女の子らしいって何?男子が思う女の子らしい服・部屋・髪型・仕草・名前

「女の子らしいね」と言われたことはありますか? 「女らしい」ではなく「女の子らしい」というのがミソですよね。それってかわいいってこと? それとも幼いってこと? 言われ方によっては、その真意がわかりにくくもあります。そこで今回は、女の子らしいという言葉の真意について。男子が思う、女の子らしい服やお部屋、髪型、仕草、名前までを調査しました!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:女の子らしいってどういうこと?英語で言うと?

「女の子らしい」と聞くと、どのようなイメージを持つでしょうか?

「女らしい」と言うと色気や美しさを感じますが、「女の子らしい」と言われると、どこかまだ幼さの残るかわいいイメージがありますよね。

洗練された大人の女優さんが「女らしい」な一方で、一生懸命踊っている駆け出しのアイドルが「女の子らしい」……そんな印象でしょうか。

ちなみに、「女の子らしい」を英語で表現すると「girly」。「ガーリーなファッションは彼ウケ抜群!」など、ファッション雑誌の特集で目にしますよね。Aラインのワンピースや、レースをあしらったスカートなど、女の子らしくて、男性ウケするようなファッションを意味します。

 

2:女の子らしい服だなぁ~と男子が思う服が買えるブランドはここです!厳選5つ

ここからはデートに着ていきたい、ガーリーな魅力のあるファッションブランドについてご紹介します。

(1)kate spade newyork

View this post on Instagram

kate spade japanさん(@katespadejapan)がシェアした投稿

筆者も大好きな「kate spade newyork」。アイコニックなバッグも人気ですが、とびっきりガーリーなワンピースのバリエーションも豊富。ミモレ丈やロング丈が多いので、大人女子が着てもそれほど子どもっぽくならず、かわいらしさを演出することができます。

(2)snidel

View this post on Instagram

SNIDEL/スナイデルさん(@snidel_official)がシェアした投稿

大人ガーリーの代表的ブランドと言えば「スナイデル」。フェミニンなディテールのワンピースは、デート用に一着は持っておきたいところ。ふわっとしたAラインの女の子らしいデザインが多く展開されています。

(3)ROPÉ PICNIC

View this post on Instagram

ROPÉ PICNICさん(@ropepicnic_official)がシェアした投稿

ブランドコンセプトである「さぁ、好きな服を着て、ピクニックのようにワクワクする、かわいい毎日を」の言葉どおり、今すぐお出かけしたくなっちゃうような、カジュアルでかわいいアイテムがたくさん! カラフルなスカートも数多く展開されています。

(4)JILL by JILLSTUART

View this post on Instagram

ジルバイジルスチュアートさん(@jillbyjillstuart_official)がシェアした投稿

コスメやアクセサリーも人気ですが、洋服も、夏に着たくなるような花柄のかわいいものからデニム調のものまで、大人の「かわいい」がつまったデザインのものがたくさん。

(5)LAISSE PASSE

View this post on Instagram

LAISSE PASSEさん(@laisse_passe)がシェアした投稿

ナチュラルでガーリーが得意な「レッセパッセ」。子どもっぽくならず、女の子らしさを演出できるデザインのワンピースがバリエ豊富なので、選び放題です。

 

3:男子が思う女の子らしい名前5つ

続いて、「女の子らしい!」と多くの人が感じる名前を見ていきましょう。定番の女の子らしいな~という名前から、イマドキ感あふれるものまでご紹介!

(1)「愛」がつく名前

「愛」がつく名前は、定番の女の子らしい名前です。

特に「愛子」「愛美」「愛花」など、一文字めが愛の名前はかわいい名前の定番。また、最近では「乃愛(のあ)」など、二文字めに愛を使う名前も人気です。

(2)「桃」など花の名前の漢字一文字

植物の名前もまた、女の子らしいですよね。「桃」「桜」「杏」「苺」など、漢字一文字だと、特に女の子らしいかわいさいっぱいです。

生まれた季節に咲く花をそのまま名前にすると、花のイメージとともに女の子らしいイメージの名前になりますよね。

(3)「ちいちゃん」と呼ばれる「千尋」など

筆者は昔、「千尋」や「千里」など、あだ名で「ちいちゃん」と呼ばれる名前をとても羨ましく思ったことがあります。あだ名がかわいければ、女の子らしいイメージもアップ。

さらに筆者の周辺の「ちいちゃん」は、なぜか名前だけでなく、容姿や性格も、女らしいというよりも、いつまでも女の子らしくチャーミングな子が多いんです。

(4)「咲花」など「花」がつく名前

「咲花」など「花」がつく名前も人気。「愛」と組み合わせた「愛花」や、「花音」などの響きがかわいい名前など、花がつくと一気に女の子っぽいイメージになりますね。

(5)「姫」がつく名前

「姫」がつく名前も人気があります。代表的なのは「美姫」「姫奈」など。

お姫さま的なイメージ通り、華やかな女の子らしさがあります。そしてその場合も、あだ名が「姫(ひめ)」となることも多く、それも女の子らしさを増していくでしょう。

 

4:男子が思う女の子らしいしぐさ5つ

続いては、女の子らしいしぐさについて見ていきましょう。

(1)笑顔で頷きながら話を聞く

「うんうん」と相づちを打ちながら話を聞く姿は、女の子っぽくてかわいいしぐさとして人気です。また、頬に手を置いて話を聞く姿にきゅんとする男子も多いでしょう。

(2)口元に手を当てて驚く

「え~! そうなの!」と口元に手を当てて驚く姿も、女の子らしさ抜群♡

女子から見て「ちょっとあざとくない!?」と思うくらいがちょうどいいモテしぐさとなるのです。

(3)下唇を噛む

女優の有村架純さんがTVで「緊張すると下唇を噛んでしまう」と言っていたのを見たことがありますが、下唇を噛んで、ちょっと恥ずかしそうにしたり緊張していたりする姿はとってもキュート!

同様にリップを塗った後に、下唇を噛んで「んぱっ」っとやり、全体になじませようとするしぐさも女の子っぽい♡

グロスを塗るしぐさは女らしさを彷彿とさせますが、薬用リップを塗って、唇を気にする姿は、どことなく幼さの残る、女の子っぽいしぐさといえます。

(4)ざっくりニットの萌え袖

秋冬、モテが最強になるニット女子。中でもざっくりニットの萌え袖は最強です。ニットの袖口からのぞくシンプルなネイルに、ドキッとする男子は多いでしょう。ギュッと抱きしめたくなる女の子らしさを演出してくれますよ。

(5)マフラーで口元を隠す

マフラーで口元を隠して寒そうにする姿も人気の女の子らしいしぐさ♡ ぜひ、冬のデートの待ち合わせはマフラーで口元を隠すようにして臨んでください。

 

5:男子が思う女の子らしい部屋3つ

続いて、男子が思う女の子らしい部屋をご紹介します。

(1)ドレッサーがあり、アクセサリーが見せる収納されている

女の子らしい部屋にドレッサーはマストアイテム。「ドレッサーに香水ボトルやアクセサリーが飾られているように並べられていると、女の子らしくてドキドキしちゃう」という声も。

「男子部屋にないものがある」というのは、女の子らしい部屋の重要ポイントのなのです。

(2)落ち着きのある色選び

女の子らしい色といえばピンクですが、大人女子のピンク尽くしの部屋は痛い印象に。同様に、たくさんのぬいぐるみなども「痛い」印象を増大させます。

女の子らしさも出しつつ男ウケを狙うなら、白や茶を基調とした、落ち着いた色で統一して、癒される部屋作りを。

(3)花や観葉植物などがある

お花や観葉植物があるというのも、女の子らしい部屋のポイント。ちゃんと植物を育てられていることに、細やかな配慮やちゃんとした生活リズムを感じます。また、季節ごとの花を部屋に飾るのも良いでしょう。

 

6:女の子らしいベリーショートのポイントは?

女の子らしいヘアはさまざまですが、ある程度の長さがあれば、女の子らしくすることはそれほど難しくはないでしょう。しかしベリーショートの場合、どうやって女の子らしさを出せばいいのでしょうか。

(1)耳掛けベリーショートなら大ぶりピアスを

耳が出るくらいのベリーショートにした場合、アレンジで女の子らしさを出すのはなかなか難しいです。スタイリング剤で動きを出すくらいしか手がありません。

そんなときは、イマドキの大ぶりピアスで女の子らしさを演出しましょう。花がモチーフになったピアスや、ヴィンテージ調の大ぶりピアスなどは、ベリーショートとの相性抜群で、女の子らしさを印象づけることができるでしょう。

(2)襟足は長めに残す

女の子らしさを出したいなら、ベリーショートにするとしても、襟足を長めに残してもらいましょう。バックを刈り上げにするベリーショートはとてもすてきですが、女の子らしくてかわいいというより、クールでハンサムなイメージです。

(3)黒髪ベリショには濃い目のリップを

黒髪のベリーショートもまた、魅力的な髪型。この場合、濃いめのリップで女の子らしさをプラスするのがおすすめ。真っ赤なルージュだと凛とした印象に寄りすぎてしまうんで、ピンクのグロスで女の子らしい印象にするのがいいでしょう。

 

7:女らしさと女の子らしさの両方を兼ね備えて!

せっかく女に生まれたなら、女らしさと女の子らしさ、両方を兼ね備えたすてき女子になりたいもの。

上記を参考に、女の子らしさを取り入れつつ、年相応の大人の色気を醸し出せる女子として生きていきましょ♡