することはせずに、彼氏が連絡できるときを気長に待つようにします。

「今、何しているの?」「まだ仕事なの?」など、プレッシャーになりそうなLINEも避けたほうがいいでしょう。仕事に集中している彼氏がイライラしてしまうかもしれません。

 

5:まとめ

仕事の忙しい男性は、将来に夢や目標を抱いていたり、仕事にやりがいを感じている場合が多いです。ただ単純に仕事の拘束時間が長い場合もありますが、その仕事を選んだのには、それなりの理由もあるはず。

彼のことを理解するためにも、彼の考え方や価値観を知っておきましょう。